特集 PR

ササノマリイが語る、ぼくりりなどがカバーした名曲ができるまで

ササノマリイが語る、ぼくりりなどがカバーした名曲ができるまで

ササノマリイ『M(OTHER)』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

ねこぼーろ名義でのネットをメインとした活動を経て、2014年から自らが歌うスタイルの活動を開始したササノマリイ。ねこぼーろ時代に発表した“戯言スピーカー”は、DAOKOやぼくのりりっくのぼうよみといったネット発の若手がカバーをし、また“共感覚おばけ”のミュージックビデオは国内外で多くの賞を受賞するなど、多方面から注目を集める次世代のクリエイターである。

トラックを提供したぼくのりりっくのぼうよみ“CITI”を再構築した限定シングル『Re:verb』に続いて発表される新作は、ササノが愛するテレビゲーム『MOTHER』へのオマージュを詰め込んだ『M(OTHER)』。CINRA.NET初登場となる今回のインタビューでは、緻密なサウンドメイキングに対するこだわりと、その裏側にあった「人に認めてもらいたい」という想いの変遷についてを、これまでのキャリアを振り返りつつ話してもらった。

何かを作って「いいね」って言ってもらうには、どうすればいいかをずっと考えていました。

―ササノさんは中学生のときにパソコンで曲作りを始めたそうですね。

ササノ:曲を作るようになったのは、小学生のときにアニメのエンディングで流れていた新居昭乃さんの“覚醒都市”を聴いて、すごくグッときて、親にリサイクルショップで安いキーボードを買ってもらったのがきっかけでした。

あとは、ゲームボーイの『ポケットカメラ』というソフトに音楽を作れる機能があって、それでずっと遊んでたんです。で、中学2年生のときに初めて家にパソコンがきて、ネットを見てたらパソコンで曲が作れることがわかって、最初はドラマの主題歌を打ち込みで真似たりして。

ササノマリイ
ササノマリイ

―音楽に限らず、もの作りが好きな子どもだった?

ササノ:一人遊びが好きで、ティッシュの箱とかブロックで何かを作ることを楽しんでいましたね。それが音楽制作につながっていったところはあると思います。

―部活動はずっと吹奏学部だったそうですね。

ササノ:小学校のときから音楽部で、6年生のときは自分で自転車部を作ったんですけど(笑)、中学校で吹奏楽部に入って、そのまま高校、専門学校でもずっと吹奏楽でした。

―あいだに自転車部が挟まってるのはなぜ?(笑)

ササノ:親が家で車の仕事をしていたので、『頭文字D』(しげの秀一による、車をテーマにした漫画)がすごく好きになって、チャリドリ(自転車ドリフト)を始めたんです。それを部活にしたくて、人を集めて、僕が部長になってみんなにチャリドリを教えてました(笑)。

―一人でもの作りをする一方で、そういう行動的な側面もあったと。

ササノ:あれは……何だったんでしょうね(笑)。

―「これがやりたい」と思ったら、突っ走るタイプなのかもしれないですね。吹奏楽をずっと続けてたのも、そういうことかもしれないし。

ササノ:あ、でも高校生のときはグラフィックデザイナーになりたくて、体験入学もデザイン系の学校ばっかり行ってたんです。でも、一番最後に行った学校の音楽科がライブイベントをやってて、それを見て「やっぱりこっちだな」と思って。

―それはなぜ?

ササノ:グラフィックデザイナーの仕事について調べる中で、当たり前の話なんですけど、まずはクライアントがいて、お仕事としてやるわけじゃないですか? でも、その時点ではデザインに関する知識も経験も全然なかったから、人に認めてもらえるクオリティーのものは作れないと思ったんです。だったら、そのときの自分が一番できる音楽をやろうって。

―「認めてもらいたい」という気持ちが強かった?

ササノ:自分が何かを作って、「いいね」って言ってもらえるのが一番嬉しかったんです。なので、「いいね」って言ってもらうにはどうすればいいかをずっと考えていて。当時グラフィックデザインに関しては憧れだけあって、何がいいかもわからない、右も左もわからないような状態だったから、「今飛び込むのは難しいな」って思ったんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

ササノマリイ『M(OTHER)』
ササノマリイ
『M(OTHER)』(CD)

2016年9月7日(水)発売
価格:1,620円(税込)
WCCA-11

1. M(OTHER)
2. Re:verb
3. COFFEE
4. I MISS YOU
5. 戯言スピーカー(in synonym)

プロフィール

ササノマリイ
ササノマリイ

エレクトロニカを基調としてロック、ポップス、クラブサウンドなどを独自に昇華したサウンドと、温かいメロディーの中に辛辣な言葉を載せたリリックで数々の楽曲を発表。「ねこぼーろ」名義でネット上に発表した楽曲“戯言スピーカー”は、女性ラッパー・DAOKO や話題のぼくのりりっくのぼうよみなどにカバーされネットを中心に支持を集める。2014年、1st EP『シノニムとヒポクリト』をリリース。2015年には、2nd EP『おばけとおもちゃ箱』をリリース。紙人形やソーマトロープを駆使したアナログな中の抜群の表現力を持った“共感覚おばけ”のミュージックビデオは、動画サイトvimeoのstaff picks、アヌシー国際アニメーション映画祭 2016 委託作品部門(フランス)、Anifilm(チェコ)、Golden Kuker-Sofia(ブルガリア)など数々の映像、アニメーションfestivalにて入賞している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