特集 PR

ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る

ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る

ドミコ『hey hey, my my?』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:田中一人 編集:久野剛士、矢島由佳子
2017/10/18
  • 244
  • 5

好き。嫌い。熱い。寒い。見たい。触りたい。生きたい。――言葉にすればするだけ、どうしようもなく嘘っぽくなってしまう人の「感情」とか「温度」というものを、驚くほど具体的に表現してしまうから、音楽は信用できる。そして、それを上手くやってのけるから、ドミコは信用できる。

前作『soo coo?』から約1年ぶりとなる、ドミコの2ndアルバム『hey hey,my my?』が届いた。ジャケットには、煌びやかに人魚が踊っている。いつの日かこの世界が海に沈むとして、それでも僕らが手放すことのできない想像力と生命力が、この人魚たちの姿には刻まれている……ような気がする。前作に引き続き、さかしたひかるの単独インタビューをここに送る。こんな書き方、本人は嫌がるだろうけど、やっぱりこの男は天才だ。

かっこいい人は、いつでもかっこいいです。

—今回のアルバム、聴かせていただきました。とても素晴らしかったです。

さかした:ありがとうございます。

—「すごいものを作った」という実感はないですか?

さかした:ないっすね。

—ははは(笑)。

さかした:一応、二枚目のフルアルバムを作るからには、前よりはいいものを作りたいとは思いましたけど、具体的にどこがいいのかは、自分ではよくわからないです。

さかしたひかる(ドミコ)
さかしたひかる(ドミコ)

—そうですか……。

さかした:でも、ネガティブな要素は、前作より減っている気がしますね。今回は、アイドル並みに前向きだなって思いますけど。

—アイドルは必ず前向きなのか? っていう疑問もありまけど。

さかした:(笑)。前向きっていうか、言っていることがシンプルなんです。たとえば一曲目の“マカロニグラタン”は、「マカロニグラタンが美味しい」っていうことを実況しているだけの曲だし。伝えていることは、本当にどうしようもないんですよ。マカロニグラタンって、僕の好きな食べ物の3位か5位に入るんですけど。

—1位と4位が気になりますね(笑)。今作のタイトルである『hey hey,my my?』って、ニール・ヤングの『Rust Never Sleeps』(1979年)に入っている“Hey Hey, My My”から来ているんだろうと思うんですけど、このタイトルの由来は?

ドミコ 2ndアルバム『hey hey,my my?』アートワーク
ドミコ 2ndアルバム『hey hey,my my?』アートワーク

さかした:それも特に意味はないです。本来、この言葉に付随してくる意味も関係ないですね。単純に、「ドミコの2ndアルバムが『hey hey,my my?』だったら面白くね?」っていう(笑)。

—「面白くね?」って(笑)。さかしたさんは、この言葉の持つ歴史的な意味は知っていたんですか?

さかした:いや、知らなかったです。つけた後で人に教えてもらって、「そうなんだぁ」っていう。ニール・ヤングの曲自体は聴いていましたけど、僕はニール・ヤングではアコースティックな曲の方が好きだし、曲の深い意味も調べたことはなかったです。なので、後から「わりと重い言葉だなぁ」って気づきました。

—重いですよね。

さかした:へへへ(笑)。

—「へへへ」って(笑)。

さかした:でも、字面はかわいいですよね。

—……。一応、ニール・ヤングの“Hey Hey, My My”について説明しますね。この曲は、1970年代の後半、パンクロック全盛の時代に生まれた曲で。当時、パンクの象徴的な存在だったSex Pistolsのジョニー・ロットンが「ロックは死んだ」と発言した。その言葉に対して、ニール・ヤングはこの曲で<Rock and roll can never die>、つまり「ロックンロールは死んでいない」と歌ったんです。そういう歴史的な一曲なんですけど、その意味を後から聞いて、さかしたさんはどう思いましたか?

さかした:正直、めっちゃどうでもいいです。

—なぜでしょう?

