特集 PR

The Wisely Brothersがオススメする、心揺さぶるフランス映画3選

The Wisely Brothersがオススメする、心揺さぶるフランス映画3選

The Wisely Brothers『HEMMING EP』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:相原舜 編集:飯嶋藍子

フランス映画って、今はどんなイメージなのだろう。愛についての映画が多い? 観念的で難しいものが多い? 端的に言ってつまらない? いやいや、今も昔もフランス映画は面白い。とはいえ現状、初心者にとっては、そんなイメージから、なかなかとっつきにくい部分があることも否めない。

そこで今回は、新進気鋭のガールズバンドThe Wisely Brothersのギターボーカルであると同時に、都内の映画館でアルバイトする「フランス映画大好き」な真舘晴子に登場してもらい、同世代の人々にオススメしたい映画3本を紹介してもらった。

新作『HEMMING EP』のリリースを目前に控える彼女は、どのような感性でもって映画を観ているのか。そして、自身の楽曲制作にも大きな影響を及ぼしているという、至福の映画体験とは。フランス映画ならではの魅力と合わせて、自由に語ってもらった。

フランス映画は、「こういうものに心が動かされるんだな」って、新たな自分に出会えるところが面白い。

―真舘さんは、バンドのギターボーカルでありながら、映画館でアルバイトをするくらいの映画好きということで。

真舘:そうですね。でも、自分が映画好きだということも、最近まで意識していなかったんです(笑)。中学生の頃から映画を観始めて、これを観たら次はこれが気になって……というのがどんどん重なって、気づいたら、いろんな映画を観ていました。

そしたら、いつの間にか、曲を作っているときにも、好きな映画に出てくるフレーズを自然と使ったりしていることがあったり、「映画」というものが自分にすごい影響を与えていることに気づいたんです。

―ひょっとすると、音楽よりも前に、映画に触れていた感じなのですか?

真舘:そうかもしれないですね。中学校3年生のとき、自分が進学したいと思った高校が、フランス語の授業がある学校だったんです。それで、受験前にフランス映画を観ておこうと思って、ジャン=リュック・ゴダールなどの映画を観始めて。

それまではわかりやすいストーリーの王道な映画を観ていたので、フランス映画は見たことのない感じがしたんです。どれも空気感そのものを作っているような映画ばっかりだったんですよね。で、高校に入ってから、他の国の映画もいろいろ観るようになって、映画にハマっていきました。

―いろいろな国の映画を観ながらも、とりわけフランス映画に好きなものが多かった?

真舘:そうですね。映画の内容よりもまず、映画の中で話されるフランス語に対して、「ああ、好きだな」って思ったんです。フランス語は、美しい言語だと言われますけど、実感としてあんまりわかっていなくて。でも、フランス映画を観ていたら、映像と言葉の掛け合わせがピッタリきて、すごく空気に馴染む言葉だと思ったんです。

空気に馴染みながらも、ときどきそこから内に秘めた何かが表出する部分があったりする。そういうニュアンスみたいなものを生み出すことが、すごく得意な言語に思えました。それがすごく楽しくて。

真舘晴子。アルバイト先の映画館にて
真舘晴子。アルバイト先の映画館にて

―なるほど。まずは言葉の響きから入ったのですね。

真舘:そうですね。あと、フランス映画は、自分にとって大切なポイントが見つかることが多いです。それは直接的なセリフとかじゃなくて、登場人物が醸し出す雰囲気だったり、映し出される景色だったり……映画全体に楽しい部分も悲しい部分も溶け込んでいるイメージがあります。

わかりやすい映画は、感動するポイントがみんな同じだったりするけど、フランス映画は、自分がどのポイントに感動するのか、実際に観てみないとわからない。そういう意味でもフランス映画には特別なものを感じます。だから、もっといろんなフランス映画を観てみたいんです。

真舘晴子

―いろいろなフランス映画を観て、自分の感受性を試したい?

真舘:そうなんです! 自分がどういうものに反応するのか知りたいから、いろんなものに出会いたい。わかりにくいと言われているものだったり、不思議とされているものに、なぜか気持ちを持っていかれることも多いので、「こういうものに心が動かされるんだな」って、新たな自分に出会えるところが面白いんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

The Wisely Brothers『HEMMING EP』
The Wisely Brothers
『HEMMING EP』(CD)

2017年3月29日(水)発売
価格:1,296円(税込)
LASCD-0076

1. サウザンド・ビネガー
2. アニエスベー
3. Thursday
4. waltz

プロフィール

The Wisely Brothers
The Wisely Brothers(わいずりー ぶらざーず)

都立高校の軽音楽部で結成された3ピースガールズバンド。前作『シーサイド81』は「タワレコメン」に選出され、シャムキャッツ企画、『リンゴ音楽祭』など多数のイベントに出演。2017年1月には7inchアナログ『メイプルカナダ』を発売し、ガールズバンドとして独特な立ち位置に。さらにスペースシャワーTV『NEW FORCE』に選出されるなど注目を集める。2017年3月29日に1st EP『HEMMING EP』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察