特集 PR

周りを巻き込む力も才能 DJみそしるとMCごはん×どぼんどぼんど

周りを巻き込む力も才能 DJみそしるとMCごはん×どぼんどぼんど

DJみそしるとMCごはん『味の向こう側 ~入り口~』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:山元翔一

「くいしんぼうHIPHOP」を掲げて、料理の作り方をラップするDJみそしるとMCごはん(通称、おみそはん)。今やテレビに雑誌にフェスにとひっぱりだこの彼女が、久々の新作『味の向こう側 ~入り口~』を完成させた。本作では初めて「味」についての曲を作り、「くいしんぼうHIPHOP」の世界をさらに拡張させている。

そして、このタイミングで異色ラッパー同士の夢のコラボレーションが実現。今年結成10周年を迎えるSCANDALの、知る人ぞ知るスピンオフラップユニット=「どぼんどぼんど」が4年ぶりに復活し、おみそはんプロデュースの“セカペロ”が、SCANDALのニューシングル『テイクミーアウト』のカップリング(初回生産限定盤A)に収録されているのだ。

そこで今回はおみそはんと、どぼんどぼんどのMAMIとTOMOMIにコラボについて話してもらうと同時に、楽器とラップに共通する「チャレンジする」ことの重要性について、それぞれの考えを訊いた。

華々しい女子高生たちだなって、テレビの前で見てたSCANDALのお二人と一緒に曲を作ることになって、人生ってわからないなって思いました(笑)。(おみそはん)

―今回のコラボレーションはどのように実現したのでしょうか?

MAMI:どぼんどぼんどが活動を再開するにあたって、ディレクターが「おみそはんどう?」って提案してくれたんです。同じソニーってこともあったし、曲も聴いていたので「ご一緒できるならぜひ」ってことで、オファーさせていただきました。でも私、最初に名前を見たときは、2人いると思ってたし、女性だとも思ってなかったんで、1人でやってるって知ったときは衝撃でした(笑)。

左から:DJみそしるとMCごはん、TOMOMI、MAMI
左から:DJみそしるとMCごはん、TOMOMI、MAMI

―どぼんどぼんどが久々に活動を再開したのは何か理由があるんですか?

TOMOMI:4年ぶりになるんですけど、その間に時代は移り変わり(笑)、『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日)が現れて。ラップ熱がまた上がってきている気がしてて、今この時代に復活しなかったら、事実上の解散かなって思ったので(笑)。

MAMI:つまり、「波に乗った」っていう、それだけです(笑)。

―だからこそ、『フリースタイルダンジョン』にもレギュラー出演しているサイプレス上野さんと“どぼんどぼんどダンジョン”(初回生産限定盤B収録)という曲まで作っちゃったわけですね(笑)。おみそはんも最近のラップの盛り上がりを感じていますか?

おみそはん:すごいですよね。いろんな雑誌にラッパーたちのインタビューが載ってて、「このブームについてどう思いますか?」っていうような話が繰り広げられてて。ヒップホップって横のつながりとか縦社会とかあると思うんですけど、私はポッと出なので(笑)。流行りのいいところはありがたく受け取りながら、「自分は自分だぜ」と思って、細く長くマイペースに頑張っていければと思ってます。

DJみそしるとMCごはん

―どぼんどぼんども含め、いわゆるシーンとは隔絶した二組ですよね(笑)。ちなみに、どぼんどぼんどってそもそもどうやって始まってるんですか?

TOMOMI:最初は自分たちの配信番組の中で、二人で数え歌みたいなことを遊び半分でやってたんです。最初の楽曲(“どぼんどぼんどのテーマ”)は、お笑い芸人のエハラマサヒロさんにプロデュースしてもらったんですけど、えせヒップホップユニットみたいな感じで、ホントに冗談で始まってるんです。でも、その次の曲(“ちぇりーじゃむ”)はスチャダラパーのANIさんにプロデュースしてもらったので、「引き返せないな」って(笑)。

―おみそはんは、どぼんどぼんどのことはご存知でしたか?

