特集 PR

「ぽっこりお腹もアートだよ」奔放バンド・CHAIと古着屋を巡る

「ぽっこりお腹もアートだよ」奔放バンド・CHAIと古着屋を巡る

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

結局、人は勘違いをしていないと生きていけないと思うんですよ。自分をかわいいと思っていいんだよ。(マナ)

―Tom Tom ClubやJamiroquaiって、純粋な黒人音楽というよりは、白人が黒人音楽を取り入れていった例ですよね。つまり彼らは、自分たちと違った文化や価値観を積極的に取り入れることで、歪さとポップさが同居した刺激的なサウンドを作った。そうやって自分たちと違った文化圏と接触しようとする意志は、CHAIには強いですよね。

マナ:そうですね。私たちは、日本人としての誇りを持って世界に出たいんです。そして世界で認められることが、一番の理想だから。ただ自分たちが世界に出たいだけと言えばそうなんだけど、同時に「日本の音楽もこれだけやれるんだぞ」ということを、早く世界に知らしめたいという気持ちもあります。

日本人で、しかも女で、この音楽で、数ある男たちのバンドを飛び抜けて、これだけできるんだっていうところを見せびらかしたい。それが、「価値観を変える」ということだから。

自主企画イベントのタイトルは『ロード・ツー・ダ・GRAMMYs』(2016年11月18日開催)。イラストとアニメーションは、ユウキが手がけている

―日本人としての誇りを持ちながら海外の要素を取り入れ、さらに海外での成功を望むし、コンプレックスを肯定しながらファッションを楽しむし……みなさんは、「自分自身であること」と「他者を受け入れ、何者かになろうとすること」を自然と両立させていますよね。

ユウキ:単純に好きなものは「好きだ!」って言っていこう、ということだと思います。

―うん。でも、それを実行するのが難しいと思うんですよ。なぜなら、好きなものを好きだと言って、自分がなりたいものになろうとしたときに目についてしまうのが、コンプレックスだから。でも、CHAIはコンプレックスを肯定する。

マナ:結局、人は自然体でいれれば一番いいとは思うんだけど、でも、絶対になにかには悩むから。その悩んだ部分に誇りを持ってほしい、っていうことだと思う。みんなかわいいし、かっこいいんだから、なんにも周りの目なんて気にする必要はない。私たちの音楽やライブを通して、みんなが自信を持てるきっかけになってくれればと思っているんです。

CHAI

マナ:結局、人は勘違いをしていないと生きていけないと思うんですよ。私だって勘違いしているし、みんな勘違いしている。それも「そのままでいいんだよ」っていうことなんです。

ユウキ:「そのままの私、かわいい」と思う勘違いって大事だよね。

マナ:そうそう。そう思っていいし、思ったほうがいいんだよ。みーんな勘違いだから、大丈夫だよって。自分をかわいいと思っていいんだよ。

―“ぴーちくぱーちくきゅーちく”のミュージックビデオに出てくる「勘違い女」って、そういうことなんですか?

ユウキ:あのビデオは、悪い意味で大幅に勘違いしている人たちをグサっと刺しているよね(笑)。

カナ:マナが自撮りしながらかわいい子ぶっている場面とか、完全におかしい(笑)。本当に勘違いがいきすぎて、かわいさを作ってる人たちは、私たちのなかでものすごくダサく感じるんです。でも、それも上手く表現できればかわいいと思う。

マナ:そう、どんどん勘違いしていこう!

時代に影響されない、一発屋にならない、ずっと更新し続ける存在。そういう意味で、私たちが目指すのは世界3位なんです。(ユウキ)

―あと、コンプレックスは人と人との間の「ズレ」でもあるから、結果として軋轢や争いを生む原因になったりもすると思う。ただ、tUnE-yArDsにしろBasement Jaxxにしろ、彼らは雑多な文化の音楽を飲み込みながら、それをひとつのダンスミュージックとして提示することで、結果として多様な人々を繋ぐ力を持ってきた。CHAIも、そうありたいと思いますか?

