特集 PR

johannが開拓した、バンドのニーズがあるのに届いていない場所

johannが開拓した、バンドのニーズがあるのに届いていない場所

johann『ZASHIKI-WARASHI fanfare』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:西槇太一 編集:矢島由佳子
2017/04/19

「やらなくていいこと」をひとつやっていると、それがアイデンティーとか、自分特有の「生きている意味」に繋がっていく。(深津)

―インスト、嫌いなんですか?(笑)

佐藤:johannを始めた頃って、インストバンドが大量生産されていた時代で。それが嫌だったんですよね。俺は、技巧的なフレーズを弾くことより、単純でキャッチーなメロディーを弾くことが好きなんです。

あと、やっぱりjohannって、ふざけている感じがいいのかなと思って。他のインディーズバンドって、キメキメじゃないですか。そういう部分は他のバンドに任せて、俺たちはちょっと外しながらやったら面白いんじゃないかとは思っていますね。

左から:佐藤竜市、深津良輔

―新作『ZASHIKI-WARASHI fanfare』には、BEGINの“島人ぬ宝”のカバーも収録されていますけど、この選曲もjohannならではですよね。それこそ、お祭りの会場でやったら盛り上がりそうだし。

佐藤:みんな知っている曲なので、ライブでも間口が広がりますね。そもそもは、僕が毎年行くぐらい沖縄が好きだから入れただけなんですけど(笑)、でも、たとえばLITE やtoeが“島人ぬ宝”のカバーをやっても、彼らの世界観には合わないですよね。じゃあ、僕らがやってあげますよ、と(笑)。

―クラウドファンディングにしろ、お祭りでのライブにしろ、“島人ぬ宝”にしろ、johannは一貫して「人と違うことをやる」ということに重きを置いているし、自分たちで自分たちを盛り上げて、「楽しさ」を見つけていこうとする力がすごく強いですよね。この原動力はどこから生まれてくるんですか?

佐藤:毎日を死んだような目で過ごすのは嫌だし、生きているからには、みんなが楽しくなるように過ごしたいし、自分自身も楽しみたい。来年でバンドを始めて10年なんですけど、人生のかなりの時間をかけてやると決めているんだから、楽しまなきゃダメでしょう。そもそも、バンドってやらなくてもいいことじゃないですか。誰かに「やれ」って言われているわけでもないし。

―そうですね。

佐藤:「やらなくてもいいこと」をやっている。だからこそ「型」を崩していきたいし……そもそも、本当は「型」なんてないはずなんですよ。俺は他人と同じことをやるのが嫌なんじゃなくて、知らないうちに自分の頭が固くなっちゃうのが嫌なんでしょうね。

たとえば、「バンドはライブハウスでライブをやることが当たり前だ」って自然と考えてしまう、そんな自分に対して「あ、頭が固くなっているな」って感じる瞬間がふとあるんです。それを柔らかくするために、違う発想を考えているのかも。

佐藤竜市

―「やらなくてもいいことをやっているんだ」ということに自覚と誇りを持つことは、大事なものかもしれないですね。

深津:現代において、「やらなくていいこと」をひとつやっていると、それが個々のアイデンティーとか、大袈裟にいうと、自分特有の「生きている意味」に繋がっていくんじゃないかと思うんですよね。

お金を稼いで、食事をして……それで、たしかに生命は維持されるんだけど、でも、食べたり寝たりっていう生命維持とは関係ないことをやることで、自分が飽きないし、人として生きること、「人生」に、自分特有のものが生まれるんじゃないかと思う。

佐藤:「やらなくてもいいこと」をやっているから、ロマンチックなんだよね。

左から:佐藤竜市、深津良輔

座敷童子って、幸せを呼ぶ妖怪なんですよね。johannは、幸せを運ぶおっさん五人です(笑)。(佐藤)

―johannは、今後どうなっていくんでしょうね?

深津:これだけライブハウスじゃない場所でもできるんだってわかってきたので、ライブハウスじゃない場所だけを回るツアーとかやってみたいですよね。全国の夏のお祭りだけを回る、みたいな。「johannの、こんな場所でライブやっちゃいましたシリーズ」(笑)。

佐藤:それいいね。それでいうと、両国駅に、今は使っていないホームがあって、そこでライブができるんですよ。反対側のホームからライブが観られるっていう。あそこでもやりたいね。

深津:あと、屋形船とかでもやりたい。もちろん、『FUJI ROCK』も出たいけどね。山のなかで演奏したいなぁ。

佐藤:そうだね。『FUJI ROCK』はね、絶対に出たいんです。そもそも、johannで曲を作り始めたときって、『FUJI ROCK』に出るために作り始めたんですよ。19歳のときに初めてスタッフで『FUJI ROCK』に行って、「次に来るときは絶対に出演者で来る!」って思ったんです。12年くらい前の話ですけど、それ以来『FUJI ROCK』には行っていなくて。なので、それは絶対に叶えたい。

―10代の頃の夢は、そこにあり続けているんですね。

佐藤:そうなんです。でも、『FUJI ROCK』に出たら目標はひとつ達成されるけど、そのあともバンドは絶対に続いていくわけだから。「より、どう楽しむか」っていうことは、追い求めていきたいですね。

―ちなみになんですけど、今作『ZASHIKI-WARASHI fanfare』のタイトルの由来はなんですか?

佐藤:僕が妖怪大好きだからです(笑)。座敷童子って、幸せを呼ぶ妖怪なんですよね。一応、僕ら五人が座敷童子っていう設定です。johannは、幸せを運ぶおっさん五人です(笑)。

johann
johann

Page 3
前へ

リリース情報

johann『ZASHIKI-WARASHI fanfare』
johann
『ZASHIKI-WARASHI fanfare』(CD)

2017年4月19日(水)発売
価格:1,700円(税込)
TTPM-2

1. 虹色商店街
2. やさしいしと
3. 島人ぬ宝
4. 鬼泣峠
5. 今夜あなたと

アプリ情報

『johann / Haiku Days + "DEMO-2009"』

料金:1,600円(税込)
互換性:iOS 8.0以降(iPhone、iPad、および iPod touch に対応)

プロフィール

johann
johann(よはん)

2008年結成のツインドラムインストロックバンド。TOKYO JAPANESE WABI SABI TATAMI PRIDEというスローガンを掲げ、日本の情緒、文化を独自の解釈でロックミュージックに乗せて表現している。『earth garden』『TONE RIVERJAM』、お台場で開催された『CHIMERA GAMES』、地方の祭り会場等、野外フェスにも多く出演。また、スウェーデンのLAST DAYS OF APRIL、テキサスのHIKESのツアーサポート等、来日した様々なアーティストとも共演を重ね、着実に経験を積んできている。日本最後のサムライ五人組が奏でる、音の紡ぎに是非耳を傾けて欲しい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子