特集 PR

バンドに歴史あり。シャムキャッツ菅原が語る「友達に戻りたい」

バンドに歴史あり。シャムキャッツ菅原が語る「友達に戻りたい」

シャムキャッツ『君の町にも雨はふるのかい?』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:山元翔一、柏井万作

今年から自主レーベル「TETRA RECORDS」での活動をスタートさせ、新作『君の町にも雨はふるのかい?』を発表したシャムキャッツ。今回はギタリストの菅原慎一をフィーチャーし、貴重な単独インタビューをお届けする。

シャムキャッツにおける菅原といえば、フロントマンの夏目知幸に次ぐセカンドソングライターで、自らボーカルも担当。常に新しい音楽にアンテナを張り、アレンジの鍵を握っている存在だとも言える。

今回のインタビューで菅原は、これまでの活動の中で抱えてきた葛藤やメンバーに対する想いをかなり赤裸々に語ってくれた。人によってはショックを受ける発言もあるかもしれない。しかし、このテキストはシャムキャッツというバンドの重層的な魅力を、もっと言えば、バンドという不思議な集合体の刹那的な美しさを、確かに伝えているように思う。ぜひ、じっくりと読んでみてほしい。

「ここでシャムキャッツを終わりにしてもいいんじゃないか」っていう考えも、実はあったんです。

―今年から自主レーベルでの活動がスタートしましたが、その意味合いをどう捉えていて、ここまでの手応えをどう感じていますか?

菅原:2014年から15年って、バンドが今までで一番いい感じだったんです。『AFTER HOURS』(2014年)や『TAKE CARE』(2015年)を出した後の反応もすごくよかった。「ここからさらにステージを上げよう」みたいなグルーヴをみんなで共有してて、実際にレーベルを移籍しようだとか、そういう動きもしていたんですけど、結局その計画は外的な要因もあって頓挫してしまって。ちなみに、所属していたP-VINEとの関係は今も昔もずっといいです。ただ、そこで僕はこれでバンドが終わり……とは言わないまでも、選択肢のひとつとして、「ここでシャムキャッツを終わりにしてもいいんじゃないか」っていう考えも、実はあったんです。

菅原慎一
菅原慎一

『TAKE CARE』収録曲

―「解散」の二文字が頭をよぎったと。

菅原:そうです。でも、曲があったんですよね。これから先見せていきたい自分たちの新しいスタイルの曲があって、「曲があるんだから、これを出したいよね」っていう自然な流れがありました。またどこかのレーベルに所属してとかだと時間がかかっちゃうから、一番手っ取り早い、合理的な選択として、自分たちでやるしかないよねってなったんです。

手応えに関しては……僕は一言で「最高です」とは言いたくないかな。2016年はホントにいろいろ考えたし、今でも考えてるんですよね。

―これまでシャムキャッツには夏目くんを中心に何度も取材をさせてもらっていて、その度に「バンドは続けるもの」っていう哲学を話してくれてたから、菅原くんが「解散を意識した」って話してくれたのはかなり驚きました。裏を返せば、それくらいショックが大きかったということですよね。

菅原:私生活のことも微妙に絡んでて、人生が全体的に底上げされる感じだったんですけど、それがグチャグチャになっちゃったんですよね。なので……正直ショックでした。あんまりそうは言いたくないんだけど……今日は一人だから言っちゃいます(笑)。

菅原慎一

―前作『マイガール』が出たタイミングで夏目くんと大塚くんに取材をしたときは(独立したシャムキャッツに、小田島等はなぜアートを求めたのか)、「自主レーベルになって、四人の役割分担がはっきりしてきた」という話がありました。改めて、菅原くんはバンドの中でどんな役割を担っていると言えますか?

菅原:僕の役割みたいなのはたぶん昔からあんまり変わってなくて、それこそ『はしけ』(2009年発表の1stアルバム)を出したくらいから変わってないと思います。

『はしけ』リリース当時のシャムキャッツ。「2009年秋、なんでもないところで演奏したくなったバンドの記録」

菅原:これはわりと人生的な話につながるんですけど、夏目とは幼稚園の頃から一緒なので、組織の中に夏目がいて、そこに僕もいるっていう状況がずっとある。だから自然と、立ち回りも決まってくるんですよね。中学校のときの部活は夏目が部長で俺が副部長、生徒会でも夏目が会長で俺が副会長だったり。

―言ってみれば、シャムキャッツもその延長線上だと。

菅原:変わってないと思います。それに対して、自分の中でもがいている部分と、そういう自分を守らないといけないんじゃないかって部分と、常に両方あった気がしますね。

Page 1
次へ

リリース情報

シャムキャッツ『君の町にも雨はふるのかい?』
シャムキャッツ
『君の町にも雨はふるのかい?』(CD)

2016年11月16日(水)発売
価格:2,138円(税込)
TETRA RECORDS / TETRA-1002

1. 常習犯
2. すてねこ
3. 洗濯物をとりこまなくちゃ
4. Tokyo Dragon
5. デボネア・ドライブ
[Bonus Track - Live at 吉祥寺STAR PINE'S CAFE 2016.9.17]
6. LAY DOWN
7. 真冬のサーフライダー
8. KISS
9. 渚
10. お早よう
11. サンシャイン
12. TSUBAME NOTE
13. GIRL AT THE BUS STOP
14. 手紙の続き
15. PM 5:00
16. MODELS
17. アメリカ

イベント情報

シャムキャッツワンマンツアー
『君の町にも雨はふるのかい?』

2016年12月10日(土)
会場:新潟県 GOLDENPIGS BLACK STAGE

2016年12月11日(日)
会場:石川県 金沢 vanvan V4

2016年12月17日(土)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2016年12月18日(日)
会場:大阪府 梅田 AKASO

2017年1月21日(土)
会場:福岡県 graf

2017年1月22日(日)
会場:広島県 4.14

2017年1月28日(土)
会場:北海道 札幌 Colony

2017年2月3日(金)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

アイテム情報

サコッシュ「虫くんサコッシュ」
サコッシュ「虫くんサコッシュ」

ポップでキュートなシャムキャッツのオリジナルサコッシュ
価格:3,456円(税込)

プロフィール

シャムキャッツ
シャムキャッツ

東京を中心に活動する4人組のロックバンド、シャムキャッツ。2016年、自主レーベル“TETRA RECORDS”を立ち上げ、8月にシングル『マイガール』、11月16日にNEW EP『君の町にも雨はふるのかい?』を発売。11月より全国10都市で<ワンマンツアー 2016-2017“君の町にも雨はふるのかい?”>を開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言