特集 PR

『中2病展』とは一体なんだ? 開発好明×YOUNG HASTLE対談

『中2病展』とは一体なんだ? 開発好明×YOUNG HASTLE対談

開発好明『中2病展』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:永峰拓也 編集:野村由芽

「発泡スチロールで茶室を作る」「全員が1位になれるスポーツ競技を発明する」「家族写真で役を作る麻雀を開発する」。日常から発想した脱力系の作品で知られるアーティスト、開発好明の展覧会が、千葉県の市原湖畔美術館で開催されている。美術館のショッピングモール化を目指したという同展覧会には、過去作、新作がなんと50点近く登場。さらに会期中、開発はほぼ毎日会場に滞在し、ワークショップも50以上開催する力の入れようで、かつてない質と量で開発の作品世界が展開している。

そのなかで特に注目したいのが展覧会の音声ガイドである。おそらく史上はじめて、日本語ラップによるガイドが収録されたのだ。起用されたのはYOUNG HASTLE。自分の趣味である「筋トレ」や、日頃愛用している「VネックTシャツ」をテーマにラップを歌う異色のラッパーが、本展のためだけにリリックを書き起こし、展示作品の解説を来場者に伝授する。このユニークな試みが実現した背景にはいったいどんな経緯があったのだろう? 開発とYOUNG HASTLEによる対談をお届けする。

「ラップが展覧会の音声ガイドだったら面白いんじゃないか?」と。(開発)

―最近は展覧会の音声ガイドも多彩になっていて、芸能人や人気声優が担当しているものもありますが、日本語ラップのガイドはおそらく人類史上初では?

開発:個展をするにあたって、やっぱり日本初、世界初のことをしたいよな~と思ったんです。それで、どんな展覧会ガイドなら美術ファンや、さらには普段美術館に来ない人も驚かせるだろう……と考えた結果、YOUNG HASTLEさんに依頼することに。

左から:市原湖畔美術館前の庭に座る開発好明、YOUNG HASTLE / 後ろに見えるのは、本展のための新作『洗濯船』
左から:市原湖畔美術館前の庭に座る開発好明、YOUNG HASTLE / 後ろに見えるのは、本展のための新作『洗濯船』

―YOUNG HASTLEさんというと、「VネックTシャツ」や「日焼け」を曲の主題にしてラップする独自のセンスが特徴ですよね。開発さんは、もともとファンだったんですか?

開発:僕はヒップホップに全然詳しくないんですけど、「ラップが音声ガイドだったら面白いんじゃないか?」というインスピレーションがまず閃いて、デザイナーの友人と飲んでいるときに相談したんですよ。「今、ラッパーを探してるんだ」って。

―ふむふむ。

開発:そうしたら友人が「義理の弟がラッパーなんだよね」と。それがYOUNG HASTLEさんだったんです(笑)。それで紹介してもらって、そこからはトントン拍子に話が進みました。

今回の音声ガイドは、カセットテープに収録して、会場と美術館のオンラインショップにて販売しているんですが(ダウンロードデータも同封)、そのジャケットのデザインをYOUNG HASTLEさんの義理のお兄さんであるデザイナーの北風総貴さんにお願いしたので、ものすごく身近な人たちの助けでできた展覧会なんですよ。

『開発好明:中2病』展覧会音声ガイド。イラストは開発が、デザインをYOUNG HASTLEの義兄であるデザイナーが手がけている
『開発好明:中2病』展覧会音声ガイド。イラストは開発が、デザインをYOUNG HASTLEの義兄であるデザイナーが手がけている

―先ほど試聴しながら会場を回ったんですけど、失礼ながら想像以上にちゃんとしていました。歌詞を書き下ろしたのもYOUNG HASTLEさんですか?

YOUNG HASTLE(以下、YH):そうです。開発さんから作品解説を一覧でもらって、キーワード的なものを蛍光マーカーでチェックしながら、うまく組み替えて書いたっすね。

―開発さんからオファーが来たときは驚きましたか?

