特集 PR

johannが開拓した、バンドのニーズがあるのに届いていない場所

johannが開拓した、バンドのニーズがあるのに届いていない場所

johann『ZASHIKI-WARASHI fanfare』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:西槇太一 編集:矢島由佳子
2017/04/19

ロックバンドって、意外といろんな場所で演奏できるんだなって思いました。(佐藤)

―話が急にネガティブに舵を切りましたけど(苦笑)、そこまでオーディションをたくさん受けた動機はなんだったんですか?

佐藤:バンドマンにありがちだと思うんですけど、評価されることを怖がってしまうというか……「評価されるのが嫌」とか、「俺たちは俺たち」みたいな考え方が、俺はあんまり好きじゃないんですよ。今自分のやっていることは人生をかけてやっているわけだから、「自分が信じてやっていることは、周りからどういう評価をされるんだろう?」っていうことを確認したかったんですよね。で、結果、ダメでした。

深津:わっはっは!(笑)

左から:佐藤竜市、深津良輔

―深津さん、めっちゃ笑っていますけど(苦笑)、オーディションを受けるのはメンバー全員で決めたことだったんですか?

佐藤:いや、僕が勝手に応募しまくりました(笑)。

深津:(笑)。でも、反対するとかはなく、僕もポジティブな感じでしたね。「そう言えばオーディションとか受けていなかったな、俺たち」って、今さらながら思って。それまでは、横の繋がりで呼んでもらって、ライブハウスとかでライブをして、来てくださった方々にCDを買っていただくっていうことを繰り返していたんですけど、不特定多数の人に聴いてもらったり、評価してもらうオーディションは今までやったことなかったから。

深津良輔

―でも、結果は芳しくなかった。

佐藤:そうなんですよねぇ……。でも、同じように去年から、地方のお祭りに呼んでもらえるようになったんです。地元のおじさんバンドのあとに、いきなり僕らが演奏する、みたいなことを結構やりました。お祭り会場に許可を得て、道端に機材を持ち込んで、いきなり演奏を始めてみたり。

あとは、代々木公園でやっているような「ラーメンフェス」みたいなイベントに、「演奏させてください」ってメール入れたりして。このあいだは、お台場であった『CHIMERA GAMES』っていう、ストリートカルチャー系のイベントで演奏したんですけど、それもこっちからメールを送ったら「ぜひ、演奏してください」って返事をもらえて。

―自らいろんな扉をノックしに行かれたんですね。

佐藤:そうしていると、ライブハウスでやっているときよりも世界が広がっていったんですよね。ロックバンドって、意外といろんな場所で演奏できるんだなって思いました。

2016年7月 千葉県柏市『柏まつり』にて
2016年7月 千葉県柏市『柏まつり』にて

2016年8月 千葉県松葉町にて
2016年8月 千葉県松葉町にて

新しい刺激は、別の業種の人たちからもらうことが多くて。「そんな考えがあったんだ?」って。(深津)

―そもそも、地方のお祭りでライブをやるようになったきっかけはなにがあったんですか?

佐藤:ふかっちゃん(深津)は千葉県の柏市出身なんですけど、これは誇張でもなんでもなく、彼と柏の街を歩くと、道行く人みんなとハイタッチするんですよ。そのぐらい、彼は地元で顔が広くて。このあいだ、スーツを着た固そうな人とハイタッチしていたから、「今の誰?」って訊いたら、「柏市議会議員の人」って(笑)。最初は、そんな地元密着型の彼の縁で、地元の団体の方から声がかかったんです。

深津:そこから、お祭りとかで演奏する活動を広げていこうって思ったんですよね。ライブハウス以外でも自分たちが演奏させてもらえる場所があるなら、ちょっと探してみようって。

自治関係の人たちは、「ライブハウスでやっているバンドなんて、お祭りには来てくれないよな」って思っているんですよ。本当は来てほしいけど、声をかけられないし、どこから声をかけていいかわからない。バンドマンはバンドマンで、本当はその辺の野外でライブをやってみたい人たちもいると思うけど、「俺らが出る幕じゃないよな」って思い込んでいる。

佐藤:そうだね。変に敬遠しているというか、先入観があるよね。

深津:でも、本当は向こうも求めているし、俺たちも求めている。それなら、結果はWin-Winになるじゃないですか。このあいだ、「中学校でやらないか?」っていう話が来たんですよ。

佐藤:運動場でやりたいねぇ!

