特集 PR

一夫多妻制アイドル清 竜人25はなぜ互いを愛し続けられるのか?

一夫多妻制アイドル清 竜人25はなぜ互いを愛し続けられるのか?

清 竜人25『アバンチュールしようよ♡』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:永峰拓也 編集:野村由芽 スタイリング:佐野夏水 ヘアメイク:松永香織

一夫多妻制という前代未聞のコンセプトで、圧倒的なオリジナリティーを生み出し続けている清 竜人25が、結成以来2度目の夏を迎えるにあたり、ニューシングル『アバンチュールしようよ♡』をリリースする。これまでの多幸感を振りまくスタイルから一転、刺激的なテーマで過去最高に夫人たちの「女の顔」を引き出した今作は、安全志向な世の中をものともしない欲望むき出しの表現が痛快だ。

4月に行なわれた中野サンプラザでのワンマンライブも見事ソールドアウトさせ、この夏もフェスやイベントに続々と出演が決定するなど、中毒者が増え続けるパフォーマンスに対しても、「ただ愛を育んでるだけ」と語る彼ら。絶対的センター兼プロデューサーの清 竜人、第1夫人の清 咲乃、第3夫人の清 亜美の三人が、実に自然体でインタビューに応えてくれた。

うちのグループには「切磋琢磨」みたいな言葉がまったくないんですよ。(竜人)

―中野サンプラザでのワンマンライブも無事に終わって、大盛況だったと同時に、清 竜人25はまだ通過点なのかなとも思ったんです。いまの状態をどう考えていますか?

竜人:どうなんでしょうね。最近、清 竜人25に関しては、いろいろな感覚が麻痺していて、ライフワークみたいになっているんですよね。良くも悪くも、そんなに活動のことを深く考えてない。

左から:清 亜美、清 竜人、清 咲乃
左から:清 亜美、清 竜人、清 咲乃

亜美:空気みたいな存在っていうことだよね? 清 竜人25がなくなったら息詰まっちゃうと思うよ。

竜人:ちょっと、話の腰を折らんといて(苦笑)。

亜美:ごめんごめん、生き急いじゃった。

竜人:「次はこういう曲を出そう」とか、あんまりビジネス的に考えなくなったんですよ。でも、それはいい意味であって。もちろんグループが大きくなって、たくさんの人に受け入れてもらえたらいいなとは思いますけど、ものすごい上昇志向を持ってやっているわけではなくて。それがいいバランスで活動を続けられている理由でもあるかなと。

―逆に言うと、前はもう少し爪あとを残してやろうという気持ちだった?

竜人:自分が始めたプロジェクトだし、自分の作品でもあるので、ファーストアルバムまでは流れを作って、理解や認知をしてもらうことがすごく重要だと考えていました。何かしらの爪あとは残したいなとも思っていましたね。ただ、同じコンセプトのまま2枚目のアルバムをめざすことは、ソロ時代を含めて初めてなので、最近はいい意味でフラットに活動できている気がします。

清 竜人

―そう考えると、アルバム1枚で燃え尽きなくてよかったですね。

亜美:2年目に入ったし、さらに愛されてる感じがしますね(と言いながら満面の笑みで竜人を見つめる)。

咲乃:すごい笑顔(笑)。

―夫人たちは、中野サンプラザを終えて、いかがですか?

亜美:あのライブは節目だったというか、あまりにも大きい存在だったんですよ。清 竜人25に入って1年半くらい経ちましたけど、アイドルとして活動していたんだなっていうのを初めて実感したというか。すごく感慨深い日でした。

咲乃:もちろん大きい舞台でしたけど、私は節目みたいなことは考えてなくて、意外とすんなりここまできた印象があります。でも、(中野で初披露した)デュエットソングはすごくがんばったので楽しかったです。

清 咲乃

―中野を終えてみて、自分たちのいい部分や足りない部分を感じることはありました??

亜美咲乃:なんだろう?

竜人:うちのグループには「切磋琢磨」みたいな言葉がまったくないんですよ。ライブを振り返っても「きゃー!」って楽しむだけで、反省会にならないんですよね。普通のアイドルさんは、リハが終わった後も「本番はこうしたほうがいいな」とかやりますけど、うちはリハが終わったらすぐスイーツに手を出し、「ぎゃはは」と笑っていて。それがいいところだなと思ってるんですけど。

亜美:「素」の多幸感がライブにも直結すると思うんですよ。あんまりストイックにやりすぎると、あの感じは出ないんじゃないかな? と思うんです。

竜人:向上心のなさが向上につながっていくみたいな。俺たち、ただ愛を育んでるだけやもんな。

―反省会みたいなことはしないんですか?

竜人:一切しないですね。

咲乃:面白かった話ならしますけど。

―実は影でこっそり努力してるとかは?

竜人:そういうやつがいたらいいんですけどね。

亜美:いや、そういうのはあえて言わないんですよ。多幸感がいちばんですから、努力は表に出したらダメですよ。

咲乃:それな!

Page 1
次へ

リリース情報

清 竜人25『アバンチュールしようよ♡』プレミアムBOX限定生産盤
清 竜人25
『アバンチュールしようよ♡』プレミアムBOX限定生産盤(CD+2DVD)

2016年7月13日(水)発売
価格:5,400円(税込)
TFCC-89584

[CD]
1. アバンチュールしようよ♡
2. Coupling♡
3. アバンチュールしようよ♡(Instrument)
4. Coupling♡(Instrument)
[DVD1]
・『アバンチュールしようよ♡』Music Video
・『アバンチュールしようよ♡』Music Videoメイキング映像
[DVD2]
・『清 竜人25 コンサート2016春 @中野サンプラザ公演』
※三方背ボックス仕様

清 竜人25『アバンチュールしようよ♡』完全限定生産盤
清 竜人25
『アバンチュールしようよ♡』完全限定生産盤(CD+DVD)

2016年7月13日(水)発売
価格:1,620円(税込)
TFCC-89585

[CD]
1. アバンチュールしようよ♡
2. Coupling♡
3. アバンチュールしようよ♡(Instrument)
4. Coupling♡(Instrument)
[DVD]
・『アバンチュールしようよ♡』Music Video
・『アバンチュールしようよ♡』Music Videoメイキング映像

イベント情報

清 竜人25
『アバンチュール♡ツアー』

2016年7月11日(月)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 ElectricLadyLand

2016年7月12日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 心斎橋 BIGCAT

2016年7月15日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 品川ステラボール

プロフィール

清 竜人25
清 竜人25(きよしりゅうじんとぅえんてぃふぁいぶ)

2014年、清 竜人が立ち上げたアイドルユニット。プロデューサー兼メンバーである清 竜人とその妻である清 咲乃、清 桃花、清 亜美、清 美咲、清 可恩、清 優華の女子メンバー6名で構成される。妻達とともに、一緒に歌い踊り、ハーレム状態でパフォーマンスを繰り広げる清 竜人、アイドルの固定概念を覆すまったく新しいエンターテイメントを披露する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像