特集 PR

大黒摩季はなぜ復帰した? バブル時代も主婦の気持ちも知る女の歌

大黒摩季はなぜ復帰した? バブル時代も主婦の気持ちも知る女の歌

大黒摩季『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~』
インタビュー・テキスト
柴那典
編集:矢島由佳子
2016/11/25

人が劇的に変わる瞬間はふたつしかない。ひとつはショック、もうひとつは感動や憧れなんです。

―教師と生徒という関係で今の若い世代の方々と触れ合っていて、感じることや吸収することはありますか?

大黒:それはたくさんありますね。今の世代の不憫なところと素晴らしいところ、その両方が見えてきました。やっぱり昭和世代って、戦中戦後に生きた親に育てられているから、「人に迷惑をかけるな」とか「なんでも自分でやれ」とか、よくも悪くもひとりで背負いがちで、だからうつ病になる人もいる。でも今の子は、お互い手を取り合って、ひとつの目標に向かってチームになるんですよ。そこは私が教わることですね。

―教える側としてはどうでしょう?

大黒:私、人が劇的に変わる瞬間はふたつしかないと思っていて。ひとつはショック、もうひとつは感動や憧れなんです。私たちの世代は先生にバンバン殴られてましたし、競争してたし、取り残されてました。荒っぽい時代に育ってるから、ショックに強いんです。でも、今の子は競争も少ないし、慣れていないから、いきなりショックを受けると心が死んでしまう。だったら憧れと感動しかない。その力があればショックにも耐えられる。

荒療治はダメだってわかったので、じゃあどうすればいいのだろうと思ってたときに、説明するのも面倒臭いからみんなの前で歌ったんです。そうしたら生徒全員にスイッチが入った。「先生、その声ってどうやって出るんですか? すごく気持ちよさそうでかっこいいんですけど」って。「これは一夜にしてならないよ、お腹にインナーマッスルがないと引っ張り上げられないから」って説明して。

そうしたら次の日から、あれほどフィジカルトレーニングをやれと言ってもやらなかった連中が朝練をやっていて。その瞬間にスイッチを入れることが先生の仕事なんだって気付きました。だからこそ、復活したときに躊躇なく、みんな自分のステージに出してあげることにしたんです。背中と生き様を全部見せることにした。

―今の若い子たちは、憧れからスイッチが入るんですね。

大黒:考えてみたら、自分もそうだったんですよね。小さい頃は油っぽいほうが好きだからピンクレディーよりもキャンディーズが好きで、根が暗いからユーミンさんや竹内まりやさんより中島みゆきさんが好きだった。キョンキョンと聖子ちゃんと明菜ちゃんなら、ブルージーなほうが好きだから明菜ちゃんだった。選んできたものがその人の個性になると考えると、やっぱり否定からはなにも生まれないという結論に至りました。それで生まれたのが“My Will ~ 世界は変えられなくても ~”という曲なんです。

―大黒さんが歩んできた道、その都度感じたことが、ベスト盤に収録された新曲にも表れているわけですね。

大黒:そうなんですよ。そういう意味で、生きていて感じていることの全てがクリエーションになる。だったら、クリエーションのために生きることを放棄するんじゃなくて、いっぱい生きたほうがいっぱい曲ができるよってことですね。そうそう、よく女の子に相談されるんです。「恋を選びますか? 仕事を選びますか?」って。

―そう言われたらどんな風に答えます?

大黒:私は「どっちも選びません」って言います。だってどっちも必要だから。それは生活の中の時間割なだけ。今日は仕事を選びます、明日は申し訳ないけど早く帰ってデートします、それでなにか? みたいな(笑)。人に言われて選ぶものじゃないでしょ。今は情報が多すぎるけど、人の言うことに惑わされたってしょうがない。要するに勉強よりも体感が先。だから私も最近はラフなんですよ。なんでもいらっしゃい、カモン! って感じです(笑)。

大黒摩季

Page 4
前へ

リリース情報

大黒摩季『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~』STANDARD盤
大黒摩季
『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~』STANDARD盤(3CD)

2016年11月23日(水)発売
価格:3,672円(税込)
JBCZ-9035~37

[DISC1]
1. STAY
2. STOP MOTION
3. DA・KA・RA
4. チョット
5. 君に愛されるそのために
6. 別れましょう私から消えましょうあなたから
7. Harlem Night
8. あなただけ見つめてる
9. 白いGradation
10. 夏が来る
11. 永遠の夢に向かって
12. ROCKs
13. Stay with me baby
14. ら・ら・ら
15. いちばん近くにいてね
16. 恋はメリーゴーランド~Original Version~
17. 子供の国へ
[DISC2]
1. FIRE
2. あなたがいればそれだけでよかった
3. 愛してます
4. あぁ
5. ガンバルシカナイジャナイ?!
6. 熱くなれ
7. アンバランス
8. ゲンキダシテ
9. You're not mine
10. 空
11. Power Of Dream
12. 風になれ
13. ネッ! ~女、情熱~
14. 太陽の国へ行こうよ すぐに ~空飛ぶ夢に乗って~
15. 夢なら醒めてよ
16. 虹ヲコエテ
[DISC3]
1. 雪が降るまえに
2. アイデンティティ
3. 勝手に決めないでよ
4. 夏が来る、そして...
5. いとしい人へ ~Merry Christmas~
6. ASAHI ~SHINE&GROOVE~
7. OVER TOP
8. 胡蝶の夢
9. コレデイイノ?!
10. Our Home
11. IT'S ALL RIGHT
12. Anything Goes!
13. TAKE OFF ~SKY MARK Cheer up↗↗ver.~
14. Higher↗↗Higher↗↗︎ ~Single ver.~
15. My Will ~世界は変えられなくても~