左から:佐藤竜市、深津良輔

―バンドや音楽が求められているのは、ライブハウスやフェスだけではない。

深津:そう思います。バンドマンの仲間と繋がっていると、もちろん音楽の話は深くできるけど、新しい刺激は、別の業種の人たちからもらうことが多くて。「そんな考えがあったんだ?」っていうことを、それこそ中学校の先生から与えてもらったりするんです。そうすると、僕らのなかでも、また新しいものが生まれたりもするし。

佐藤:向こうもこっちも、新しい刺激は求めているんだよね。

―今の話は、先ほどの「仕事を混ぜていく」話にも繋がる気がしますね。フェスのオーディションに落ちまくっても、johann、すごくポジティブじゃないですか。

佐藤:そう、意外と大丈夫なんですよ。フェスとかのオーディションで落ちまくって、「俺たちってダメなんじゃないか」って思ったけど、前知識のない人に見てもらうと好反応だったりして。

だから最近、なにが本当でなにが正解か、わからなくなってきて……音楽が好きな人には「ダメ」のハンコを押されたけど、音楽を知らない人たちからは好反応がある。「これはどういうことなんだ?」って。音楽業界のセンスがないのか、なんなのか……そういう疑問が1個できました。

佐藤竜市

―今、佐藤さんが仰ったことは大事な問題提起だと思うんですけど、周りの評価は関係なく、今のjohannにとって居心地がいいのは、どこなんですか?

佐藤:それは、祭り会場かなぁ。浴衣の女性も多いし(笑)。

深津:まぁね(笑)。お祭りではみんな構えてないというか、「今日はなにか楽しいことがあるかな」ぐらいの空気感でいると思うんですよ。だから、そのなかでバンドが出てくると、聴いてくれる人もオープンに、あんまり力を入れずに楽しんでくれたりするのかなって思うんですよね。

―フラットに「楽しいこと」を求めている人たちに、johannの音楽はフィットするわけですよね。johannって、「ツインドラムで~、インストで~」という形で言葉にすると、難解なポストロックと思われるかもしれないけど、根本的に、そういう音楽ではない。キャッチーだし、歌謡性が高いですよね。

佐藤:そうですね。やっぱり、johannには昂揚感があるというか。お祭り会場や路上で演奏したときに反応がいいっていうことは、聴く人にとってスッと入ってくる音楽だっていうことだと思うんですよね。入り口が開かれている。

僕は元々、横浜銀蝿とSOPHIAが好きだったので、結局「歌」が好きなんですよね。ボーカルが見つからなかったから今の形でやっていますけど、本当は、インスト嫌いですから。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

johann『ZASHIKI-WARASHI fanfare』
johann
『ZASHIKI-WARASHI fanfare』(CD)

2017年4月19日(水)発売
価格:1,700円(税込)
TTPM-2

1. 虹色商店街
2. やさしいしと
3. 島人ぬ宝
4. 鬼泣峠
5. 今夜あなたと

アプリ情報

『johann / Haiku Days + "DEMO-2009"』

料金:1,600円(税込)
互換性:iOS 8.0以降(iPhone、iPad、および iPod touch に対応)

プロフィール

johann
johann(よはん)

2008年結成のツインドラムインストロックバンド。TOKYO JAPANESE WABI SABI TATAMI PRIDEというスローガンを掲げ、日本の情緒、文化を独自の解釈でロックミュージックに乗せて表現している。『earth garden』『TONE RIVERJAM』、お台場で開催された『CHIMERA GAMES』、地方の祭り会場等、野外フェスにも多く出演。また、スウェーデンのLAST DAYS OF APRIL、テキサスのHIKESのツアーサポート等、来日した様々なアーティストとも共演を重ね、着実に経験を積んできている。日本最後のサムライ五人組が奏でる、音の紡ぎに是非耳を傾けて欲しい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子