特集 PR

芸術家を育てる「旅」 宮永愛子×林洋子が語る海外留学のススメ

芸術家を育てる「旅」 宮永愛子×林洋子が語る海外留学のススメ

『DOMANI・明日展 PLUS』
インタビュー・テキスト
竹内厚
撮影:佐藤佑樹 編集:野村由芽、飯嶋藍子

文化庁による「新進芸術家海外留学制度」、通称「在研」(以前は「芸術家在外研修員制度」と呼ばれていたため)。すでに3200人を超えるアーティストが、この制度を使って海外留学を果たしてきた。この在研が発足して、来年で50周年(!)となる。

美術、舞踊、音楽、演劇……など、さまざまな在研の対象分野がある中で、今回は美術の話。在研で海外留学を果たした美術作家による成果発表展『DOMANI・明日展』は、これまで東京でのみ開催されてきたのだが、その小規模なテーマ展『DOMANI・明日展 PLUS』が、今秋、初めて東京を離れて京都で開かれることとなった。

その出展作家のひとり、京都出身の美術家・宮永愛子と、文化庁の芸術文化調査官として、在研と『DOMANI・明日展』に深く関わる林洋子が今回の展覧会と海外へ出ることの意義について語り合う。

留学して、私は日本に足場がないとダメだと思いました。(宮永)

―まずは、宮永さんが在研で海外に出られた頃の話を聞かせてください。

:ずいぶん前ですよね。まだ学生の頃に宮永さんはイギリスのエジンバラに行った。

宮永:そうです。大学院の頃でした。新しい世界を見てみたい、海外に行きたいという、すごく単純な理由で在研に応募しました。これはどんな作家でも経験することだと思いますけど、学内で展覧会をやって、次に個展をやってという経験を重ねても、家族や友達が来て、身内に「おめでとう」と言われて毎回終わってしまうんです。このままじゃ次のステージにいけないと思って、新しい世界に出るにはどうしたらいいかをずっと探していました。

左から:宮永愛子、林洋子
左から:宮永愛子、林洋子

:留学って自分で動かないとできないものだし、そういう飢餓感がきっかけになりますよね。

―どうして宮永さんの在研での行き先はエジンバラだったんでしょう。

宮永:希望していた国は特になくて、とにかく海外に出ることが第一だったんです。それで大学院の先生に相談したところ、私の作品のことも考えて、イギリスを薦めてくれました。私はロンドンみたいな都会を想像していたんですけど、エジンバラは、ちょっと行けば羊の群れがいるような町だったので最初は戸惑いました。

―思ってたのと違うと。

宮永:そうですね。ロンドンのアート業界の人と知り合って作品を見てもらいたい、感想を聞いてみたい、と夢見がちだったんです(笑)。だけど、私がエジンバラに行った年は、『ヴェネツィアビエンナーレ』(1895年から2年に1度開催される国際美術展覧会)、ドイツの『ドクメンタ』(5年に1度開催される現代美術の大型グループ展示)、『ミュンスター彫刻プロジェクト』(10年に1度、夏期に開催されるアートイベント)が重なったスーパーイヤーみたいな年だったので、すべて見に行きましたし、ロンドンの『フリーズ・アートフェア』(アートマガジン『FRIEZE』が主催するイギリス最大規模の現代アートフェア)にも行きました。そうしたら、あまりにも世界がまぶしすぎて。

左:宮永愛子

『suitcase -key-』2013 ナフタリン、樹脂、封蝋、ミクストメディア 写真:木奥恵三 ©MIYANAGA Aiko Courtesy Nissan Art Award and Mizuma Art Gallery
『suitcase -key-』2013 ナフタリン、樹脂、封蝋、ミクストメディア 写真:木奥恵三 ©MIYANAGA Aiko Courtesy Nissan Art Award and Mizuma Art Gallery

:実際に足を運んで、現場を目の当たりにしたからこそ知ることができたわけですね。

宮永:そうです。しかも、そこに分厚いガラスの壁があることを知ったんです。まぶしい世界が目の前に見えてはいるけど、どんなに手を伸ばしてもすごく遠かった。それを見て、このまま外国でやっていこうと思う人もいるんでしょうけど、私は日本に足場がないとダメだと思いました。

この体験で、私のことを応援してくれる人に会いたいという気持ちが強くなったし、言語の壁もあったので、私の作品のコンセプトをきっちり伝えてくれる人と一緒に外国に出ないと、何も伝わらない、立ち向かえないなと思ったんです。

:ロンドンのような大都市にいると、そのきらきらした世界にもっと翻弄されていたんじゃないかな。そこから少し距離のあるエジンバラだったから、俯瞰して見ることができた部分もきっとあります。

林洋子

宮永:そうだと思います。あと、エジンバラにいながらも日本のことをよく考えていました。今、日本がどうなっているのかをネットですごく調べたり……、やっぱり心もとなかったのかな。それまで、地元の京都から外に出るのも嫌で、大阪でさえ遠いと思っていたくらいなのに、突然、根なし草みたいになってしまったから。

:留学中、孤独な時間って必ずあるし、大切だと思うんです。私もパリ大学に留学していた頃、留学先に友達がいても、すごく孤独だなって感じる時間がありました。でも、孤独だからこそ、その先の自分の道や、やるべきことを考える時間を持てたと思う。

Page 1
次へ

イベント情報

『DOMANI・明日展 PLUS×京都芸術センター ―文化庁新進芸術家海外研修制度の成果「ワームホール・トラベル―ゆらぐ時空の旅―」』

2016年9月17日(土)~10月16日(日)
会場:京都府 京都芸術センター ギャラリー北、南
時間:10:00~20:00(10月1日は22:00まで)
出展作家:
宮永愛子
小金沢健人
鬼頭健吾
長坂有希
料金:無料

プロフィール

林洋子(はやし ようこ)

文化庁・芸術文化調査官。1965年京都生まれ。東京大学・同大学院修士課程修了。博士(パリ第一大学)。東京都現代美術館学芸員、京都造形芸術大学教員を経て、2015年より現職。専門は近現代美術史、美術評論だが、現在は文化庁が行う現代美術・作家支援の企画立案と実践に邁進する。おもな著作に、『藤田嗣治 作品をひらく』(名古屋大学出版会、2008、サントリー学芸賞受賞)、『藤田嗣治画集』(全三巻、小学館、2014)。

宮永愛子(みやなが あいこ)

1974年京都市生まれ。1999年京都造形芸術大学芸術学部美術科彫刻コース卒業後、2008年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。2007年文化庁新進芸術家海外研修制度によりエジンバラに滞在。ナフタリンや塩、陶器の貫入音や葉脈を使ったインスタレーションなど、気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品で注目を集める。2013年「日産アートアワード」初代グランプリ受賞。主な展覧会に「日産アートアワード 2013」(BankART Studio NYK、神奈川、2013年)、「house」(ミヅマアートギャラリー、東京、2013年)、「宮永愛子:なかそら―空中空―」(国立国際美術館、大阪、2012年)、「景色のはじまり―金木犀―」(ミヅマアートギャラリー、東京、2011年)、「あいちトリエンナーレ」(愛知芸術文化センター、2010年)、「漕法」(京都芸術センター、2008年)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性