特集 PR

神聖かまってちゃん・の子が語る、20代からの成長と現代への怒り

神聖かまってちゃん・の子が語る、20代からの成長と現代への怒り

神聖かまってちゃん『夕暮れの鳥 / 光の言葉』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:沼田学 編集:飯嶋藍子

2008年、“ロックンロールは鳴り止まないっ”という衝撃的かつ普遍的な名曲を携えて、神聖かまってちゃんが世の中に現れてから、もうすぐ10年。同時期に頭角を現したバンド、それぞれが提示したサウンドとアティチュード、そして辿った道のりを考えると、この10年が音楽シーンにとって、いかに変化の季節であったのかがわかる。

あらゆる価値観が、かつてない速度で咲き乱れ、ときとして散っていった中、「ロックンロールは鳴り止まないっ」と、終わることのない衝動とロマンを掲げた神聖かまってちゃん。そのフロントマンであり、稀代のアジテーター・の子の現在地は、どこなのだろう?

新曲“夕暮れの鳥”を聴いたとき、「この曲は、鳴り止まなかったロックンロールの、ひとつの解答だ」と思った。まるでBon Iverをローファイに解釈したような、ささくれ立ったゴスペル。圧倒的な名曲である。この名曲の興奮を本人にぶつけようと、の子の単独取材に向かった……のだが、こちら側の興奮もなんのその、の子はロックバンドとのインターネットの狭間で、とても静かに苛立っていた。

なんで、僕らみたいなおっさんバンドが、世の中に対するアンチテーゼの役目をまだやっているんですかね?

―ニューシングル、本当に素晴らしいです。特に、アニメ『進撃の巨人 Season2』のED主題歌でもある“夕暮れの鳥”は、神聖かまってちゃんの表現が新しい地平に行ったことを示す名曲だと思いました。

の子:そうですかね? 新しいことをやった感覚は、自分の中ではないかなぁ。“夕暮れの鳥”で新しいのって、歌詞が英語っていう部分だけだと思うんですけどね。それ以外は、今までの僕の曲のままかなって。こういう、世界観がグワッとくるような曲は、得意とするものでもあるので。

の子
の子

―もちろん、ゴスペルをかまってちゃん流に解釈したサウンドは、これまでにもあったと思うんです。ただ、“夕暮れの鳥”には、の子さんの自我すら音の中に溶け込んでいるような壮大さがある。もちろん、英語詞であることも影響していると思うのですが、今回はなぜ、英語なんですか?

の子:この曲は、もともとは日本語詞だったんです。でも、『進撃の巨人』のアニメ制作チームから、「異国感が欲しい」っていう要望があって英語にしました。別に、フランス語でもなんでもよかったんだろうけど(笑)。

―なるほど……。

の子:まぁたしかに、この曲に関してはファンの人たち以外からもすごく反応はいいんですよ。それは、ありがたい話だと思います。逆に、「『進撃の巨人』の曲をかまってちゃんがやりやがって! ムカつく!」って思う人もいるかもしれない(笑)。

―そんな短絡的な反応ありますか?(笑)

の子:僕らの音楽を聴くのは、単純にいい曲を求めている人たちばかりではないんですよ。だから、いろんな大人の反対意見があっただろうに、そこを突っ切って、諫山先生(諫山創。『進撃の巨人』の原作者)が僕らを指名してくれたのは、「イカしてんなぁ」って思います。先生も、何かイライラすることがあるんだろうなぁって。

―ははは……。

の子:まぁ、こういうタイアップ、もし他の有名バンドがやっても、「あ、そうですか」っていう感じですからね。それが、「今回の『進撃の巨人』は神聖かまってちゃんだ」というところに、デカい衝撃があると思います。

―たしかにそうかもしれないです。

の子:この、底辺が上流階級にかましてやる感。正直、世の中に対するアンチテーゼの席は、すぐに奪われると思っていたんですよ。なんで、僕らみたいなおっさんバンドが、この役目をまだやっているんですかね? いろんな若いバンドが出てくるけど、ここまでガッとくる人はいない。こういうの、バンドシーンでもなんでも、もっと世の中にあってほしいです。

バンドはあくまでもツールのひとつであって、それが全てだとは思ってない。

―あまり若い世代のバンドにはピンと来ていませんか?