マナ:うん、その想いはめちゃくちゃ強い。そこに日本人として行きたい。

ユウキ:人種を超えたいよね。

マナ:人種は超えたい。「日本人だから」って、ネガティブに思われるのが一番嫌だ。「○○人だからこうだよね」とか、女だからとか男だからとか、そんなの関係ない。みんな、自分が感じたままに踊ればいいだけなんだから。白人と黒人の間にある壁とか、日本人の私たちにはわからないことなのかもしれないけど、でも、そこと音楽は関係ないし、音楽で世の中を変えたいから。

CHAI

―CHAIがこの先、世界でどんな活躍をするのか、本当に楽しみです。

カナ:まずは『SXSW』(2017年3月にアメリカ・テキサスで開催されるショーケースイベント)の出演が決まったから、あれをスタートにして。あと、絶対に『グラミー賞』は獲りたい!

―『グラミー賞』を獲るのはマストとして、ただCHAIのプロフィールには「無敵の世界3位を目指します」と書いてあるんですけど……なんで3位なんですか?

マナ:永遠の3位です(笑)。1位に相応しい永遠の3位(笑)。本当は1位になれるんだけど、1位は入れ替わりが激しいから、3位にずーっといることが一番大事。

ユウキ:時代に影響されない、一発屋にならない、ずっと更新し続ける存在。そういう意味で、私たちが目指すのは世界3位なんです。

Page 3
前へ

リリース情報

CHAI『ほったらかシリーズ』
CHAI
『ほったらかシリーズ』(CD)

2016年12月7日(水)発売
価格:1,728円(税込)
Grand Pacific Work / GPWC-0001

1. 召しませコーフィー
2. ぎゃらんぶー
3. ナンダミン to トータルケア
4. 二重センター
5. ぴーちくぱーちくきゅーちく

イベント情報

『CHAIの、“ロード・ツー・ダ・GRAMMYs”』

2016年11月18日(金)
会場:東京都 下北沢 BASEMENT BAR
出演:
CHAI
思い出野郎Aチーム
踊る!ディスコ室町
ヘンショクリュウ
料金:前売2,500円(ドリンク別)

プロフィール

CHAI
CHAI(ちゃい)

双子のマナ・カナに、ユウキとユナの最強リズム隊で編成された4人組、「NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド」、それがCHAI。2015年『ほったらかシリーズ』EPを会場限定発売&音楽配信サイト『OTOTOY』からリリース。突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、それに気を良くして2016年8月に各ストリーミングサービスで『ほったらかシリーズ』を配信したところ、Spotify UKチャートTOP50に収録曲“ぎゃらんぶー”が突如ランクイン(最高位36位)。12月7日より遅ればせながら全国のCDショップで発売することが決定。2017年『SXSW』の出演も決まり、その常軌を逸したライブパフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど。君の2016年度衝撃値ナンバーワンは間違いなくこの「NEOバンド」、CHAIだよ!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『さよならくちびる』ショート予告

小松菜奈、門脇麦が出演する映画『さよならくちびる』のショート予告が公開された。「ハルレオ」が解散するという事実が冒頭で明かされ、その後の2人の歌唱シーンが余韻を残す。秦基博、あいみょんがそれぞれ作詞作曲、提供した“さよならくちびる”“たちまち嵐”の2曲も、この予告で聴くことが出来、青春×音楽×映画の新たな可能性を予感させる。劇場で「ハルレオ」の歌声を聴けるのが待ち遠しい。(野々村)

  1. NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで 1

    NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで

  2. 宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編 2

    宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編

  3. VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて 3

    VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて

  4. K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画 4

    K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画

  5. 平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化 5

    平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化

  6. NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子” 6

    NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子”

  7. 欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら 7

    欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら

  8. ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』 8

    ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』

  9. ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ 9

    ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ

  10. 吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居 10

    吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居