特集 PR

有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

有安杏果『ココロノオト』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:川浦慧

子役としてデビューし、EXILEなどのバックダンサーを経てももいろクローバーに加入、小柄ながらパワフルなダンスと歌唱力で「小さな巨人」とのキャッチコピーを持つ、有安杏果。日大芸術学部の写真学科を優秀な成績で卒業し、ギターやドラムにも挑戦するなど、常に新しい物事に好奇心を持ち続けている彼女が、ファーストソロアルバム『ココロノオト』をリリースする。

本作は、昨年横浜アリーナで行われた初のソロコンサート、『ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ Vol.0』でも披露され好評を博した楽曲に、新曲を加えた全14曲。クレジットには、小谷美紗子や川上洋平([Alexandros])ら豪華作家陣も名を連ねるが、ほとんどの楽曲を有安自身が作詞・作曲している。しかも、本格的に曲作りを始めてまだ1年ほどというのだから驚きだ。

彼女のバイタリティーは、一体どこからきているのだろうか。ダンサー時代の辛い挫折や喉の手術など、試練を乗り越えるたびに大きく成長してきた彼女に話を聞いた。

自分で曲を作ったり、グループではなかなか出来ないような音楽に挑戦したり、夢がどんどん膨らんでいった。

—アルバムについてお聞きする前に、まずは有安さんがソロ活動を始めた経緯を教えてもらえますか?

有安:小さい頃から、それこそ七夕の短冊に書くような夢として、「歌手としてCDデビューしたい」「大きなステージに立って歌いたい」という思いはあったんです。それで、ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)のメンバーとして、実際にCDをたくさん出させてもらったり、大きな会場で歌わせてもらったりしてきたんですけど、そうした中で「グループでは出来ない表現にも挑戦したい」と思うようになってきて。

最近はメンバーそれぞれがソロライブをやるようになって、私もその機会をいただいた時、せっかくだったらカバー曲だけじゃなく、自分で曲を作ったり、グループではなかなか出来ないような音楽に挑戦してみたいなっていうふうに、夢がどんどん膨らんでいったんです。

有安杏果
有安杏果

—曲作りは昔からしてたんですか?

有安:全然! 今まで曲を作ったことなんてなかったし、どうやって作るかも全くわからなかったんですけど、小さい頃から日記を書いたり、自分が思っていることを文字にしたりするのが好きで、書き溜めていたノートがあるんです。そこから言葉を拾ったり、鼻歌で作ったメロディーを乗せたりしながら、少しずつオリジナル曲を増やしていって。

ちなみにアルバムの曲順は、ノートに書き留めていた順番になっているんですよ。中高生の頃の気持ちが詰まった“心の旋律”から始まって、今年になって作った“色エンピツ”と“ヒカリの声”で終わるっていう構成にしたんです。

—じゃあ、曲を作り始めて1年ちょっとなんですよね? それでアルバム1枚作れるなんて、すごすぎます。

有安:自分でも気づいたらこんなに曲があってびっくりしました(笑)。でもアルバムになるなんて思ってもいなかったし、そのために書いた曲というのはひとつもなくて。

有安杏果

—じゃあ、「ソロアルバムを出そう」って話がきた時は、どんな気持ちでしたか?

有安:「本当に?」って最初はびっくりしました。でも、ふわふわとしている暇もなく、アルバムの曲順を決めたり、アルバムジャケットやPVの衣装を考えたり、全てセルフプロデュースさせていただいて。ライブ衣装は衣装さんとも相談したんですけど、ジャケットやPVではそんなにキラキラした衣装で出たいという願望もなかったので、初めて自分で買いに行ったりして。普段なかなか出来ないことなのでテンションも上がったし、セルフプロデュース自体が本当に楽しかったです。

もちろん、いい評価も悪い評価も全て自分で引き受ける責任はあるし、それを考えると怖い部分もあるんですけど、だからこそ「絶対に妥協はできない!」という気持ちで制作していました。

有安杏果『ココロノオト』ジャケット
有安杏果『ココロノオト』ジャケット(Amazonで見る

—有安さんのバイタリティーには驚くばかりなのですが、普段からアンテナを張って、色んなことをインプットするように心がけているのですか?

有安:元々はそんなに考えていなくて(笑)。ただ漠然と「大きな会場で歌いたい」くらいしか思っていなかったんですけど、ソロライブをやることが決まった時に、「そうか、これからは全部自分でやるんだ」ということに気づいて。

例えば、開演時間はどうするか、チケット代はいくらにするかとか、制作費の予算なども考えました。あれもこれも、というのはムリなので、「一番やりたいのはこれだから、じゃあこっちはちょっと費用を抑えて……」とか、「ここは自前の靴を使おう」とか(笑)。色々考えながらやり繰りしたことですごく勉強になったし、ものの見方も段々変わってきましたね。

有安杏果

—例えば?

