特集 PR

細美武士の表現と強さの本質とは。揺るぎない作家精神を紐解く

細美武士の表現と強さの本質とは。揺るぎない作家精神を紐解く

the HIATUS『Hands Of Gravity』
インタビュー・テキスト
加藤将太
編集:柏井万作、山元翔一

ELLEGARDEN活動休止後、細美武士がmasasucks、ウエノコウジ、柏倉隆史、伊澤一葉、一瀬正和といった強力な布陣とともに、独自の音楽を探求してきたthe HIATUS。細美が色濃く影響を受けてきた1990年代のオルタナティブロック、グランジを軸にしながらも、ポストロックやダンスミュージック的要素を取り入れるなど、作品ごとに新しい音世界を打ち出してきた。そして今作『Hands Of Gravity』では、前作のミニマル路線から一転しバンドサウンドに回帰。the HIATUSの音楽を介した旅が新たなフェーズに踏み込んだ印象を感じさせる。

今回はCINRA.NET初登場ということで、ミュージシャン / クリエイター細美武士を形成する要素に焦点を当てたインタビューを敢行。彼のもの作りに対する確固たるスタンスを感じ取ってほしい。

「社会とはこういうものだ」「大人はこう生きていくべき」って言われても、「俺をお前らの物差しで測るんじゃねえよ」っていう感覚はある。

―まず細美さんのパーソナリティーを紐解いていきたいのですが、the HIATUSの歌詞では、日常の中にある孤独や嘆きを感じさせるフレーズが印象に残ります。その辺りには、細美さんご自身の機微が表れているのでしょうか。

細美:あ、そうですか? 俺個人としては別に日々孤独だと感じてるわけじゃないし、ネガティブでもないですよ。性格的には偏屈ですけどね。ファンタジーの世界に生きてたりはしないけど、たとえば「社会とはこういうものだ」「大人はこう生きていくべき」って意見を言われても、「俺をお前らの物差しで測るんじゃねえよ」っていう感覚はある。「お前の言う当たり前って、それ誰に教わったの? そんなの俺は誰にも教わってないぜ」っていう感じ。

―一般論を簡単に受け入れないし、自分の理想を追求したいと。

細美:そういうアティテュードは、あるかもしれないですね。たとえばレコード会社から「みんなこうやってますよ」と提案されても、「そういうやり方は俺はあまり好きじゃないし、そもそもみんながどうしてるかは、俺に関係なくない?」って返しちゃったりしたときは、きっとすごいめんどくさいだろうなあって思うけど(笑)。

最初に訊かれた歌詞の話に戻ると、確かに自分が書いたものだから、パーソナリティーとかけ離れたものではないけど、あくまでも自分の一要素とか側面っていうだけじゃないですかね。主義主張や、社会に向かって発信したいことを、詞に書いてるわけじゃないですから。

2014年リリースの『Keeper Of The Flame』より

―詞からでは、細美さんのパーソナリティーの一部分しか見えてこないということですね。

細美:ていうか、作詞にはそもそもメロディーがありますからね。今回のthe HIATUSの場合、俺と隆史(柏倉)と一葉(伊澤)の三人で曲のネタ出しをしたんだけど、その三人で作った曲に対しての歌詞だからね。俺個人の主義主張はそんなとこで言うよりも、他の場所で喋った方が早いじゃん。今日みたいなインタビューやラジオで発言したり、ブログを書いたりすれば済む話だから。

―あくまでご自身の作詞は、言葉の「作品」を作るという感覚なんですね。

細美:そうですね。たとえば明るいメロディーとか悲しいメロディーって、言葉が乗ってなくてもそこは感じるじゃないですか。だから、完成されたメロディーラインはそれだけで物語を持っているんだと思ってます。もちろんいろんなバースがあるから、途中から他の物語にいくこともあるし、最後に大サビが出てきて帰ってきたりもするけど、メロディーとして一貫していれば、歌詞も自然と筋の通ったものになるってだけで。

―そうしたメロディーに相応しい言葉を当てていくというのは、どんな作業なんですか?

細美:デモに仮で歌を入れるときから、ある程度の歌詞はメロディーが思いついたときに同時にできてますね。残りの部分は上に白いテープが貼ってあって見えないけど、その下には実は正解が書いてある、みたいな感覚ですかね。そこをヒントにしながら、見えてない部分を丁寧に剥がしていくっていうか。そうやって詞が見えてきます。

―なるほど、テープを剥がしていく。

細美:あくまで感覚の話だけどね。その曲がどういう曲なのかは、メロディーが生まれた時点で決まってると思うので、それを丁寧に見つけていくだけで、あんまり作詞の時点で創作する感じじゃないですね。

2011年リリースの『A World Of Pandemonium』より

―自分自身の出来事とリンクすることもあるんですか?

細美:歌詞を見つけていくときに、ビジュアルイメージが「あ、これはあの日の出来事のシーンなのかな」みたいにリンクすることはもちろんありますよ。さっきのはあくまで感覚の話で、もちろん自分で作ってるわけだからね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

the HIATUS『Hands Of Gravity』
the HIATUS
『Hands Of Gravity』(CD)

2016年7月6日(水)発売
価格:2,592円(税込)
UPCH-20422

1. Geranium
2. Clone
3. Drifting Story
4. Bonfire
5. Let Me Fall
6. Radio
7. Catch You Later
8. Secret
9. Tree Rings
10. Sunburn

プロフィール

細美武士(ほそみ たけし)

ELLEGARDEN活動休止後、the HIATUSのボーカルとして活動中。オルタナティブ、アートロック、エレクトロニカへ傾倒しつつも、ジャンル不問の新しい音楽を追究し続けている。また、2011年以降はソロアーティストとしての活動も活発になり、クラブDJやループサンプラーを用いた弾き語りライブも行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら