特集 PR

RAMMELLSの快進撃は猛スピードで進む。自信と怒りを起爆剤に

RAMMELLSの快進撃は猛スピードで進む。自信と怒りを起爆剤に

RAMMELLS『natural high』
インタビュー・テキスト
小田部仁
撮影:岩本良介 編集:矢島由佳子
2016/10/19

今年2月に、CINRA.NETでインタビューを行った際、RAMMELLSのギタリスト・真田徹は今後の活動について「夏にアルバムを出して、その先ぶち抜く予定」と語っていた。その宣言の通り、数多のレーベルから声がかかり、自身初の全国流通盤となる『natural high』を10月19日にリリースする。

ドラマーとして彦坂玄も加入し、より強固で肉体的になったバンドアンサンブル。RAMMELLSの未来に期待したくなる、挑戦的なサウンドが詰まっている。大言壮語ながらも有言実行という恐ろしいアンファンテリブル――黒田秋子、真田徹、村山努、彦坂玄の四人に彼らの今のムードについて、そして今後の展望について話を聞いた。

何社からお誘いをいただいて……まぁ、僕らからしたら当然の流れですね(笑)。(真田)

―前回のインタビュー(RAMMELLSインタビュー 結成わずか半年で注目の的へ駆け上がる)で、「早くドラムも正式メンバーを見つけたい」とおっしゃっていて。実際、春にドラマーの彦坂さんが加入しました。ドラマーがしっかりと決まったことがバンドに与えた影響ってありますか?

村山(Ba):ドラマーってバンドの色に大きく関わる存在だと思っているんですけど、サポートじゃなくなったおかげで、「RAMMELLSの音」というのがよりはっきりとした気がします。

黒田(Vo,Key):まとまったよね。人間関係的にも……そうじゃない? どう?(笑)

真田(Gt):どうだろう……それはないかもな(笑)。

左から:村山努、黒田秋子、彦坂玄、真田徹
左から:村山努、黒田秋子、彦坂玄、真田徹

真田:彦坂が入る前のことがあんまり記憶にないというか。そもそも僕ら、音源をその前にいっぱい出していたわけじゃないし、ライブも数えるほどしかやってなかったから、違和感はまったくなく、「最初からいたよね?」という感じです。

―彦坂さんがバンドに加入したきっかけは何だったのでしょうか?

彦坂(Dr):Chiriponさん(村山)と前にバンドをやっていたことがあって、それがきっかけで呼んでくれたんです。RAMMELLSのことは、ChiriponさんがTwitterに「バンドを組んで、MVができました!」って呟いていたことで知って、すごくかっこいいなと思ってました。僕もバンド組みたいと思ってたし、「いいなぁ~」って(笑)。

―ドラマーとして、どのような要素をバンドに持ち込みたいと思っていましたか?

彦坂:加入する前にライブの音源をもらって聴き込んだら、意外と……ポップス感があったので、自分の好きなブラックミュージックの要素とかをこっそり織り込みたいなとは思ってましたね。

―『natural high』はRAMMELLSにとって初めての全国流通盤になるわけですが、まさに前回のインタビューの通り、有言実行でレーベルからアルバムを出すことになって。リリースに至るまでの経緯を教えてください。

真田:今年の4月ぐらいに、何社かからマネージメントやレーベル加入に関するお誘いをいただいて、「どうする?」ってバンドで話し合ったんです。ただその前から、『natural high』はレーベルから出すか出さないかは別として、とにかく録ろうと決めてはいて。そうしたらマネージメントの話が来たので、その流れでレーベルも決めて、「じゃあ、全国流通盤で出そうか」っていう……まぁ、僕らからしたら当然の流れですね(笑)。

真田徹

左:黒田秋子

―(笑)。初めてバンドメンバー以外の人たちが入った現場でのレコーディングだったと思うのですが、いかがでしたか?

真田:何ひとつ変わらなかったですね。レコーディングの現場に会社の人が来てるなぁ~ってくらいで。何か言われることもなかったし、言われても僕は聞かなかったと思います(笑)。

村山:まあ、マネージメントやレーベルの人たちも、僕らの意思を尊重してサポートしてくださって。実は、僕らが今のマネージメントに声をかけてもらえることになったのは、今年の2月にEggs×CINRA主催の『exPoP!!!!!』に出演させてもらったことが関係しているんです。今の僕らの担当者が、そのライブに来ていて、僕たちのことを観てくれていたんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

RAMMELLS『natural high』
RAMMELLS
『natural high』(CD)

2016年10月19日(水)発売
価格:1,836円(税込)
Mastard Records / LNCM-1160

1. Holiday
2. anna
3. tower
4. Banoffee
5. Night cap
6. Black dot
7. Blue

イベント情報

『RAMMELLS「natural high」リリース インストアイベント』
2016年10月22日(土)18:00~
会場:東京都 渋谷 HMV & BOOKS TOKYO 7F イベントスペース

『ららぽーと豊洲 インストアミニライブ』
2016年10月29日(土)12:30~
会場:東京都 アーバンドックららぽーと豊洲 1F シーサイドデッキ メインステージ

『RAMMELLS 1st mini album "natural high" release tour』

2016年11月17日(木)
会場:福岡県 Queblick

2016年11月19日(土)
会場:大分県 club SPOT

2016年11月21日(月)
会場:大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE

2016年11月22日(火)
会場:広島県 CAVE-BE

2016年11月28日(月)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UP SET

2016年11月30日(水)
会場:新潟県 CLUB RIVERST

2016年12月1日(木)
会場:石川県 vanvanV4

2016年12月6日(火)
会場:宮城県 仙台 MACANA

2016年12月8日(木)
会場:東京都 渋谷 CHELSEA HOTEL

プロフィール

RAMMELLS
RAMMELLS(らめるず)

ギターの真田徹がSuchmosのYONCEらと組んでいたOLD JOEの解散後、自分の求める最高の音楽を実現させるために大学時代の先輩である黒田秋子(Vo,Key)、村山努(Ba)を誘って2015年8月に結成したバンドがRAMMELLS。2016年彦坂玄をドラムに迎え、ライブ活動を本格的にスタート。変幻自在のボーカルで表現される中毒性たっぷりのメロディーと個性溢れるリリックに、ロック、ファンク、ソウル、ジャズ、シューゲイザーなど様々な音楽性が絡み合った新世代オルタネイティブサウンドを響かせる。2016年10月19日デビューミニアルバム『natural high』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材