有安:撮影の空き時間に、スマホでお洋服を見ていても、以前はただ見ているだけだったのが、「あ、これはあの曲の衣裳に合いそうだな」とか、そういうふうに考えるようになりました。

—普段、目にする色んなものが、どんどん繋がっていくような感じですね。

有安:そうなんです。私、大学は日大芸術学部で写真を学んでいたんですけど、在学中は課題に追われて「撮りたい写真を撮る」というよりは、「この写真をいつまでに撮らなきゃいけない」という感じだったんです。そのおかげで卒業してからも、カメラを持っていないと落ち着かないようになってしまって(笑)。街を歩いていて「この景色は私のあの曲に合うな」とか、「この空の感じは、この曲に合いそうだ」とか、全てリンクしていくようになってきました。

Page 1
次へ

リリース情報

有安杏果『ココロノオト』初回限定盤A
有安杏果
『ココロノオト』初回限定盤A(CD+Blu-ray)

2017年10月11日(水)発売
価格:4,000円(税込)
品番:KICS-93535

[CD]
1. 心の旋律
2. Catch up
3. ハムスター
4. ペダル
5. feel a heartbeat
6. Another story
7. Drive Drive
8. 裸
9. 愛されたくて
10. 遠吠え
11. 小さな勇気
12. TRAVEL FANTASISTA
13. 色えんぴつ
14. ヒカリの声
[Blu-ray]
Music Video
1. ヒカリの声
2. 色えんぴつ
3. Catch up
特典映像
“ヒカリの声”Music Video メイキング映像

有安杏果『ココロノオト』初回限定盤B
有安杏果
『ココロノオト』初回限定盤B(2CD)

2017年10月11日(水)発売
価格:4,000円(税込)
KICS-93536

[CD1]
1. 心の旋律
2. Catch up
3. ハムスター
4. ペダル
5. feel a heartbeat
6. Another story
7. Drive Drive
8. 裸
9. 愛されたくて
10. 遠吠え
11. 小さな勇気
12. TRAVEL FANTASISTA
13. 色えんぴつ
14. ヒカリの声
[CD2]
『ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ Vol.1』LIVE ALBUM
(2017年7月20日「ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ Vol.1」@東京国際フォーラム)
1. ハムスター
2. feel a heartbeat
3. 遠吠え
4. 教育
5. Drive Drive
6. ヒカリの声
7. 色えんぴつ
8. 裸
9. 小さな勇気
10. ペダル
11. TRAVEL FANTASISTA
12. Catch up
13. 愛されたくて
14. Another story
15. 心の旋律
Bonus Track
feel a heartbeat(W Encore ver.)

有安杏果『ココロノオト』通常盤
有安杏果
『ココロノオト』通常盤(CD)

2017年10月11日(水)発売
価格:3,000円(税込)
KICS-3535

1. 心の旋律
2. Catch up
3. ハムスター
4. ペダル
5. feel a heartbeat
6. Another story
7. Drive Drive
8. 裸
9. 愛されたくて
10. 遠吠え
11. 小さな勇気
12. TRAVEL FANTASISTA
13. 色えんぴつ
14. ヒカリの声

イベント情報

有安杏果 ソロコンサート

2017年10月13日(金)
会場:宮城県 仙台サンプラザホール

2017年10月20日(金)
会場:東京都 九段下 日本武道館

プロフィール

有安杏果
有安杏果(ありやす ももか)

1995年3月15日生まれ、埼玉県富士見市出身。幼少期からタレントやキッズダンサーとしての活動を経験し、2009年にももいろクローバー(現ももいろクローバーZ)加入。小柄ながらに見せるパワフルな歌とダンスから、キャッチフレーズは「ちょっぴりおバカな小さな巨人」。メンバーカラーは緑。2016年7月のソロコンサート『ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ Vol.0』を開催しソロ活動を開始。2017年3月、日本大学芸術学部写真学科を卒業。2017年10月11日に初となるソロアルバム『ココロノオト』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度 1

    NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度

  2. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 2

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  3. 『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る 3

    『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る

  4. Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け 4

    Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け

  5. 杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像 5

    杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像

  6. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 6

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  7. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 7

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  8. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 8

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  9. 吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇 9

    吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇

  10. エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開 10

    エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開