インタビュー

おとぎ話×踊ってばかりの国 2組はなぜ兄弟のように惹かれ合う?

おとぎ話×踊ってばかりの国 2組はなぜ兄弟のように惹かれ合う?

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:タイコウクニヨシ テキスト・編集:山元翔一

おとぎ話が今年、デビュー10周年を迎える。2007年、1stアルバム『SALE!』で「UKプロジェクト」よりデビューを果たし、曽我部恵一が主宰する「ROSE RECORDS」からも作品を発表、2015年には「felicity」へ移籍し、これまでに8枚のオリジナルアルバムをリリース。計3回のレーベル移籍を経験するなど、この10年はまさに紆余曲折だった。

おとぎ話といえば、映画監督・山戸結希が手がけた“COSMOS”の強烈なまでにきらめきを放つミュージックビデオで、その存在を知ったファンも少なくないだろう。“COSMOS”のビデオが公開されたのは2014年。この曲は彼らの新たな代表曲になったが、おとぎ話の全てを表しているわけではない。では改めて、おとぎ話のより本質的な部分を語る機会が必要なのではないか? ということで、CINRA.NETでは、盟友・踊ってばかりの国より下津光史を招き、フロントマンの有馬和樹との対談を実施した。

兄弟のように響き合う有馬と下津による対話は、おとぎ話の不思議な魅力を紐解く機会となったように思う。お互いの音楽観に始まり、最近の若手バンドに対する苦言や、彼らが理想の音楽をとことん貫ける理由など、腹を割って語り合ってもらった。

俺と下津の関係だけでなく、お互いのメンバー同士も意気投合したのが大きかった。(有馬)

―おとぎ話と踊ってばかりの国は、そもそもいつ頃からの知り合いなのですか?

下津:まだ俺らが神戸にいた頃ですね。おとぎ話がツアーで神戸にやってきたとき、ライブ後に音源を渡したのが最初です。有馬くんは俺のこと、「どこのヤンキーやねん」くらいにしか思ってなかったと思うけど。

有馬:そうそう。「怖そうな人が来た」って感じで(笑)。家に帰ってもらった音源を聴いて、「めっちゃいいな!」と驚きました。それが、のちに流通盤になる『おやすみなさい。歌唄い』(2009年)だったんです。

左から:下津光史(踊ってばかりの国)、有馬和樹(おとぎ話)
左から:下津光史(踊ってばかりの国)、有馬和樹(おとぎ話)

有馬:それは2008年頃だったと思うんだけど、当時って今のようにSNSも発達してないし、どうリアクションしていいかわかんなかったんですよ。それでそのままにしてたら、「なにも言ってくれない有馬くん、なんなんやろ」って下津は思っていたらしくて。それを数年後に対バンしたときに知りました(笑)。

下津:なんなら「いてもうたる!」って思ってましたからね(笑)。でも、再会して開口一番、「音源めっちゃよかったよ!」って言ってくれて一瞬で仲良くなりました。5分後には友達で、打ち上げのときにはもう親友になってたよね(笑)。ベロベロになるまで酔っ払って。

有馬:あの夜は最高だったよね。以降、一緒にライブをやることも多くなって。やっぱり、バンドってライブを観ないとわからないところあるじゃないですか? ライブを観ずに友達になっても、その人の音楽やライブがよくなかったら関係は続かないんですよ。踊ってばかりの国の連中と仲良くなったのは、俺と下津の関係だけでなく、お互いのメンバー同士も意気投合したのが大きかった。踊ってばかりの国のメンバーは面白かったし、おとぎ話の四人はバカだったし(笑)。

下津:そこはずっと変わらないよね。お互いバカだし面白い。おとぎ話とは心身ともに仲がいいって感じがあります。

左から:有馬和樹、下津光史

―有馬さんは、下津さんのどんなところに惹かれたのですか?

有馬:下津は、俺からしたら常にカッコいい「ロックスター」のような存在なんです。ロックスター不在と言われる今、俺も諦めてたところに下津が現れた。ルックスもよくて、音楽も「本当に」カッコいいやつって貴重じゃないですか。

これはシーンやムーブメントと呼ばれるものから感じることだけど、同じ時代に好きだと思えるバンドがいるかいないかで、自分たちの音楽も大きく変わってくると思うんです。俺は踊ってばかりの国を聴いたとき、マジで久々に「誰とも違う音楽だ」と思った一方で、でも絶対にこいつは「俺と一緒だ」と思ったんですよ。

―というのは?

