特集 PR

20代の迷える編集者がELEKIBASSサカモトに生きるヒントを乞う

20代の迷える編集者がELEKIBASSサカモトに生きるヒントを乞う

ELEKIBASS『Theme of Melancholic Matilda』
インタビュー・テキスト
山元翔一
撮影・編集:柏井万作

一般的に、20代後半は「迷いの時期」であると言われている。社会に出てある程度の月日が経過し、仕事や人間関係が一旦落ち着き、周りを見ると結婚する友人の数も増えてくる。そこで一度、冷静になって自分の人生を振り返り、やりたいことをやれていない焦りや「本当にこのままでいいのか?」という問いを無視できなくなっていることに気がつく。なんてことはよくある話だと思う。

とはいえ人生に迷い、「もっと自分らしく」「ありのままに」と思ったところで、社会人として生きているからには、社会と折り合いをつけなければならない……。そういった具合に、「自分」と「社会」の間で板挟みになっていたとき、何かヒントとなる話を訊くことができないか? という僕たちのオファーに応えてくれたのが、本稿の主人公・ELEKIBASSのサカモトヨウイチだった。

バンドマンとして、レーベルオーナーとして、あるときはレコード会社の社員として、またあるときはメジャーバンドのマネージャーとして音楽に関わってきたサカモト。「音楽」というものに対して多角的ながらも一途に生きる彼は、どのような考え方や価値観を持ってここまで歩んできたのだろうか? 彼が駆け抜けた約20年の足跡を訊いた。

思い切りのよさと行動力で人生を切り拓いた男、サカモトヨウイチ

サカモトヨウイチは、バンド・ELEKIBASSの中心人物にしてインディーズレーベル「WAIKIKI RECORD」の主宰者。1998年のバンド結成とほぼ同時に、自分たちの作品をリリースするためにレーベルを立ち上げる。

サカモトヨウイチ
サカモトヨウイチ

サカモトの物語を紐解くにあたって最初に記しておきたいトピックがある。2000年、ELEKIBASSはOF MONTREALの来日公演の前座に抜擢される。OF MONTREALといえば、THE FLAMING LIPSらと並び、1990年代から現在に至るまでアメリカのサイケポップシーンの一翼を担ってきたロックバンドである。ここまで結成からわずか2年。バンドにとってまたとないチャンスを形にした背景には、サカモトの人柄がよく滲むエピソードがあった。

サカモト:大学生の頃、OF MONTREALが初めて来日するっていうのをたまたま知って、思い切って招聘元のレーベルにメールしてみたんですよ。「OF MONTREAL大好きなんで空港に迎えに行ってもいいですか?」って。

それで成田まで迎えに行ったら、「成田から大阪までOF MONTREALをアテンドしてもらえない?」って言われて。「全然やりますよ。だったらついでに大阪で前座やってもいいですか?」ってお願いしたんです。それから彼らとはもう20年近い付き合いで、一緒にアメリカツアーをやらせてもらったりしてます。思い切って行動してみるもんだなって思いますよね。

OF MONTREALとのアメリカツアーの様子
OF MONTREALとのアメリカツアーの様子

サカモトの思い切りのよさは、言語や人種、文化を越えて人を動かしたのだろう。OF MONTREAL初来日の翌年、2001年に両者はアメリカでもツアーを行っており、今ではアメリカと日本のそれぞれでライブツアーを共にするなど盟友と呼ぶに相応しい関係を築いている。

そしてもう一つ特筆すべきは、バンド結成から間もなくインディーズレーベルを一人で立ち上げてしまう行動力だ。その当時、CDをリリースするということは今より遥かに大変なことだったが、一方で、「カクバリズム」(2002年発足)や「残響レコード」(2004年発足)、「ROSE RECORDS」(2004年発足)といったインディーズレーベルが次々と生まれた時期でもあった。とはいったものの、現在まで続くCD不況が示すとおり、今でも存続しているレーベルは決して多くはない。

「売れているものが嫌いだったから」という無鉄砲なまでのインディー精神で始まったWAIKIKI RECORDではあるが、徳永憲やワンダフルボーイズ、ゆーきゃんを始めとする国内外のアーティストの作品を数多くリリースし、設立から17年を数える。それだけではなく、WAIKIKI RECORDからリリースしていたOverTheDogsについては、サカモトがマネージャーを務め、メジャーデビューまで導いたという実績もある。サカモトの人生を切り拓いてきた思い切りのよさと行動力について、彼はこう語る。

サカモト:ただ好きだからっていうだけなんですけどね。今でもそうなんですけど、何かをするときに損得勘定を持ち込みたくないんです。得があるかもってことを考えるより、「本当に好きならやってみよう」って。

サカモトヨウイチ

これは逃げ道をなくしちゃう言い方ですけど、好きだったらもう行動していると思うんです。たとえば、「私、ヨガに興味があるの」って言っている人がいるとして、ヨガをその時点でやってないってことは、そこまで興味がないってことだと思う。興味があれば、その時点で既にやっていると思うんですよね。

あえて周囲を気にせず、後先を考えないことの大切さ

しかし、誰もがサカモトの言うように行動できるわけではない。「やらないことも勇気で、それも正解」とも彼は語ってくれたが、要は後悔のない生き方を選んでいるかが大切なのだ。彼は自身の行動力について以下のように続ける。