大黒摩季『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~』BIG盤 初回限定生産盤
大黒摩季
『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~』BIG盤 初回限定生産盤(4CD+DVD)

2016年11月23日(水)発売
価格:10,000円(税込)
JBCZ-9038~41

[DISC1~3]
『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~』STANDARD盤と同様
[DISC4]
1. 復讐GAME
2. Good-Luck Woman
3. GLORIA
4. Everybody,Groove!!
5. 未来が私を呼んでいる…
6. ふたりが好きだから
7. そして
8. After Blue
9. SLOW DOWN
10. Just Start Again
11. 永遠の光り
12. LIFE ~episodeⅠ~誕生~
13. Forever Rose
14. Make A Wish
[DVD]
『Maki Ohguro 90's Music Video Collection』
1. STOP MOTION
2. DA・KA・RA
3. チョット ※
4. 別れましょう私から消えましょうあなたから ※
5. DA・DA・DA ※
6. Harlem Night ※
7. あなただけ見つめてる ※
8. U.Be Love ※
9. 白いGradation ※
10. 夏が来る
11. 永遠の夢に向かって ※
12. ROCKs
13. ら・ら・ら ※
14. いちばん近くにいてね ※
15. FIRE ※
16. 恋はメリーゴーランド~Original Version~ ※
17. 愛してます ※
18. あぁ ※
19. 熱くなれ ※
20. アンバランス
21. ゲンキダシテ ※
22. 空
23. Power of Dream ※
24. 風になれ ※
25. ネッ! ~女、情熱~ ※
26. 太陽の国へ行こうよ すぐに~空飛ぶ夢に乗って~ ※
27. 夢なら醒めてよ
※ショートバージョン

イベント情報

『Maki Ohguro 2017 Live-STEP!! ~ Higher↗↗Higher↗↗中年よ熱くなれ!! Greatest Hits+ ~』

2017年2月25日(土)
会場:埼玉県 羽生市産業文化ホール 大ホール

2017年3月4日(土)
会場:茨城県 常陸太田市民交流センター パルティホール 大ホール

2017年3月5日(日)
会場:栃木県 栃木文化会館 大ホール

2017年3月11日(土)
会場:愛知県 安城市民会館 サルビアホール

2017年3月12日(日)
会場:兵庫県 加古川市民会館 大ホール

2017年3月20日(月・祝)
会場:千葉県 多古町コミュニティプラザ文化ホール

2017年4月15日(土)
会場:山形県 やまぎんホール(山形県県民会館)

2017年4月22日(土)
会場:静岡県 磐田市民文化会館

2017年4月23日(日)
会場:岐阜県 バロー文化ホール(多治見市文化会館)

2017年4月29日(土)
会場:山梨県 甲府 コラニー文化ホール 大ホール

2017年5月7日(日)
会場:千葉県 千葉県文化会館 大ホール

2017年5月14日(日)
会場:神奈川県 ハーモニーホール座間ホール

2017年6月2日(金)
会場:東京都 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

2017年6月3日(土)
会場:埼玉県 狭山市市民会館 大ホール

2017年6月17日(土)
会場:広島県 三原市芸術文化センター ポポロ

2017年6月18日(日)
会場:兵庫県 篠山 たんば田園交響ホール

2017年6月24日(土)
会場:群馬県 伊勢崎市文化会館 大ホール

プロフィール

大黒摩季
大黒摩季(おおぐろ まき)

札幌市・藤女子高等学校を卒業後、アーティストを目指して上京。スタジオ・コーラスや作家活動を経て、1992年『STOP MOTION』でデビュー。ミリオンヒットを立て続けに放ち、1995年にリリースしたベストアルバム『BACK BEATs #1』は300万枚を超えるセールスを記録する。テレビ出演やライブも行わなかったことから、大黒摩季は存在しないなどの都市伝説があった中、1997年の初ライブでは有明のレインボースクエアに47,000人を動員し、その存在を確固たるものにする。その後も毎年全国ツアーを継続し、精力的に活動するも2010年病気治療のためアーティスト活動を休業する。その間、地元・北海道の長沼中学校に校歌を寄贈、東日本大震災により被災した須賀川小学校への応援歌・歌詞寄贈、東日本大震災・熊本地震への復興支援など社会貢献活動のみ行っていたが、昨年よりDISH//、TUBE、郷ひろみなどの作詞提供をはじめクリエイティブ活動を再開。2016年8月、『RISING SUN ROCK FESTIVAL』での出演を皮切りに、故郷である北海道からアーティスト活動を再開。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」