特集 PR

音楽では食べていけないと知る世代の本音 大倉明日香×Ryota

音楽では食べていけないと知る世代の本音 大倉明日香×Ryota

大倉明日香『デイズ』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:岩本良介 編集:山元翔一

大倉明日香。1996年生まれの20歳。中学3年生にして、約1万人が応募したボーカリストコンテスト『全日本アニソングランプリ』のファイナリストとなり、高校生でCDデビューを経験した彼女が、約3年間の充電期間を経て、ミニアルバム『デイズ』で再始動を果たす。

彼女のリブートを音楽面でサポートしたのは、『デイズ』の全収録曲の作詞・作曲・編曲からミキシング、マスタリング、プロデュースまでを1人で手がけた23歳のRyotaだ。空白の3年間、大倉明日香は何を思い、何をして、『デイズ』へと自分を繋げていったのか? 若い二人がネット音楽や現在の音楽業界に思うことを交えつつ、「デジタルネイティブ世代にとっての音楽」をテーマに語ってもらった。

(路上で歌ってると)私の歌には目もくれずに、通り過ぎていく人もたくさんいるんです。でも、誰もが好きな歌声なんて、ないのが当たり前じゃないですか。(大倉)

―まずは、シンガー・大倉明日香をみなさんに知ってもらうための基礎知識を、いくつか伺いますね。

大倉:わ、何だろう(笑)。

―人前で歌を歌おうと思ったきっかけは何でした?

大倉:歌は小学3年生くらいから大好きで、中学2年生のとき、姉が楽器を習いに行ってた音楽教室に歌のコースがあるのを教えてもらったんですね。そこに通いだしたのが、歌を歌い始めたきっかけです。

大倉明日香
大倉明日香

―子どものころは、どんな音楽が好きでしたか?

大倉:最初はドラマの主題歌ですね。絢香さんの“I believe”(2006年)とか。あとはBoAさんやDREAMS COME TRUEさんとか、よく歌ってました。歌のレッスンを続けながら、バンドを組んでボーカルをやっていて、中学3年生のときにはZepp Nagoyaのイベントライブに出たこともあります。高校に入ってすぐのころは、学校の友達とガールズバンドを組んで、SCANDALさんのコピーとかをやってましたね。

―2011年、大倉さんが中学3年生のとき、『第5回全日本アニソングランプリ』に出場し、約1万人の応募の中からファイナリストに選ばれたんですよね。

大倉:そうなんです。『アニソングランプリ』に出たのは、音楽教室の先生から勧められたのがきっかけでした。よくカラオケでアニソンを歌っていたし、より多くの人の前で歌を歌えるチャンスだと思って挑戦したんです。

大倉明日香

―その2年後には、地元・愛知県の高校に通いながらアニメ『さくら荘のペットな彼女』(2012年~2013年放送)の2期エンディング主題歌“Prime number ~君と出会える日~”をリリースして、CDデビューを果たしました。高校生でデビューというのはすごいことだと思うのですが、当時大倉さんを取り巻く環境は、どういう感じでしたか?

大倉:『アニソングランプリ』のファイナルを終えて、一応1年契約でプロ活動のようなものを始めさせていただいていたんですけど、CDを出す話は、その契約が切れる直前に決まったんです。だから、すごく嬉しかったですね。スタジオライブの撮影スタジオで、初めて芸能人の方とすれ違って、「うわ~、東京で活動するってこういうことか!」って圧倒されました(笑)。

―自分が芸能界や音楽業界に入った感覚はなかった?

大倉:はい……なかったですね。気づいたらここに来てた、みたいな。ただ楽しかったなという感覚です。当時の事務所との契約は、“Prime number ~君と出会える日~”を出して終わってしまったんですけど、その後、今の事務所に声をかけていただいて。オリジナル曲のデモを作るために東京に通いながら、名古屋で引き続き音楽活動を続けていました。

―その間は、どんな活動を?

大倉:名古屋では路上ライブもやりました。もっと肝を据えたい、度胸をつけたいと思って。

大倉明日香

―路上で得たものって何でした?

大倉:温かいお客さんとの出会いがありましたね。最初の路上を観てくれた方が私のTwitterをフォローしてくれて、CDをわざわざ買ってきてサインがほしいと言ってくださったり。でも路上なので当然、私の歌には目もくれずに、さっさと通り過ぎていく人もたくさんいるんです。

―くじけませんでした?

大倉:いえ、全然。誰もが好きな歌声なんて、ないのが当たり前じゃないですか。路上ライブは、1人でも私の歌声に何かを感じて立ち止まってくれる人がいればそれでいいと思って始めたものだし、友達も応援してくれていたから、いちいちヘコんだりしなかったです。すごくいい経験になったと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

大倉明日香『デイズ』
大倉明日香
『デイズ』

2016年12月21日(水)からiTunes Storeで配信

1. 哀しみの雨
2. ヘイト・ドール
3. 椅子取りゲーム
4. 葉落ち月
5. デイズ

プロフィール

大倉明日香(おおくら あすか)

中学時代より音楽教室に通い始め、ロックバンドのボーカリストとしてバンド活動を開始。中学3年生のときに、nca(現在はnsm)主催MUSIC&dance festival 2011でオーディションに通過し、Zepp Nagoyaにバンドで出演を果たす。同年、『第5回アニソングランプリ』に出場。1万組以上の中から決勝まで勝ち抜き、ファイナリストとなる。2013年2月27日にはデビューシングル『Prime number ~君と出会える日~』をリリース。アニメ『さくら荘のペットな彼女』の2期EDテーマとして起用される。現在は、名古屋を中心に活動中。

Ryota(りょうた)

1992年12月19日生まれ、島根県出身。13歳からギターに触れ、音楽と向き合う。20歳から音楽制作活動を開始。作詞、作曲、ミックス、マスタリングを手がける音楽クリエイター。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優