サカモト:たとえば、入りたい会社があったとしたら、面接で落ちても本当にダメなのか訊くだけ訊けばいいと思うんですよ。ダメって言ってるのに押し通すのはルール違反ですけど、本当にダメかどうかってちゃんと確認しなきゃわからないじゃないですか? そこで迷っても意味はないと思うんですよ。結果は合格か不合格かだけなんだから、本当にダメだったのか訊いたことによって、「空気が読めない」「常識がない」って言われたとしても、失うものはないしね。

面倒くさいことを考えるよりも、シンプルなほうがいいんじゃないかな。でも、それって先を見ないってことでもあるんです。だから自分は40歳を目前に貯金はほぼないんですよね(笑)。

サカモトヨウイチ

個人的な話になるが、このサカモトの言葉を聞いて、僕がCINRAの採用募集に応募したとき、なかなか連絡がもらえず思い切って電話してみたことを思い出した。諦め半分の気持ちでかけたあの一本の電話がなければ、こうして記事を作っていることはなかったかもしれない。

当時を振り返ると、なりふりかまわない一心不乱さと根拠のない自信が間違いなくあった。そう思うと、改めて、多少角が立っても、あえて周囲のことや先のことを考えず思い切って行動することの大切さを実感する。

話を戻したいが、サカモトの思い切りのよさの裏には、彼が語ってくれたシンプルな考え方があると思う。そしてその思い切りのよさと引き換えに、先を見ないと彼は語るが、15年以上にわたりバンド活動とレーベル運営を続けられている。それはなぜだろうか? 人間性か信念か、それとも運か? その秘密を探っていきたい。

Page 1
次へ

リリース情報

ELEKIBASS『Theme of Melancholic Matilda』
ELEKIBASS
『Theme of Melancholic Matilda』(CD)

2016年11月9日(水)発売
価格:2,160円(税込)
WAKRD-060

1. se
2. Yeah Yeah Yeah
3. Don't Stop Believe in Music
4. 星降る夜にきらめいて(STAR LIGHT)
5. Garden Party
6. Mayinside
7. Roller Coster
8. Good Morning Blues
9. Cecilia
10. 自警団(Preservation Society)
11. se2
12. Behind Her Parasol
13. Weekday
14. Theme of Melancholic
15. Where are you in your tomorrows party
16. Who do you love
17. Waikiki Rhythm

ELEKIBASS
『ELEKIBASS RECORDER』

2016年11月9日(水)からApp Storeで発売
価格:960円(税込)

『Theme of Melancholic Matilda』
1. se
2. Yeah Yeah Yeah
3. Don't Stop Believe in Music
4. 星降る夜にきらめいて(STAR LIGHT)
5. Garden Party
6. Mayinside
7. Roller Coster
8. Good Morning Blues
9. Cecilia
10. 自警団(Preservation Society)
11. se2
12. Behind Her Parasol
13. Weekday
14. Theme of Melancholic
15. Where are you in your tomorrows party
16. Who do you love
17. Waikiki Rhythm
『singles and earlytracks』
1. Mellow Yellow
2. I Know Some Kind Of Rain Will Fall
3. Intro
4. You Can Do Anyplace Go
5. Outro
6. Sun To Shine
7. Surprise Donky
8. La Coste
9. Waniwani
10. Fall Gilbart
11. Montreal
『california』
1. Eleki Of California
2. You Share The Same Heart In Theory
3. Beginning 1
4. Let's Brian
5. I'm Leaving
6. La Coste
7. Trouble Bom-Bom
8. Beginning 2
9. Daniel
10. Electric Waltz
11. Johnstone
12. Beginning For Apartment
13. Everything' So Bright
14. Mellow Yellow
15. A Little Touched
16. Spring Time Is The Season

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume91』

2016年11月24日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
ELEKIBASS
Papooz
THE BREAKAWAYS
WONK
AUSTINES
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

ELEKIBASS
ELEKIBASS(えれきべーす)

1998年に結成し、強い海外志向を持ち、後にアメリカで人気バンドとなるOf montrealと早くから交流を重ね、現在までに8度のアメリカツアーを実施。一方、国内でも渋谷系の流れを組むバンドとしての評価も獲得。また、自ら主宰するレーベルWAIKIKI REOCRDからは国内外のアーティストの作品を数多くリリースしているサカモトヨウイチ率いる60年代後半のブリティッシュロック、ブルース調のリズム、ミュージックホールメロディー、そして風変わりなサイケデリックさの要素をあわせ持つバンド、ELEKIBASS。2016年8月にアメリカのジョージア州アセンズで開催されている、インディポップミュージックのフェスティバル「Athens Popfest」へDeerhoofやElf Power、DANIEL JOHNSTONらとともに出演。アメリカでの7inchレコードシングルのリリースも決定している。2016年11月、4年ぶり4枚目のフルアルバム『Theme of Melancholic Matilda』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ファントム・スレッド』予告編

もしかしてファッションの世界を描いた、華やかでおしゃれなだけの映画だと思っていませんか? 確かに、映像は全編息を呑むほど美しいのですが、本作の最大の見どころは、男女のいびつな愛と欲望の形。画面に緊張感を与える「音」の演出が、エレガントな衣装のダニエル・デイ=ルイスとビッキー・クリープスの心を裸にしていきます。(久野)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加