の子:もちろん、新人バンドが『Mステ』に出れば「おっ」って思いますよ。でも、それだけじゃ弱いんだよなぁ。もっとギリギリの感じの奴らに出てきてもらいたいんですよね。

老害の考え方なのかもしれないけど、僕はもっとひっくり返るところが見たい。フェスだけで盛り上がっている感じもくだらないし。このままだとバンドシーンは、つまらないまま、ちょっとした綺麗な夢で終わっていくと思う。まぁ別に、僕はそれでもいいんですけどね。

の子

―でも、バンドシーンがなくなると、神聖かまってちゃんの居場所もなくなってしまうかもしれないですよね。

の子:僕はバンドに固執していないですよ。バンドはあくまでもツールのひとつであって、それが全てだとは思ってない。バンドがなくても自分の表現はネットを使えばできるし、それで十分、成立するものだとも思う。それに今、若くてひねくれている面白そうな奴らって、音楽やってないですからね。

―何をやっている人が多いんですか?

の子:最近、「神聖かまってちゃん好きです!」って言ってくれるのは、バンドマンじゃなくてYouTuberが多いです。今、僕が若かったら、バンドマンじゃなくてYouTuberになっていただろうなって思うからすごく嬉しい。

―たしかに、日本の音楽シーンにおいてネット動画や生配信を駆使したのは、かまってちゃんがパイオニアだと思うし、その価値観は、少なからず今のYouTuber世代にも引き継がれていると思います。それは裏を返せば、の子さんと今のYouTuberの原動力には通じるものがあるのかもしれない、ということですよね。

の子:そうですね。僕の原動力は「自分を出したい」に尽きます。自分の鬱屈とした気持ちを発散したかったし、とにかく「オンリーワンになりたい」とだけ思い続けていた。

Page 1
次へ

リリース情報

神聖かまってちゃん『夕暮れの鳥 / 光の言葉』
神聖かまってちゃん
『夕暮れの鳥 / 光の言葉』(CD)

2017年5月24日(水)発売
価格:1,620円(税込)
PCCA-04531

1. 夕暮れの鳥
2. 光の言葉
3. 男はロマンだぜ!たけだ君っ(2017新録音ver.)
4. コンクリートの向こう側へ(2017 最新リマスター)

イベント情報

『進撃のかまってちゃん駆逐ツアー』

2017年6月23日(金)
会場:大阪府 umeda TRAD

2017年6月29日(木)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2017年7月2日(日)
会場:東京都 鶯谷 東京キネマ倶楽部

プロフィール

神聖かまってちゃん
神聖かまってちゃん(しんせいかまってちゃん)

の子(Vo, G)、mono(Key)、ちばぎん(B)、みさこ(Dr)の千葉県在住メンバーからなるロックバンド。の子による2ちゃんねるバンド板での宣伝書き込み活動を経て、自宅でのトークや路上ゲリラライブなどの生中継、自作PVの公開といったインターネットでの動画配信で注目を集める。2009年には一般公募枠で『SUMMER SONIC 09』に出演。2010年3月に初のCD作品となるミニアルバム『友だちを殺してまで。』を発表、ワーナーミュージック・ジャパンと契約し、2010年12月にunBORDEから『つまんね』、インディーズレーベルPERFECT MUSICから『みんな死ね』の2枚のアルバムを同時リリース。2011年4月にはバンド史上最大規模の会場となる両国国技館ワンマンライブを行う予定だったが、東日本大震災の影響により中止に。これを受け、全国8都市を回るフリーライブツアーを敢行した。2017年5月24日にはTVアニメ『進撃の巨人』Season2のエンディングテーマ主題歌“夕暮れの鳥”収録のダブルAサイドシングル『夕暮れの鳥/光の言葉』をリリース。の子自らの体験や感情をタブーなき赤裸々な言葉で紡ぎ、美しいメロディーによる楽曲と強烈なライブパフォーマンスで、常に話題になるインターネットポップロックバンドとして活動中。

関連チケット情報

2017年10月20日(金)
神聖かまってちゃん
会場:cube garden(北海道)
2017年11月1日(水)
神聖かまってちゃん
会場:仙台CLUB JUNK BOX(宮城県)
2017年11月2日(木)
神聖かまってちゃん
会場:GOLDEN PIGS BLACK STAGE(新潟県)
2017年11月10日(金)
神聖かまってちゃん
会場:スペードボックス(愛知県)
2017年11月12日(日)
神聖かまってちゃん
会場:246 LIVE HOUSE GABU(大阪府)
2017年11月25日(土)
神聖かまってちゃん
会場:Fukuoka BEAT STATION(福岡県)
2017年12月3日(日)
神聖かまってちゃん
会場:TSUTAYA O-EAST(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)