YH:全然っす。もともと、友だちが社長をやっている会社のために曲を作ったりしていたから慣れていたし、違和感なかったです。お金ももらえるし(笑)。ジャクソン・ポロック(アメリカを代表する抽象画家)のドリッピング(絵具を滴らせて即興的に描く絵画技法)とか、専門的なワードはググって調べました。

開発:曲が上がってきたときはウキウキしましたね。自分の展示をラップに合わせて擬似体験・追体験する感じが新しいなって。音声ガイドって、わりと年配の人が使うことが多いじゃないですか。おじいちゃんやおばさんたちが、ヘッドホンをつけて、タテ乗りしながら会場を歩いている様子がね、いいんですよ。

YH:ビートが激しすぎると作品を観る歩調に合わないかなと思ったので、ゆっくり目のBPMで、優しい曲調っていうのは意識しましたね。

ぶっ飛んだ空間になっているんだろうなとは予想していました。(YOUNG HASTLE)

―実物の展示を見たのは今日がはじめてとのことですが、第一印象はいかがですか?

YH:音声ガイドを作るために写真と解説はもらっていたので、積み重ねたタンスが入り口になっていて、ボルダリングで登らないといけない(登らずに進める秘密の入り口もある)……とかもわかっていて、ぶっ飛んだ空間になっているんだろうなとは予想していました。でも、意外に繊細な作品も多いですね。

『受験の壁』2016年 再制作 / 展覧会の入口がタンスでできたボルダリングの壁になっている
『受験の壁』2016年 再制作 / 展覧会の入口がタンスでできたボルダリングの壁になっている

開発:あ、ほんとに?

YH:ホコリを水で溶かして描いたドローイング(『ホコリドローイング』 / 2001年)や、ドイツで描いた『非対称生物(2004年~)』とかも細かいじゃないですか。開発さんは、変わったアイデアをセンスでかたちにしたコンセプチュアルな作品を作る人って印象を持っていたから、意外なバランス感が面白かったです。あと、量にも圧倒されました。最初のフロアの床に敷き詰められた付箋ドローイングもすごい。毎日描いてるんでしょう?

開発:2万6000枚あるやつね。あれは毎日続けているシリーズで、だいたい1日100枚くらい描いています。自分っぽいスタイルにならないように全部バラバラに描き分けることにしていて、似通ってきたり、飽きたらその日はやめる。

YH:へえ!

『付箋ドローイング』2000年代~ / 床一面にしきつめられている付箋ドローイングのテーマは「多様性」
『付箋ドローイング』2000年代~ / 床一面にしきつめられている付箋ドローイングのテーマは「多様性」

Page 1
次へ

イベント情報

開発好明
『中2病展』

2016年7月16日(土)~9月19日(月・祝)
会場:千葉県 市原湖畔美術館
時間:10:00~17:00(土、日曜、祝日は延長あり、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)
料金:一般600円 大高生・65歳以上500円 会期中有効フリーパス1,000円
※ 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料

オンラインショップ情報

市原湖畔美術館オンラインショップ

市原湖畔美術館のオリジナルグッズや図録を扱っています。『中2病』展にあわせてYOUNG HASTLEが制作した「音声ガイド」のRAPカセットも販売しています。

プロフィール

開発好明(かいはつ よしあき)

1966年山梨生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科修士課程修了。観客参加型の美術作品を中心に、2002年にPS1 MOMA『Dia del Mar/ By the Sea』、2004年にヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展日本館『おたく:人格=空間=都市』、2006年、2015年に『越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭』に出品。2011年8月から1か月間被災地30か所を巡り東日本大震災のためにアートによる心の繋がりを運ぶ、『デイリリーアートサーカス 2011』を主催。2016年7月16日より市原湖畔美術館で『中2病』展を開催。

YOUNG HASTLE(やんぐ はっする)

ヒップホップMC。2010年6月、1stアルバム『THIS IS MY HUSTLE』を発表。収録曲の“V-NECK T”が注目を浴びる。その後、肉体美を誇るPVが注目を集めた“Workout(remix)Feat. 般若& Shingo西成”も話題を集めた。2015年11月、『DJ TY-KOH & YOUNG HASTLE / TYH THE MIXTAPE』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音