有馬:たとえば、好きなジャンルが同じだったり、世代が一緒だったりすると、「俺と(あいつは)似てる」みたいに思えることもあるんだけど、そういうことじゃないんです。踊ってばかりの国は、全く違うのになんか全部一緒だなと思えた。言葉にしづらい感覚的なことなんですけど。

おとぎ話『CULTURE CLUB』(2015年)収録

踊ってばかりの国『SONGS』(2015年)収録

―なるほど。音楽的なところよりも感覚的なところで結びついていると。

有馬:そう思える人ってほんと少ないんですよ。でもそういう人がいると自分が作った曲を全部聴かせたくなる。「この人がいいと思える曲を作りたい」って思うんです。

下津:それは俺も思う。俺なんて聴いてほしくもないやつばっかりなのに、有馬くんにはもう全部渡してしまうんですよ。

―それって、お互いものすごく貴重な存在ってことですよね?

有馬:そうですね。あとこれは、他の人が言わないからあえて俺が言っておきたいんですけど、Yogee New Wavesやnever young beachが出てきた土壌を作ったのは下津だと思うんです。今、誰もそのことを指摘しないのに、腐らずにいる踊ってばかりの国は尊いですよ。

Page 1
次へ

イベント情報

おとぎ話
『10 YEARS CARAT TOUR』

2017年9月5日(火)
会場:東京都 渋谷 WWW

2017年10月29日(日)
会場:広島県 4.14

2017年11月3日(金・祝)
会場:北海道 札幌 SOUND CRUE

2017年11月23日(木・祝)
会場:福岡県 UTERO

2017年12月10日(日)
会場:宮城県 仙台 FLYING SON

2017年12月24日(日)
会場:大阪府 十三 FANDANGO

2017年12月26日(火)
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO

『踊ってばかりの国 & GEZAN「of Emerald」August 2017 tours』

2017年8月31日(木)
会場:東京都 代官山 UNIT

リリース情報

おとぎ話『10 YEARS CARAT』
おとぎ話
『10 YEARS CARAT』(CD)

2017年9月5日(火)から『10 YEARS CARAT TOUR』ライブ会場で販売
価格:2,200円(税込)
PECF-91017 / felicity cap-268

1. KIDS(Single ver.)
2. BOYS DON'T CRY
3. SMILE
4. ネオンBOYS
5. GALAXY(Single ver.)
6. WHITE SONG
7. GANG STYLE NO.1
8. THANK YOU(Single ver.)
9. NO SOS
10. COSMOS
11. 少年
12. JEALOUS LOVE(Original mix)
13. セレナーデ
14. 追憶に別れを
15. ファンファーレサーカス

プロフィール

おとぎ話
おとぎ話(おとぎばなし)

2000年に同じ大学で出会った有馬と風間により結成。その後、同大学の牛尾と前越が加入し現在の編成になる。2007年にUKプロジェクトより1stアルバム『SALE!』を発表、以後2013年までにROSE RECORDSからの2枚を含め6枚のアルバムを残す。2015年、おとぎ話にとって代表曲となる「COSMOS」が収録された7thアルバム『CULTURE CLUB』をfelicityよりリリース。従来のイメージを最大限に表現しながら、それを壊し新しい扉を開いたこのアルバムにより、おとぎ話はまさに唯一無二の存在となった。2016年10月、移籍後2作目となるアルバム『ISLAY』をリリース。また、ライブバンドとしての評価の高さに加えて、映画や演劇など多ジャンルに渡るアーティストやクリエイターからの共演を熱望する声があとをたたない。日本人による不思議でポップなロックンロールをコンセプトに活動中。

踊ってばかりの国
踊ってばかりの国(おどってばかりのくに)

2008年、神戸で結成。翌年より2枚のミニアルバムを発表、各地の大型フェスに注目の新人として出演。2011年、初のフルアルバム『SEBULBA』を発表。全国ツアーを行うなど活動の幅をさらに拡大させる。同年11月には2ndアルバム『世界が見たい』をリリース。2012年末、ベースの脱退と共に活動休止。2013年春、『COMIN'KOBE 13』のステージで活動を再開。2014年1月に新メンバーで録音した、セルフタイトルを冠する3rdアルバム『踊ってばかりの国』を発売。同年に限定アナログ盤シングルを2枚発売。2015年春、メンバー主導による最新フルアルバム『SONGS』を発売。11月、オリジナルメンバーの佐藤が脱退。同月、新ドラマー・坂本タイキ加入。2016年、『FUJI ROCK FESTIVAL '16』に出演。同年11月、林が脱退。2017年1月、新メンバー・丸山康太が加入し、活動再開。『2017年、春のワンマンツアー』中、5人目のメンバー・大久保仁が加入。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年