特集 PR

日本に魅せられた音楽家アート・リンゼイの交友関係の秘密を探る

日本に魅せられた音楽家アート・リンゼイの交友関係の秘密を探る

アート・リンゼイ『Cuidado Madame』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影・編集:山元翔一

アート・リンゼイがソロ名義では実に13年ぶりとなる新作『Cuidado Madame』を完成させた。DNA時代に通じるノイズギター、The Lounge Lizards譲りのジャズ風味、そして、近年のメインだったブラジル音楽の要素が融合し、非常に実験的でありながら、同時に優れたポップレコードでもある。2016年はMETAFIVEのアルバムが年明けを飾ったが、それにも通じる衝撃度の作品だと言っても大げさではないように思う。

このインタビューはアートが昨年8月に来日し、代官山・晴れたら空に豆まいてを舞台に、青葉市子、山木秀夫、Buffalo Daughter、ジム・オルークと共に5デイズのライブを行った際に収録されたもの。坂本龍一との交流がよく知られ、近年は頻繁に来日も果たしているアートだが、そもそも彼がどのように数多くの日本のミュージシャンと交流を深めていったのかは、あまり語られる機会がなかったように思う。そこで今回は、改めてアートと日本とのつながりをテーマに取材を行い、貴重なエピソードの数々を聞かせてもらった。

静けさと、その裏側にある激しさというような、日本文化の複雑な二面性にすっかり惚れ込んでしまいました。

―今回の5日間のライブは、アートさんにとってどのようなものでしたか?

アート:大変だったけど、とても楽しかった。靴を脱いでパフォーマンスするっていうのが日本的な感じで面白かったし、ホントに家にいるみたいな、アットホームな感じでしたね。カエターノ・ヴェローゾ(アートがプロデュースを務めたこともあるブラジルの作曲家・歌手)の妹のマリア・ベターニアもステージで靴を履かないことで有名なのだけど、彼女はいつもこんな感じなのかな(笑)。

アート・リンゼイ
アート・リンゼイ

―共演者が毎日違ったわけですが、特に印象に残っている日はありますか?

アート:みんな好きな人ばかりだから、毎日楽しかったんだけど……初日の青葉市子さんで今回のツアーのトーンが決まったように思う。あと、今回は長年の友人であるzAkさんがPAを担当してくれて、クラブと自宅の中間くらいのとてもいいバランスの音響でできたと思います。

―今回の来日公演自体、アートさんと日本とのつながりの深さを改めて示すものだったと思うのですが、そもそもアートさんが初めて日本に来たのはいつで、どんなきっかけだったのでしょうか?

アート:初めて来たのは1985年です。近藤等則さん(トランペット奏者。映画音楽作曲家としても知られる)の招待でジョン・ゾーン(アメリカのサックス奏者)と一緒に来日して、FRICTIONのレックさん、今回も共演した山木秀夫さんと、ファイブハンドレッドスタチューズというバンドとして、1か月くらいツアーをしたんです。

来日するまでは、日本に特別興味があったというわけではなかったんですけど、静けさと、その裏側にある激しさというような、日本文化の複雑な二面性にすっかり惚れ込んでしまいました。

アート・リンゼイ

―さらにさかのぼると、アートさんはDNA(1978年にニューヨークで結成。ノーウェーブと呼ばれるムーブメントを代表するロックバンド)で日本人のイクエ・モリさんと共に活動をしていたわけですが、彼女との接点から日本に興味を持ったというわけではない?

アート:彼女を通じて雅楽のような日本の伝統音楽に興味を持って、少し勉強をしたことはありました。でも、日本そのものに対する興味にまでは至っていなくて、大きな意味での日本文化に対する興味を持ったのは、実際に来てみてからですね。

―具体的には、最初にどんな日本の文化に惹かれたのでしょうか?

アート:ホントにいろいろあるんですけど……文学に関しては、太宰治の作品が好きで、英訳されているものをいくつか購入しました。音楽に関しては、最初は全然知識がなかったので、いろいろジャケ買いをしてましたね。

例えば、BOREDOMSのことも当時は知らなかったんですけど、アートワークに惹かれて買ってみたら内容もすごくよくて。あと、暴力温泉芸者(中原昌也によるノイズユニット)は名前が面白いと思って(笑)、実際に買って聴いてみたらすごくよかったんですよね。

アート・リンゼイ

―アートさんと日本人アーティストの交流の中でも、坂本龍一さんとの交流はよく知られるところかと思います。坂本さんとはいつどのように出会ったのでしょうか?

アート:坂本さんとは、ニューヨークでセッティングされたYMO(Yellow Magic Orchestra)とDNAの対談で初めてお会いしました。その後、さっきも言ったように1985年に初めて日本に来て、ツアー後にジョン・ゾーンは先にニューヨークに帰ったんですけど、僕は数週間日本に残ることにしたんです。

そのとき、当時の坂本さんのマネージャーだった生田朗さんにソロのギグをブッキングしてもらったり、初めて坂本さんとレコーディングもして。具体的な交流はそこからスタートしました。

Page 1
次へ

リリース情報

アート・リンゼイ『Cuidado Madame』
アート・リンゼイ
『Cuidado Madame』(CD)

2017年1月6日(金)発売
価格:2,700円(税込)
PCD-25212

1. GRAIN BY GRAIN
2. EACH TO EACH
3. ILHA DOS PRAZERES
4. TANGLES
5. DECK
6. VAO QUEIMAR OU BOTANDO PRA DANCAR
7. SEU PAI
8. ARTO VS ARTO
9. UNCROSSED
10. UNPAIR
11. PELE DE PERTO
12. NOBODY STANDING IN THAT DOOR

プロフィール

アート・リンゼイ
アート・リンゼイ

アメリカ生まれの音楽家。3歳から17歳までブラジルで過ごす。1977年、ニューヨークにてバンド「DNA」を結成。ノーウェーブと呼ばれるムーブメントを代表するバンドとなるが、1982年に解散。その後は、The Lounge Lizards、Ambitious Loversなどで活動する一方、ソロミュージシャンとして数多くのアーティストの作品に参加している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」