おみそはん:どぼんどぼんどのことは知らなかったんですけど、もちろんSCANDALのことは知ってて。私がまだ高校生の頃に、制服を着て世に出て、すごく華々しい女子高生たちだなって、テレビの前で見てました。今回、あの華々しいSCANDALのお二人と一緒に曲を作ることになって、人生ってわからないなって思いました(笑)。

2008年にリリースされたSCANDALのデビュー曲

Page 1
次へ

リリース情報

DJみそしるとMCごはん『味の向こう側 ~入り口~』初回限定盤
DJみそしるとMCごはん
『味の向こう側 ~入り口~』初回限定盤(CD)

2016年7月27日(水)発売
価格:2,500円(税込)
KSCL-2746/7

1. ゴショータイ・ラップ
2. ママのバーガー
3. あいつうまそう
4. 食いモンドウ(苦手編)
5. The Gang Eat More
6. 夏とセンパイなんです
※「味の向こう側NOTE(もけもけ味蕾付き)」付属

DJみそしるとMCごはん『味の向こう側 ~入り口~』通常盤
DJみそしるとMCごはん
『味の向こう側 ~入り口~』通常盤(CD)

2016年7月27日(水)発売
価格:2,100円(税込)
KSCL-2748

1. ゴショータイ・ラップ
2. ママのバーガー
3. あいつうまそう
4. 食いモンドウ(苦手編)
5. The Gang Eat More
6. 夏とセンパイなんです

SCANDAL『テイクミーアウト』初回生産限定盤A
SCANDAL
『テイクミーアウト』初回生産限定盤A(CD)

2016年7月27日(水)発売
価格:2,210円(税込)
ESCL-4660

1. テイクミーアウト
2. セカペロ / どぼんどぼんど
3. テイクミーアウト(Instrumental)

SCANDAL『テイクミーアウト』初回生産限定盤B
SCANDAL
『テイクミーアウト』初回生産限定盤B(CD)

2016年7月27日(水)発売
価格:1,050円(税込)
ESCL-4661

1. テイクミーアウト
2. どぼんどぼんどダンジョン / どぼんどぼんど
3. テイクミーアウト(Instrumental)

SCANDAL『テイクミーアウト』通常盤
SCANDAL
『テイクミーアウト』通常盤(CD)

2016年7月27日(水)発売
価格:1,050円(税込)
ESCL-4662

1. テイクミーアウト
2. I want you
3. テイクミーアウト(Instrumental)

プロフィール

DJみそしるとMCごはん
DJみそしるとMCごはん(でぃーじぇいみそしるとえむしーごはん)

「おいしいものは人類の奇跡だ!」をモットーに、トラック、リリック、アートワーク、Music Videoなどを自ら制作し、料理と音楽の新たな楽しみ方を提案する超自家製ラッパー。くいしんぼうHIP HOP。まぎらわしい名前だけど1人。2013年冬メジャーデビュー。『FUJIROCK FESTIVAL』や『ARABAKI ROCK FEST.』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも、ちゃっかり名を連ねる。更に、2014年春には、NHK Eテレにて「音楽×料理」番組『ごちそんぐDJ』を放送し、お茶の間デビュー。通常のライブの他、来場者にオリジナルの「おまんじゅう」を作ってもらうイベントや、オルタナティブな「白和え」を作ってもらうパーティーも主催。好奇心の趣くまま、ジャンルを自由に横断する様は、くいしんぼうの面目躍如。はてさて、今後、どうなることやら。

SCANDAL
SCANDAL(すきゃんだる)

2006年大阪・京橋で結成。2008年「DOLL」でデビュー。翌年には「少女S」でレコード大賞新人賞受賞。2012年3月には日本武道館公演を異例の速さで達成し、翌2013年3月には夢であった大阪城ホール公演を5分で即完させるなどライブでの実績を重ねていく。2014年6月にはプリンセスプリンセス以来、23年ぶり2組目となる横浜アリーナ2DAYS公演を成功させる。近年ではSCANDALの影響で楽器を始める女子も増え、2015年11月第6回SCANDALコピーバンドコンテストには国内外から637組のエントリーが集まり10代女子を中心に絶大な人気を誇っていることを証明。2015年SCANDAL史上最大世界9カ国41公演の初の単独ワールドツアーを大盛況に収め、4万人動員の初の東名阪アリーナツアーを開催。さらに結成10周年を迎える2016年8月には、大阪にて野外コンサートの開催も決定。名実ともに、日本そして世界を代表するガールズバンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット