特集 PR

「もう時間がない」創作意欲が増し続ける鈴木慶一が語るワーハピ

「もう時間がない」創作意欲が増し続ける鈴木慶一が語るワーハピ

『WORLD HAPPINESS 2016 夢の島 THE LAST』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:飯嶋藍子

9年目にして、夢の島公園陸上競技場での開催が最後であることが発表されている『WORLD HAPPINES 2016 夢の島 THE LAST』(以下、『ワーハピ』)に、無期限活動休止を宣言しているムーンライダーズの出演が決定。鈴木慶一は昨年12月の音楽活動45周年記念公演を経て、今年ははちみつぱいも始動させるなど、精力的な活動を続けている。往年のファンはもちろん、トクマルシューゴやceroとの交流から鈴木のことを知ったような若いファンにとっても、レジェンドの復活はたまらないものがあるのではないかと思う。

『ワーハピ』のキュレーターである高橋幸宏と鈴木は、THE BEATNIKSにおけるパートナーであると同時に、これまで長きにわたって付かず離れずの関係性を維持してきた盟友だ。ムーンライダーズ、THE BEATNIKS、Controversial Spark、No-Lie Senseと、鈴木が様々な形態で初年度からワーハピに出続けていることからも、二人の結びつきの強さが感じられる。そこで今回は、鈴木に『ワーハピ』について、そして高橋幸宏という人物について、改めてじっくりと語ってもらった。共に出口主義者であり、いつまで経っても現役感を失うことがない、その理由が垣間見える。

40周年だから、活動休止をちょっと休止しようってことです。

―今年の『ワーハピ』で活動休止中のムーンライダーズがひさびさのライブを行うことになった経緯を話していただけますか?

鈴木:40周年だから、活動休止をちょっと休止しようってことです。かしぶち(哲郎 / ムーンライダーズのドラマー。2013年逝去)の一周忌と、あと去年の私の45周年ライブ(鈴木慶一が先端を歩み続けられる理由とは?45周年ライブから考察)でもちょっとやったんですけど、節目の年なので、『ワーハピ』をスタートのポイントとして、何かやろうかなって。

鈴木慶一
鈴木慶一

―はちみつぱいも5月に45周年ライブを行っていますね。

鈴木:うん。今年は、はちみつぱいとかムーンライダーズとか、わりと古い付き合いの人たちとばかりやっていて。まあ、そんな年かなって。

―それにしても、かなり多くのバンドやユニットを行っていらっしゃいますが……。

鈴木:そう、今6つのプロジェクトを抱えてるんだよね。ムーンライダーズ、はちみつぱい、No Lie-Sense、Controversial Spark、THE BEATNIKS、ソロ。「七つの顔を持つ男」じゃないけど(笑)。

―「六つの顔を持つ男」だと(笑)。慶一さんは今おっしゃった様々な名義でワーハピには初開催からずっと出演していらっしゃいます。そんな慶一さんから見た『ワーハピ』の魅力とは?

鈴木:苗場(野外音楽フェス『FUJI ROCK FESTIVAL』の会場)のような山の中もいいけど、都市の中に会場がポンッとあって、セットチェンジなしで交互にライブを見られるのはひとつの魅力ですよね。一か所にメインステージとサブステージが集約されていて、トータルのイメージが見えやすいフェスって、意外とないよね。

―出演者としてはいかがでしょう?

鈴木:知り合いが出ていることが多いので、「みなさん最近どんなことをやっているのかな?」というふうに見ます。それを強く思ったのはThe おそ松くんズ(鈴木のほか、坂本龍一、小山田圭吾、鈴木茂、小坂忠、小原礼、Dr.kyOn、佐橋佳幸、高橋幸宏、奥田民生、矢野顕子、大貫妙子、ゴンドウトモヒコらが参加したバンド。2013年の『ワーハピ』に出演)の時かな。「これはひさしぶりの人が多いや」っていう面白さがあった。打ち上げでも、「今後、何かやるか」とか、そういう話にもなるし。

鈴木慶一

―世代を超えて楽しめる幅広いラインナップでもありつつ、やはり幸宏さんがキュレーションされているので、「ワーハピ色」がはっきりありますよね。

鈴木:私からしてみたら「かなり知り合いが多いぞ」というのはあります。そうなると、闘争心も湧くわけ。『フジロック』とかは、「現状をお見せする」っていう感じだけど、『ワーハピ』は、お客さんはもちろん、楽屋にいる人たちの反応も気になる(笑)。

―やはり近い人たちが多いだけにお互い気になるんですね。

鈴木:うん、はちみつぱい時代もそうだったんですよ。英語で歌う人、日本語で歌う人、いろんな人たちが一緒に日比谷野音でライブをしていて、客席でリハーサルを見ていると、「このバンド、うまいなあ、まずいぞ」とか話したりしてね。その感じがフラッシュバックしてくる。

―家族連れも多く、場内は穏やかな雰囲気ではありますが……。

鈴木:ミュージシャン同士は結構シビアかもね(笑)。もちろん、それがいい方向に作用しているんじゃないかな。

Page 1
次へ

イベント情報

『WORLD HAPPINESS 2016 夢の島 THE LAST』

2016年8月28日(日)OPEN 11:00 / START 12:30
会場:東京都 新木場 夢の島公園陸上競技場
出演:
METAFIVE
電気グルーヴ
大森靖子
GLIM SPANKY
スチャダラパー
ポカスカジャン
東京スカパラダイスオーケストラ
ムーンライダーズ
Ykiki Beat
矢野顕子
WEAVER
水曜日のカンパネラ
and more
料金:ブロック指定9,500円 小学生1,200円 親子チケット10,000円
※親子チケットは大人1名、子ども1名が対象

プロフィール

鈴木慶一
鈴木慶一(すずき けいいち)

1951年8月28日 東京生まれ。1970年、あがた森魚と出会い本格的に音楽活動を開始。以来、様々なセッションに参加し1971年には「はちみつぱい」を結成、独自の活動を展開するも、アルバム『センチメンタル通り』をリリース後、解散。「はちみつぱい」を母体にムーンライダーズを結成し1976年にアルバム『火の玉ボーイ』でデビューした。ムーンライダーズでの活動の傍ら高橋幸宏とのユニット「ビートニクス」でもアルバムをリリース。また膨大なCM音楽の作編曲、演歌からアイドルまで幅広い楽曲提供、プロデュース、またゲーム音楽などを作曲し日本の音楽界に大きな影響を与えてきた。2012年、ソロアルバム『ヘイト船長とラヴ航海士』が第50回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。映画音楽では、北野武監督の『座頭市』で日本アカデミー賞最優秀音楽賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀音楽賞を受賞した。2015年、ミュージシャン生活45周年の節目にソロアルバム『Records and Memories』をPヴァインよりリリース。『WORLD HAPPINESS 2016 夢の島 THE LAST』で5年ぶりにムーンライダーズを復活させる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