特集 PR

RAMMELLSの快進撃は猛スピードで進む。自信と怒りを起爆剤に

RAMMELLSの快進撃は猛スピードで進む。自信と怒りを起爆剤に

RAMMELLS『natural high』
インタビュー・テキスト
小田部仁
撮影:岩本良介 編集:矢島由佳子
2016/10/19

仕事のこととか、お金のこととか……怒りに限らずですが、思ったことは基本曲にして消化してる。(黒田)

―『natural high』を作るにあたって、何かコンセプトはありましたか? 前作よりもBPMの速い曲や展開が複雑な曲も増えて、よりRAMMELLSのカラーがはっきりするアルバムになったのかなと思うのですが。

黒田:特にコンセプトを設定して作ってはいなくて。「いい曲を作って、いい演奏をする」という、いつも心がけていることをきちんとやったアルバムだと思います。

村山:曲間がシームレスにつながっている部分もあって、全体的にこの並びで聴くことをあらかじめ決められているようなアルバムだから、シャッフル再生ができないんじゃないかなって思ってます。

真田:コンセプトはなかったけど、7曲通して聴いてもらうと、ひとつ筋が通ってると思ってもらえるんじゃないかと思います。ジャケットは誰がどう見てもかっこいいし。

真田徹

RAMMELLS『natural high』ジャケット
RAMMELLS『natural high』ジャケット(Amazonで見る

―1曲目“Holiday”は、RAMMELLSにとっても新機軸となる曲だったんじゃないかと思います。爽やかでかつ、かなり速いロックな曲で。メロウなRAMMELLSのイメージとはまったく違う曲ですよね。

彦坂:もともと黒田が曲を作ってきて、それはこんな感じのアレンジじゃなくて、ブルージーな曲調だったんです。

村山:アレンジは僕がやったんですけど、別に狙ってこういう曲を作りたいと思ったわけじゃなくて。ただアルバムの中での起承転結は意識しました。いつもと雰囲気が違う曲も作らなきゃなって。

真田:“Holiday”でお客さんを惹きつけて、他の曲も聴いてもらおうという思いもあるかもしれないですね。ポップで間口の広い曲があれば、僕らのサイケデリックな部分とかブラックな部分にも興味を持ってもらえる可能性が増えるから。

村山:ライブでも、“Holiday”をやるとお客さんのノリがいいもんね。

黒田:歌詞はいい意味で、かなり「浅い」と思います(笑)。髪の毛ボサボサのまんま、昼間から酒を飲んで、ダル着でいる人の曲なんですよ。

―今回、全曲黒田さんが作詞を担当していますね。歌詞を書く際に、何をテーマにしようと思っていたのですか?

黒田:歌詞は常にギリギリまでやってましたね。私は体験したことしか書けないので、何を書くのか結構考えないといけなくて。ちまちま毎日のことを積み重ねて歌詞にしていくんですよね。

村山:いつも怒ってるよね?

黒田:いつもではない(笑)。でも曲によっては、結構叱咤しているような歌詞もあると思うんですけど、それは自分に言い聞かせてるのかもしれない。

左:黒田秋子

―前回お話を伺った時も、「怒り」については関心があるというふうにおっしゃっていて。対して恋愛の歌詞がないことについても伺ったと思うのですが、今回も恋愛が明確にテーマになっているものってないですよね?

黒田:ないんです。やっぱり今恋愛してないからですかね。書けたらいいなぁとは思うんだけど。

真田:いやでも、恋愛の曲は無理して書かなくてもいいんじゃないですかね? 他のアーティストがもうたくさん書いているし、別に今、彼女が書かなくてもいいんじゃないのかなって思います。

―でも、やっぱり黒田さん、怒ってるんですね。

黒田:今回の歌詞に関しては、身近で具体的な対象があるんですよ。仕事のこととか、お金のこととか……怒りに限らずですが、思ったことは基本曲にして消化してるかも。

あと、私、怒っている人を見ると「セクシーだな」「魅力的だな」って思うことも多くて。人の感情が分かりやすく湧き立っているところを見たいんだと思います。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

RAMMELLS『natural high』
RAMMELLS
『natural high』(CD)

2016年10月19日(水)発売
価格:1,836円(税込)
Mastard Records / LNCM-1160

1. Holiday
2. anna
3. tower
4. Banoffee
5. Night cap
6. Black dot
7. Blue

イベント情報

『RAMMELLS「natural high」リリース インストアイベント』
2016年10月22日(土)18:00~
会場:東京都 渋谷 HMV & BOOKS TOKYO 7F イベントスペース

『ららぽーと豊洲 インストアミニライブ』
2016年10月29日(土)12:30~
会場:東京都 アーバンドックららぽーと豊洲 1F シーサイドデッキ メインステージ

『RAMMELLS 1st mini album "natural high" release tour』

2016年11月17日(木)
会場:福岡県 Queblick

2016年11月19日(土)
会場:大分県 club SPOT

2016年11月21日(月)
会場:大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE

2016年11月22日(火)
会場:広島県 CAVE-BE

2016年11月28日(月)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UP SET

2016年11月30日(水)
会場:新潟県 CLUB RIVERST

2016年12月1日(木)
会場:石川県 vanvanV4

2016年12月6日(火)
会場:宮城県 仙台 MACANA

2016年12月8日(木)
会場:東京都 渋谷 CHELSEA HOTEL

プロフィール

RAMMELLS
RAMMELLS(らめるず)

ギターの真田徹がSuchmosのYONCEらと組んでいたOLD JOEの解散後、自分の求める最高の音楽を実現させるために大学時代の先輩である黒田秋子(Vo,Key)、村山努(Ba)を誘って2015年8月に結成したバンドがRAMMELLS。2016年彦坂玄をドラムに迎え、ライブ活動を本格的にスタート。変幻自在のボーカルで表現される中毒性たっぷりのメロディーと個性溢れるリリックに、ロック、ファンク、ソウル、ジャズ、シューゲイザーなど様々な音楽性が絡み合った新世代オルタネイティブサウンドを響かせる。2016年10月19日デビューミニアルバム『natural high』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル