特集 PR

NakamuraEmiが語る、「大人」への憧れと歳を重ねることの喜び

NakamuraEmiが語る、「大人」への憧れと歳を重ねることの喜び

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子、山元翔一
2017/03/07

「もっと歳を取りたい」と思っている人が、大人になっていく人なのかな。

―今って、子どもに何かを教えてあげようとする大人が減っているのかなって思うんですよね。

NakamuraEmi:そうですね……「時代が変わってしまった」って大人は言うけど、変えているのも大人なんですよね。携帯やiPhoneだって、大人が作ったもので、子どもたちは、それを使って賢く生きていると思うんです。

たとえば、私は世代的にギリギリ「好きな子の家に電話したいけど親が出たらどうしよう~」みたいなドキドキ感を知っていて。そういう些細なことでも、大人たちが伝えることで、若い方たちにとって何かの選択肢になるんじゃないかと思うんです。

NakamuraEmi

NakamuraEmi:今は、若い方とふれあう機会があんまりないんですけど、私には音楽があるから、何かの機会に伝えることができるかもしれないんですよね。だからそれこそ、学校とか、文化祭とか、若い方の目にふれる場所を回ってライブができたらっていうのは目標としてあります。

―NakamuraEmiさんは、大人の言うことを聞く子どもでしたか?

NakamuraEmi:いやぁ(笑)。頑固で、自己中だったし、大人の言うことは聞かなかったです。

―今のご自身が当時の自分に対して何か言えるとしたら、何を言いたいですか?

NakamuraEmi:あぁ~……「人を気にせずに、自分勝手なままでいいんじゃない?」って言ってあげたいですね。中高時代の私は、女の子の世界のいろいろがあって、すごく人の目を気にするようになっていたんですけど……振り返って考えると、人によく思われようとして、人に合わせて生きていれば問題はないって自己解決してしまっていたんですよね。自分らしくというよりは、人に合わせて自分の思っていることは胸の内にあればいいやっていう感じだった。

NakamuraEmi

NakamuraEmi:でもそうなると、今度は意見が言えなくなってしまって。社会に出たとき、意見が言えない人って一番苦しいんですよね。あのときから、ガンガン意見を言えるようになっていれば、そもそも、こうやって音楽をやっていないかもしれないんですけど。

―ちなみに、NakamuraEmiさんにとって、「大人」って、どのように定義づけられるものだと思いますか?

NakamuraEmi:難しいですね……大人かぁ。「もっと歳を取りたい」と思っている人が、大人になっていく人なのかなって、なんとなく思います。20代のころって、「もうすぐ三十路だ~」とか「おばちゃんになる~」とかキャアキャア言ってたんですけど(笑)、30歳を超えてから、自分に責任が迫ってきて。

20代のころは「先輩や上の人に任せておけばいいや」って思っていたけど、30代になると、「やるのは自分でしょ?」っていう年代になるじゃないですか。そこで責任を感じて「ちゃんとしなきゃ」って意識が変わったとき、「いいじゃないか、これから楽しいじゃないか!」って、私はちょっと思ったんですよね。

―「責任」が嬉しくなるというか。

NakamuraEmi:それって大切なことだなと思って。周りはどんどん結婚していくし、ちゃらんぽらんだった子がお母さんになっていたり、悪ガキだった男友達が結婚するためにお金を貯めていたり、資格を取ったりしていて。そういう姿を見ていると、大人になっていくのは素敵だなって思いますね。

今、実家で暮らしているんですけど、大人になって親をひとりの人間として見られるようになったんです。

―NakamuraEmiさんにとって、年齢を重ねることを前向きにさせてくれるような存在っていますか?

NakamuraEmi:樹木希林さんですね。あの方の演技って、ものすごいんですよ。CMひとつで持っていかれるあの感じ。それに、マネージャー業もご自身でやっていらっしゃるらしいんですけど、そういうひとりで仕事をこなしてしまうところも素敵だなって思いますね。あのオーラと演技は、私が今、語れるようなものでもないんですけど、それぐらい、あの方の存在はすごくて憧れます。

NakamuraEmi

―樹木希林さんが出演されている作品で、印象深かったものはありますか?

NakamuraEmi:いっぱいあるんですけど……ひとつ選ぶなら、『あん』(2015年公開の映画。河瀬直美監督)ですね。あの映画での樹木希林さんの演技はたまらなくて、何回見てもボロ泣きしちゃう。素晴らしいです。言葉で上手く言い表せないんですけど、あれこそ、30代にはできない演技なんだろうなって思います。あの年代で、いろんなものを積み重ねたから言える言葉、演技なんだろうなって感じて、感動しますね。

―ご自身のご両親はどうですか? 7曲目の“めしあがれ”は家族の曲ですよね。これまであまり歌われてこなかったテーマだと思うんですけど、NakamuraEmiさんにとっての家族感って、どんなものですか?

NakamuraEmi:私は今、実家で暮らしているんですけど、以前は「お父さん」と「お母さん」っていう認識だった親が、今は「おじさん」と「おばさん」に変わったというか、ひとりの人間として見られるようになったんですよね。初対面の人に対して「この人、どんな人かな?」って思うのと似ていて、すごく客観的に親を見れるようになっていて。

―僕も、大人になればなるほど、「親って他人なんだ」と思うんです。そして、そう思えば思うほど、自分のために存在することが当たり前だと思っていた親に対する見方も変わってくるし、気を遣うようになりませんか?

NakamuraEmi:そうなんですよね、気を遣うんですよ。変な意味での「気を遣う」ではなくて、「この人、今はこういうことを考えているから、こういう動きをしているんだろうな」とか、「だから心配しているんだろうな」とか。ちゃんとひとりの人間として気を遣うようになったというか。今まではたぶん、甘えていたんだろうなって思います。

NakamuraEmi

―普通、人って気を遣わないようになればなるほど、身近になるものじゃないですか。でも家族って、気を遣う程、身近になるんですよね。

NakamuraEmi:そうですね……親として当たり前のことをやってもらっていたから特に気にしたことはなかったけど、自分が大人になって、お金を稼ぐ大変さも知って、そのなかで私は育てられてきたんだなって、改めて気づくことができるんですよね。

―ご実家は長いんですか?

NakamuraEmi:20代のころに一度出たんですけど、結婚を決心していた相手にフラれたのをきっかけに戻って、それからはずっと実家にいますね。でも、親からしたら、音楽も中途半端だし、結婚するって言っていたのに帰ってきたしっていう感じだったと思います。すごくかっこ悪かった。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』初回限定生産盤
NakamuraEmi
『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』初回限定生産盤(CD)

2017年3月8日(水)発売
価格:2,916円(税込)
COCP-39885

1. Rebirth
2. 大人の言うことを聞け
3. 晴人
4. ボブ・ディラン
5. ヒマワリが咲く予定
6. ハワイと日本
7. めしあがれ
8. メジャーデビュー

NakamuraEmi
『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』通常盤(CD)

2017年3月8日(水)発売
価格:2,916円(税込)
COCP-39890

1. Rebirth
2. 大人の言うことを聞け
3. 晴人
4. ボブ・ディラン
5. ヒマワリが咲く予定
6. ハワイと日本
7. めしあがれ
8. メジャーデビュー

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』
NakamuraEmi
『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』(LP)

2017年3月8日(水)発売
価格:4,320円(税込)
COJA-9310

[SIDE-A]
1. Rebirth
2. 大人の言うことを聞け
3. 晴人
4. ボブ・ディラン
[SIDE-B]
1. ヒマワリが咲く予定
2. ハワイと日本
3. めしあがれ
4. メジャーデビュー

イベント情報

『NakamuraEmi NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4~Release Tour 2017~』

2017年4月25日(火)
会場:神奈川県 横浜 BAYSIS
料金:4,000円(ドリンク別)

2017年5月2日(火)
会場:岐阜県 ants
料金:4,000円(ドリンク別)

2017年5月5日(金・祝)
会場:香川県 高松 TOONICE
料金:4,000円(ドリンク別)

2017年5月7日(日)
会場:広島県 LIVE JUKE
料金:4,000円(ドリンク別)

2017年5月9日(火)
会場:石川県 金沢21世紀美術館 シアター21
料金:4,000円

2017年5月13日(土)
会場:北海道 CUBE GARDEN
料金:4,000円(ドリンク別)

2017年5月14日(日)
会場:宮城県 仙台 darwin
料金:4,000円(ドリンク別)

2017年5月26日(金)
会場:福岡県 DRUM Be-1
料金:4,500円(ドリンク別)

2017年5月29日(月)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
料金:4,500円(ドリンク別)

2017年5月30日(火)
会場:大阪府 BIGCAT
料金:4,500円(ドリンク別)

2017年6月1日(木)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
料金:4,500円(ドリンク別)

※4月25日(火)~5月14日(日)の公演はNakamuraEmi(Vo)、カワムラヒロシ(Gt)の2人編成
※5月26日(金)~6月1日(木)の公演はNakamuraEmi(Vo)、カワムラヒロシ(Gt)、豊福勝幸(Ba)、TOMO KANNO(Dr)、大塚雄士(Per)のバンド編成

プロフィール

NakamuraEmi
NakamuraEmi(なかむら えみ)

神奈川県厚木市出身。1982年生まれ。山と海と都会の真ん中で育ち幼少の頃よりJ-POPに触れる。カフェやライブハウスなどで歌う中で出会ったHIPHOPやJAZZに憧れ、歌とフロウの間を行き来する現在の独特なスタイルを確立する。その小柄な体からは想像できないほどパワフルに吐き出されるリリックとメロディーは、老若男女問わず心の奥底に突き刺さる。2016年1月、『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST』でメジャーデビュー。2017年3月8日、『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる