特集 PR

あがた森魚インタビュー 震災後に決意した10年計画とメッセージ

あがた森魚インタビュー 震災後に決意した10年計画とメッセージ

あがた森魚&はちみつぱい『べいびぃろん(BABY-LON)』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:鈴木渉 編集:飯嶋藍子

1972年にデビューしてから、そのユニークかつ文学的な歌詞と飄々とした歌声で、今なお多くの人々の心を掴み続けている、あがた森魚。彼と、ベルウッド・レコードの45周年を記念して、「あがた森魚&はちみつぱい」名義のアルバム『べいびぃろん(BABY-LON)』がリリースされた。

鈴木慶一をはじめとする1970年代に日本のロック黎明期を支えたロックバンド・はちみつぱい、あがた森魚、そしてベルウッド・レコードが一同に集うのは45年ぶりとなる。

アルバムタイトルのバビロンとはもちろん、かつてメソポタミア地方・バビロニア帝国に存在した古代都市のこと。神の怒りに触れ、一度は壊滅しながら再び繁栄を築き上げたこの地に、あがたはどんな思いを馳せたのだろうか。映画『スター・ウォーズ』や『海底二万里』、小説『白鯨』、ギリシャ神話など、実に様々なモチーフをちりばめた歌詞を紐解きながら、半世紀以上も表現し続けるその原動力に迫った。

2、3年もしたら、震災のことだけをテーマにメッセージを送る人は、いなくなるだろうなと思っていたんです。

―アルバムタイトル『べいびぃろん』は、言うまでもなくメソポタミア地方の古代都市「バビロン」および、その象徴である「バベルの塔」をもじっていると思うんですが、これはどんな思いから付けたものなのでしょうか。

あがた:うーん……。一言ではうまく言えないんだよなあ……(しばらく考え込む)。

あがた森魚
あがた森魚

―バビロンは一度壊滅した都市ですが、東日本大震災も関係していますか?

あがた:そう、2011年3月11日という日から発している要素もある。みんな忘れはしないだろうけど、2、3年もしたら、このことだけをテーマにメッセージを送る人はいなくなるだろうなと思っていたんです。

何より僕自身の性分としても、そういうメッセージ性を感じさせる歌詞を書かない方ですし、「送りたくても送れないんだろうな」というもどかしさもあった。「じゃあ、どうするんだ?」と自問自答した末に出した結論は、2011年からの10年間、毎年必ず1枚ずつアルバムを出そうということだった。

あがた森魚&はちみつぱい『べいびぃろん(BABY-LON)』ジャケット
あがた森魚&はちみつぱい『べいびぃろん(BABY-LON)』ジャケット(Amazonで見る

―ええ。

あがた:アルバムを出していくうちに、もしかしたら僕の中でも「ああ、そういえば311が昔あったなあ」というふうに薄れていくかもしれないし、薄れるどころか「あの大きな出来事に対峙しうる作品なんて、そもそも最初から作れるわけないじゃないか」と思うかもしれない。

自分でもそれはまだわからないのだけれども、「あがた森魚はこの2010年代、なんか毎年のようにアルバムを出してたな。聴けばそれなりに濃い内容だし、いったい何なんだろう?」って、プリズムに光を当てたときに色が反射するようなイメージで、この10年を表現できたら……という思いが、僕の中にあるんだよね。

真摯にお互いを模索しながら連携しようと思っていた人たちを決裂させた、この現象がなんて残酷なことだろうと思った。

―311がご自身に何をもたらしたのか、いったい自分の中で何が起きたのか、作品にすることで分かろうとしているのでしょうか。自分を使った壮大な実験というか。

あがた:うん、そうだね。おっしゃる通り。震災が起きてから最初の数年は、いろんな人と議論もしたし、何か答えは出せないかと自分たちなりに模索をしていました。でも、幸か不幸か、議論すればするほど、対立や決裂、行き違いが明確になってくるわけです。

あがた森魚

―ええ、そうですね。

あがた:あなたも、そういうことがあった?

―はい、僕もありました。

あがた:あなたも同じ思いをしていたのなら、なるべく正直に言います。原発の問題とかいろんな次元の話があるのだけど、僕は、人々が多くの友達を失い、真摯にお互いを模索しながら連携しようと思っていた人たちを決裂させた、この現象が311で受けた災害そのものと同等なほどになんて残酷なことだろうと思ったんです。

―本来、同じスタンスであったはずなのに、「細かい違い」が許せず内ゲバを起こすという現象は、至るところで起きていましたね。

あがた:そう。それは、よかったとも残念だったとも言えます。そのことで気づかされたこともあるから一概には言えないです。だから、「酷なプロセスだったな」とは思うけど、結果的に「よし」としたい。まさに表裏一体なんです。

そういうことも含めて、2020年まで毎年アルバムを作って、311について考えることに意義があると思っているんですよ。「これは言っておきたい」というアイデアは、まだまだたくさんあるし、それが実際の作品となったときに、さらに言いたいことが増えていったり、変わっていくかもしれない。そして、それらを分かち合える人がいるかどうかも大事な問題です。

Page 1
次へ

リリース情報

あがた森魚&はちみつぱい『べいびぃろん(BABY-LON)』
あがた森魚&はちみつぱい
『べいびぃろん(BABY-LON)』(CD)

2017年4月26日(水)発売
価格:3,240円(税込)
KICS-3484

1. アポロンの青銅器
2. 春一番にいかなくちゃ
3. もおたりぜいしょん
4. 大平原
5. 虫のわるつ
6. この夏リバティー
7. 森から生まれた獣たちは
8. 四月の雪
9 クリーニングはエイハブ
10. いつものようにただだまって
11. 港の純情
12. 真夜中を歩く
13. べいびぃらんどばびろん

プロフィール

あがた森魚(あがた もりお)

1948年北海道生まれ。1972年『赤色エレジー』でデビュー。当時、アメリカのコンテンポラリーなフォークロックやヒッピームーブメントなどに強い影響を受けながらも、その影響下に留まらず、日本の大正や昭和のロマンティックな大衆文化を彷彿とさせるオリジナリティーあふれる音楽世界を創り出していった。デビューアルバム『乙女の儚夢』以降、『噫無情』『日本少年』『永遠の遠国』と、あがた森魚世界観をはらんだアルバムを発表しながら1970年代を駆け抜けた。映画製作や文筆活動等々多岐にわたりながらオリジナルアルバムを次々とリリース。デビュー40周年の2012年にはアルバムリリースや記念コンサートの開催など意欲的に活動。10月3日、ベルウッドの創立40周年を記念して「Bellwood 40th Anniversary Collection」と銘打って51タイトル再発されたコレクションには、あがた森魚の初期3枚のアルバムが含まれる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス “Tシャツ”

6月にストリーミング配信オンリーでリリースされたアルバム『Popcorn Ballads』から“Tシャツ”のPVが公開。約1分のロックチューンに合わせた、スピード感ある清々しい映像。劇中で強制着用させられる「サニーデイサービス」TシャツはROSE RECORDSのオンラインショップで予約販売中。曽我部恵一の愛犬・コハルちゃんが送る眼差し、においを嗅ぐ姿に悶絶。(川浦)