特集 PR

中村勘九郎と鹿殺しの叫び「面白いものを作りたいだけなのに!」

中村勘九郎と鹿殺しの叫び「面白いものを作りたいだけなのに!」

劇団鹿殺し『名なしの侍』
インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:江森康之 編集:佐々木鋼平

歌舞伎はもっと面白いものになるはずなのに、伝統と呼ばれ始めて高尚なものになり、あぐらをかいている状態なんです。(中村)

丸尾:勘九郎さんの考える「歌舞伎」の面白さとはどういうものですか?

中村:去年、初めて木ノ下歌舞伎(爆音でテクノを鳴らすなど思い切った演出で、現代における歌舞伎の可能性を追求する劇団)の『心中天の網島』(2015年)を観たんです。紙屋治兵衛という紙屋の若旦那が主人公で、優男の設定なんですが、彼らはその役をカウボーイみたいな衣裳で演出していました。それを客席で観た瞬間、動けなくなるくらいの衝撃を受けましたね。その解釈が本当に悔しかった。

左から:菜月チョビ、中村勘九郎、丸尾丸一郎

―単に伝統をコピーするだけでなく、役の本質をつかまえて、現代のお客さんを楽しませようとしていたわけですね。

中村:歌舞伎はもっと面白いものになるはずなのに、戦後に伝統と呼ばれ始めて高尚なものになり、あぐらをかいている状態なんです。だからぼくらは「歌舞伎ゆとり世代」なのかもしれません。もちろん自分自身に対する怒りも大きくて、歌舞伎が必要とする圧倒的な声の大きさ、身体能力など、至らない部分を多々感じているんですが……。

菜月:この間、シルク・ドゥ・ソレイユの『トーテム』を観たんですけど、あの作品も花道のようなステージがあったり、歌舞伎的な演出がふんだんに使われていました。

中村:じつはぼく、『トーテム』のスペシャルサポーターなんですが、まさにあれこそが歌舞伎なんです。演出のロベール・ルパージュは歌舞伎にインスピレーションを受けて、花道を宇宙船やボートに変化させる演出でお客さんを驚かせています。でもいまの歌舞伎で、花道は「ただの花道」として使われてしまっている。それが普通の道なのか、砂利道なのか、川なのか、どれくらいの傾斜がある山道なのか……。江戸の歌舞伎役者たちは、花道を雲や海へと展開させていったはずなのに、ぼくらはただ板の上を歩いてしまっているんです。

中村勘九郎

―勘九郎さんの話を伺っていると、歌舞伎という伝統ある「巨大企業」に所属するジレンマのようなものを感じます。

中村:ぼくはただ、面白い芝居をやりたいだけなんです。終わった後に席から立ちたくなくなるような感覚をお客さんに与えたい。劇団鹿殺しの公演を観たときはまさにそんな気分でした。バンドの生演奏でうわっと気分が高揚し、劇中では喜びも悲しみもシャワーのように浴びせかけられます。自分たちもそんな芝居を作りたいんです。

菜月:ありがとうございます。いまのお話、激しく同意します。私も年に何度も「面白いことをやりたいだけなのに……!」って叫んでしまうんですよ(笑)。そのためには、稽古で役者にダメ出しをしたり、スタッフにいろんな要望を伝えるわけですが、一方で若い役者には演劇を続けてほしいし、稽古場の雰囲気を悪くしたくないので、顔色を窺ってしまうこともある。「面白いものを作る」という視点とは別の行動に縛られてしまうことがあるんです。

中村:すごくよくわかります。歌舞伎の稽古は4日くらいしかないんですけど、昔から何度も演じられている脚本だから面白いし、役者も技術があるから、極端に言えば頑張らなくてもそれなりの上演ができてしまうんです。だけど、ぼくももっと歌舞伎の世界で攻めていかなきゃいけない。本当はノーガードでどんどん攻めていきたいんです。でも子どもたちの顔がちらっと浮かんだりすると、大人の事情でガードを固めてしまう自分もいる……。

―今日は思いがけず、勘九郎さんの歌舞伎への赤裸々な心境を伺うことができて感動しています。劇団鹿殺しも15年活動を続けて、規模も大きくなっています。その意味では制約も増えてきてしまいますよね。

丸尾:菜月は演出家で、ぼくは作家だし、立ち上げのメンバーだから、新しいメンバーとはどうしても集団のなかでの「違い」が生まれてしまうんです。だけど本来、劇団っていうのは作品を生み出すための集団。作品に対して全員で立ち向かっていくことを鹿殺しは大切にしたいです。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

劇団鹿殺し
『名なしの侍』

作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
音楽:入交星士×オレノグラフィティ
出演:
菜月チョビ
丸尾丸一郎
オレノグラフィティ
橘輝
鷺沼恵美子
浅野康之
近藤茶
峰ゆとり
有田杏子
椙山さと美
メガマスミ
木村さそり
玉城裕規
鳥越裕貴
谷山知宏(花組芝居)
堂島孝平
piggy
奥泰正
辰巳裕二郎
池田海人
石川湖太朗
長田典之
ちゃこ
中島ボイル
前川孟論
矢尻真温

東京公演
2016年7月16日(土)~7月24日(日)全11公演
会場:東京都 池袋 サンシャイン劇場
料金:S席6,300円 A席5,300円 学生券3,900円

大阪公演
2016年7月28日(木)~7月31日(日)全6公演
会場:大阪府 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル4F ナレッジシアター
料金:S席6,300円 学生券3,900円

『中村勘九郎・中村七之助 錦秋特別公演2016』

東京公演
2016年11月7日(月)
会場:東京都 八王子 オリンパスホール八王子
料金:S席8,000円 A席6,500円 B席5,000円

2016年11月10日(木)
会場:東京都 後楽園 文京シビックホール 大ホール
料金:S席8,000円 A席6,500円 B席5,000円
※その他、全国12か所で24公演

出演:
中村勘九郎
中村七之助
中村鶴松
ほか

舞台『真田十勇士』

脚本:マキノノゾミ
演出:堤幸彦
出演:
中村勘九郎
加藤和樹
篠田麻里子
高橋光臣
村井良大
駿河太郎
荒井敦史

栗山航
望月歩
青木健
丸山敦史
石垣佑磨
山口馬木也
加藤雅也
浅野ゆう子
ほか

東京公演
2016年9月11日(日)~10月3日(月)
会場:東京都 初台 新国立劇場 中劇場

神奈川公演
2016年10月8日(土)~10月10日(月・祝)
会場:神奈川県 横浜 KAAT 神奈川芸術劇場

兵庫公演
2016年10月14日(金)~10月23日(日)
会場:兵庫県 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

プロフィール

中村勘九郎(なかむら かんくろう)

1981年10月31日、十八代目中村勘三郎の長男として誕生。1986年1月歌舞伎座『盛綱陣屋』の小三郎で初お目見得。翌1987年1月『門出二人桃太郎』の兄の桃太郎で二代目中村勘太郎を名乗り初舞台。2012年2月新橋演舞場『土蜘』僧智籌実は土蜘の精、『春興鏡獅子』の小姓弥生後に獅子の精などで六代目中村勘九郎を襲名。また、歌舞伎の舞台公演にとどまらず、映画、テレビ、写真集など幅広い分野へも挑戦している。

劇団鹿殺し(げきだん しかごろし)

2000年、菜月チョビが関西学院大学のサークルの先輩であった丸尾丸一郎とともに旗揚げ。劇場では正統的演劇を行いながらも、イベントでは音楽劇的パフォーマンスを繰り広げる。上京後2年間の共同生活、週6日年間約1000回以上の路上パフォーマンスなど独自の活動スタイルで、演劇シーン以外からも話題を呼ぶ。入交星士、オレノグラフィティの作曲陣による、全編オリジナル楽曲も魅力。2013年、菜月チョビの文化庁新進芸術家海外派遣制度による1年間の海外留学を発表。2013年には歌手のCoccoの初舞台を丸尾が作・演出、2015年には、シンガーソングライターの石崎ひゅーいを客演に招き、全編生演奏のロックオペラ『彼女の起源』を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催