特集 PR

プレミアムフライデー、実際どう?箭内道彦&ぺえが本音で意見

プレミアムフライデー、実際どう?箭内道彦&ぺえが本音で意見

『シブヤ大掃除パーティ』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:豊島望 編集:野村由芽

変化し続ける首都・東京の中でも、時代とともにドラスティックなムーブメントを生み出している街、渋谷。渋谷パルコが1973年に生まれたことを皮切りに、ファッションやカルチャーといった様々な若者文化の発信基地として栄えてきたが、同館は2016年に建て替えによる休館を発表。今、渋谷の空気が少しずつ変わってきている。

話がやや前後するが、渋谷区は2015年に全国で初めて成立した「同性パートナーシップ条例」に基づく「パートナーシップ証明書」を発行。2016年には20年ぶりに基本構想を改訂し、「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」という新しいテーマを掲げた。つまりここ最近の渋谷は、「ダイバーシティ渋谷区」に向けて、新たな動きを進めているのだ。「若者の街」から「あらゆる人が、自分らしく生きられる街」へ。そんなふうに変化を目指している。

そんな渋谷において、4月28日という「しぶやの日」と月末金曜日の「プレミアムフライデー」が重なる日に、『シブヤ大掃除パーティ』が実施される。その日、街の清掃に参加すると、渋谷近隣のお店の特典を楽しめたり、石野卓球の無料DJイベントに参加できたりするパーティーだ。

「働き方改革」や「消費活性化」を掲げ、2月24日に始まったばかりのプレミアムフライデーを前に、「そもそも、プレミアムフライデーって何?」「どんな意味があるの?」という疑問も渦巻く中、原宿のショップ「W♡C」のカリスマ店員で「オネエ」を公言するぺえと、風とロッククリエイティブディレクター、「渋谷のラジオ」理事長の箭内道彦に、今の渋谷の街のあり方と、そこでどう自分たちは生きるかについて、若者・大人の両視点から意見を語ってもらった。

ファッションアイコンと言われる人たちはジェンダーレスな人が多いんです。(ぺえ)

原宿のショップ「W♡C」の店員で、テレビ『マツコ会議』でのブレイクをきっかけにお茶の間タレントとしても活躍している、ぺえ。小学生の頃にAKB48に憧れ、オーディションに応募した経験を持つ彼は生物学的には男性だが、自分で「オネエ」と公言する同性愛者だ。

―ぺえさんにとって、渋谷という街はどういう場所ですか?

ぺえ:私にとっては、とくに原宿が憧れの街でしたね。出身は山形なんですけど、上京前は体育大に通っていて、ファッションやメイク、おしゃれに無縁な世界にいました。その反動で「自分を表現したい」憧れが強くあって、上京して原宿のアパレルショップに勤めることにしたんです。

ぺえ
ぺえ

―学生時代からお洒落が大好きだった、というわけではないんですね。

ぺえ:学生の頃はバレーボールばかりやってましたね。だから上京前は、私みたいにダサイ子は足を踏み入れちゃいけない場所だと思っていたんですけど、いざ働いてみると、どんな人でも受け入れてくれる街だなと。

―渋谷区と一口に言っても、いろんなエリアがありますしね。渋谷という区自体がバラエティーにとんでいる。

ぺえ:そう思います。とくに私は同性愛者なので、そういった面でも偏見のない街だとすごく感じます。私が働いている原宿は、集まる人たちもジェンダーレスなファッションを武器にしているし、ファッションアイコンと言われる人たちもそういう方が多い。時代全体としてもそうなんでしょうけど、同性愛やマイノリティーであることを、ファッションの一部として受け入れている気がします。

ぺえ

居場所がない人が、渋谷や原宿に来ると、どこか安心するのかもしれません。(ぺえ)

―同性愛者だということで地元では偏見を持たれたりもしていたのですか?

ぺえ:私は周りに恵まれてきたので、じつは山形でも偏見の目で見られたことは、あまりないんです。カミングアウトする前は後ろめたさもあったし、隠したかったし、いじめも多少受けました。でも、母親が「それがあなただから、もっと自由に生きなさい」と言ってくれて、中学時代にカミングアウトしたら、みんなが受け入れてくれたんです。

でも普通はやっぱり、10代、20代前半は、友達はもちろん、親にもどう思われるか気にするからなかなか言えないと思います。私は『Zipper』という雑誌で悩み相談コーナーを担当しているんですけど、若い子からの相談の400通中300通が、同性愛にまつわる悩みだったことがあって。

―自分がマイノリティーなんじゃないか? と自分ひとりで悩んでいる。

ぺえ:私が相手だから、打ち明けてくれるのかなとも思いますし、原宿のお店にも、そういう子たちが会いに来てくれたりもしますしね。居場所がない人が、渋谷や原宿に来ると、どこか安心するのかもしれません。

どんどんそういう人は増えている気がします。今の子は、男の子だからこうしなさい、女の子だからこうじゃなきゃダメというふうには、育てられていないですから。ジェンダーに対する偏見が少ないという点では、渋谷は日本全体で見てもとても模範になる街だと思いますよ。

Page 1
次へ

イベント情報

『シブヤ大掃除パーティ』

「月末金曜は少し早めに仕事をおえて、豊かな時間を過ごそう」というコンセプトで始まった「プレミアムフライデー」と「シブヤの日」が重なる4月28日(金)に、『シブヤ大掃除パーティ』と題して、渋谷を舞台にイベントが実施されます。仕事の後に渋谷駅周辺の清掃に参加いただいた方に、周辺店舗や施設で利用できるクーポンを贈呈。掃除で汗を流した後に、きれいになった渋谷の街で打ち上げ・パーティをお楽しみいただけるイベントです。

『シブヤ大掃除 アフターパーティ!』

2017年4月28日(金)
会場:東京都 SHIBUYA PLUG
出演:
石野卓球
Licaxxx
出口博之(モノブライト)
料金:無料(1ドリンク付)
※『シブヤ大掃除パーティ』参加者配布のクーポンが必要

プロフィール

箭内道彦(やない みちひこ)

1964年福島県生まれ。クリエイティブディレクター / 東京藝術大学美術学部准教授。博報堂を経て、2003年「風とロック」を設立。「渋谷のラジオ」理事長を務める。

ぺえ

1992年山形県生まれ。原宿の竹下通りにある「W♡C」のショップスタッフ。タレントとしても活動し、バラエティーやドラマ出演なども行なう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