特集 PR

DEAN FUJIOKAが語る、マルチな活躍の集大成である「音楽制作」

DEAN FUJIOKAが語る、マルチな活躍の集大成である「音楽制作」

DEAN FUJIOKA『1st. EP「Permanent Vacation / Unchained Melody」』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:森山将人 編集:矢島由佳子、宮原朋之

DEAN FUJIOKAが、『1st. EP「Permanent Vacation / Unchained Melody」』を7月5日にリリースした。自身が主演を務める映画『結婚』の主題歌を含めた表題2曲は、エレクトロやヒップホップを基調とした先鋭的なサウンドプロダクションと、伸びやかで力強いボーカルが印象的。昨年リリースされたアルバム『Cycle』のサウンドから格段にスケールアップしている。また、3曲目に収録されている“History Maker”のドリーミーかつダイナミックな曲調も、これまでにない新機軸といえる仕上がりだ。

俳優としての活躍はもちろん、モデルや映画監督など多岐にわたる活動を繰り広げているDEAN FUJIOKAにとって、その集大成であり、ライフワークでもある音楽制作。そこに対して強いこだわりを持つ理由は、一体どこにあるのだろうか?

役作りをする上で、自分なりに考えたことを、曲の歌詞に生かしています。

―まず、現在非常に多忙を極めているDEANさんが、これだけクオリティーの高い作品を生み出している事実に驚いています。いつぐらいから制作はスタートしたのですか?

DEAN:曲作りのためのブレストは、昨年末くらいからはじまりました。そこでまず、<朝が来たらどこへ向かうのか>という“Permanent Vacation”の歌い出しが思い浮かんで。同時に、曲全体のテンポ感や歌詞の方向性も詰めていきました。といっても、最初は計画書レベルのブレストだったんですけどね。

年が明けて、1月中旬くらいから2月の頭にかけては、映画『結婚』(2017年6月24日公開、西谷真一監督)の撮影があったんです。そのときは俳優の仕事をしつつ、空いた時間に歌詞を書き溜めていました。

映画がクランクアップしたあとに、楽曲を固めていき、2月の下旬には最終的なアレンジをインドネシアで詰めてミックスまで終わらせましたね。映画の主題歌ということが決まっていたので、締め切りも早かったんです。

―4年前のCINRA.NETのインタビュー(人生をサバイブする旅人の方法論 DEAN FUJIOKAインタビュー)でも、インドネシアで音楽制作をされていたとおっしゃっていましたが、今もインドネシアがDEANさんの音楽制作にとって大事な場所となっているんですね。

DEAN:アレンジとプリプロ(制作前の準備段階の作業)に関しては、ほぼ日本で行いました。映画の撮影が終わってインドネシアに行くまでの間で、ある程度の形はできていたんですけど、次のプロジェクトがジャカルタであったので、残りの作業はインドネシアで行ったんです。

CM撮影や記者会見、報道番組(『サタデーステーション』)の仕事に合間を縫って、曲の構成を変えたり、ミックスダウンを行ったり……締め切りもタイトだったので、かなりしんどかったですね(苦笑)。

DEAN FUJIOKA
DEAN FUJIOKA

―最初に浮かんだという“Permanent Vacation”の歌い出しは、どのような背景から出てきた言葉だったのでしょう?

DEAN:『あさが来た』(NHK連続テレビ小説、2015年9月~2016年4月放送)で監督の西谷真一さんと出会ってから、今回の映画が3回目の仕事なんです。それもあり、言葉遊びじゃないですけど、『あさが来た』のタイトルを文字って「朝が来て、それからどうなったのか?」というストーリーにしたかったんですよね。

―あ、なるほど!

DEAN:その一節から先は、全て映画『結婚』をテーマにした歌詞ですが、スタートの部分はちょっとした遊び心です。西谷監督はもちろん、当時一緒に仕事をしたスタッフにも、この曲を聴いてもらいたいという思いがありました。

それと、『結婚』で演じた古海健児という男は、結婚詐欺師なんですね。なのに僕自身はこの役を演じながら、「犯罪をしている」という意識にあまりならなかった。古海本人も、そんな意識はなかったんじゃないかなって思ってしまうんです。要するに古海という男は、女性の笑顔を見るのが好きで、それがどこかで倒錯し捻れてしまう経緯があり、結果、犯罪行為になってしまった。

その「捻れ」を生んでいるのは一体なにか? 役作りをする上で、監督とディスカッションして、自分なりに考えたことを、この曲の歌詞に生かしています。“Permanent Vacation”がエンドロールで流れたとき、どういう歌詞なら映画の世界観を引き受け、結末を迎えることができるかということも突き詰めて考えました。

DEAN FUJIOKA

―「古海健児」ではなく、DEANさん本人の気持ちは、どのくらい歌詞に含まれていますか?

DEAN:自分の気持ちというよりは、もっと広く普遍性を持たせたいと思って書きました。古海が抱えている「不確実性」というか、「明日になったら、自分がどうなっているか分からない」という不安は、きっと誰しもに共通するものだと思って。だから、決して他人事にならないように、言葉選びやメタファーの使い方にはこだわりましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

DEAN FUJIOKA『1st. EP「Permanent Vacation / Unchained Melody」』初回盤A
DEAN FUJIOKA
『1st. EP「Permanent Vacation / Unchained Melody」』初回盤A(CD+DVD)

2017年7月5日(水)発売
価格:1,944円(税込)
AZZS-65

[CD]
1. Permanent Vacation(EP ver.)
2. Unchained Melody
3. History Maker(EP mix)
4. 午夜天使的翅膀(Midnight Messenger Mandarin ver.)
[DVD]
1. Permanent Vacation Music Video
2. Permanent Vacation Music Video Behind the Scene

DEAN FUJIOKA『1st. EP「Permanent Vacation / Unchained Melody」』初回盤B
DEAN FUJIOKA
『1st. EP「Permanent Vacation / Unchained Melody」』初回盤B(CD+DVD)

2017年7月5日(水)発売
価格:1,728円(税込)
AZZS-66

[CD]
1. Permanent Vacation(EP ver.)
2. Unchained Melody
3. History Maker(EP mix)
4. 午夜天使的翅膀(Midnight Messenger Mandarin ver.)
[DVD]
1. YURI!!! on ICE Opening(EP Limited ver.)

DEAN FUJIOKA『1st. EP「Permanent Vacation / Unchained Melody」』通常盤
DEAN FUJIOKA
『1st. EP「Permanent Vacation / Unchained Melody」』通常盤(CD)

2017年7月5日(水)発売
価格:1,296円(税込)
AZCS-2065

1. Permanent Vacation(EP ver.)
2. Unchained Melody
3. History Maker(EP mix)
4. 午夜天使的翅膀(Midnight Messenger Mandarin ver.)

イベント情報

『DEAN FUJIOKA Live 2017 "History In The Making"』

2017年7月12日(水)
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム ホールA

2017年7月13日(木)
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム ホールA

2017年7月27日(木)
会場:大阪府 オリックス劇場

2017年7月28日(金)
会場:大阪府 オリックス劇場

『DEAN FUJIOKA Live 2017 "History In The Making” ~Homecoming in Fukushima~』

2017年7月15日(土)
会場:福島県 須賀川市文化センター 大ホール

2017年7月16日(土)
会場:福島県 須賀川市文化センター 大ホール

作品情報

『結婚』

2017年6月24日(土)から全国公開
監督:西谷真一
脚本:尾崎将也
原作:井上荒野『結婚』(角川文庫刊)
出演:
ディーン・フジオカ
柊子
中村映里子
松本若菜
安藤玉恵
古舘寛治
萬田久子
貫地谷しほり
配給:KADOKAWA

プロフィール

DEAN FUJIOKA
DEAN FUJIOKA(でぃーん ふじおか)

日本、福島県生まれ。香港でモデルとして活動をはじめ、映画『八月の物語』(2005年)の主演に抜擢され俳優デビュー。その後台湾に拠点を移しドラマ、映画、TVCF等に出演するなど活躍。日本では2016年以降数々のドラマ・映画に出演し、2017年のエランドール新人賞を受賞。また、自ら作詞・作曲・プロデュースを手がける音楽制作をインドネシアで行い、2016年にはTVアニメ『ユーリ!!! on ICE』の主題歌“History Maker”を発表するなど、アジアの縦軸を中心に語学力と多方面の才能を活かしボーダレスに活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Suchmos“WIPER”

『日本レコード大賞』最優秀アルバム賞を受賞するなど、まさに「今年の顔」だったSuchmos。のべ2万5千人動員の全国ツアーを揺らしたアッパーチューン“WIPER”のMVには、7月に開催された日比谷野音ライブの映像を使用。カラフルでアーティスティックなアニメーションを加えて、とどまるところを知らない彼らの勢いと躍動感を伝えている。監督は山田健人。(佐伯)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真