さかした:そういうことに関心がないんですよ。ロックはどうとか、時代がどうとか、興味ないんです。かっこいい人は、いつでもかっこいい。ドミコ自体、流行とか、時代とかを感じながら活動しているバンドじゃないので。

好きなアーティストに対しては「その人」自体を好きになるんです。

—じゃあ、この“Hey Hey, My My”について、もうひとつ歴史的なエピソードを説明すると、1990年代を代表するロックアイコンであるNirvanaのカート・コバーンは、1994年に自殺したとき、この曲の歌詞を遺書に引用しました。<It's better to burn out than to fade away(消え去るより、燃え尽きた方がいい)>という個所なんですけど。これについてはどうですか?

さかした:カート・コバーンかぁ……。僕、Nirvanaにはそこまでどっぷりハマったことがないんですよね。めちゃくちゃカリスマ感がすごいですよね、カート・コバーンって。

—そうですね。そのカリスマ性に惹かれている人は多いと思います。

さかした:僕は、あんまり興味が湧かなかったんですよね。

—でも、思春期の頃って、カート・コバーンのようなカリスマに、無条件に惹かれたりしませんか?

さかした:そういうのは、ありますね。僕の中学生の頃のカリスマは奥田民生でした。毎日、ユニコーンとソロを聴いて、DVDをずっと見ている生活をしていましたから。

「どの曲も好き」っていうぐらい、奥田民生が好きですね。盲目的に好きです。「どこがいい」とかじゃなく、「全部がいい」っていう。僕、好きなアーティストに対して、「その人」自体を好きになるっていう感じなんですよ。

さかしたひかる(ドミコ)

—「人」ですか。

さかした:奥田民生って、歌もギターも超上手いけど、「ボーカリスト」とか「ギタリスト」っていう呼び方はピンとこない。「奥田民生でしかない」っていう感じがするじゃないですか。

他に好きなアーティストで言うと、Deerhunter(アメリカのロックバンド)のボーカル(ブラッドフォード・コックス)もそうだし、さっき言ったニール・ヤングもそうですね。彼は思想家であり、活動家的な側面もあると思うけど、僕自身、そこにはあまり興味がなくて。そういうのを全部抜きにしたところで、ステージ上の「人」としての魅力に惹かれる。ごく普通に、自然体であるところが好きというか。

Page 1
次へ

リリース情報

ドミコ『hey hey,my my?』
ドミコ
『hey hey,my my?』(CD)

2017年10月18日(水)発売
価格:2,500円(税込)
RED-0009

1. マカロニグラタン
2. こんなのおかしくない?
3. ロースト・ビーチ・ベイベー
4. ミッドナイトネオン
5. 怪獣たちは
6. バニラクリームベリーサワー
7. 家出をして
8. 深海旅行にて
9. くじらの巣(album ver.)
10. 幽霊みたいに

イベント情報

『ドミコ「hey hey,my my?」 Release Tour』

2017年10月29日(日)
会場:埼玉県 北浦和 KYARA

2017年12月3日(日)
会場:宮城県 仙台 enn 3rd

2017年12月8日(金)
会場:福岡県 graf

2017年12月9日(土)
会場:広島県 スマトラタイガー

2017年12月10日(日)
会場:愛知県 名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL

2017年12月15日(金)
会場:北海道 札幌 ベッシーホール

2017年12月22日(金)
会場:大阪府 心斎橋 Pangea

2017年12月24日(日)
会場:東京 新代田 FEVER

料金:各公演 前売2,500円(ドリンク別)

プロフィール

ドミコ

2011年結成。さかしたひかる(Vo/Gt)と長谷川啓太(Dr)の2人からなる独自性、独創性で他とは一線を画す存在として活動。自主制作盤『わお、だいびんぐ』(現在入手不可)、全国流通盤『深層快感ですか?』(2014/12/07 release)と『Delivery Songs』(2015/06/24 release)のミニアルバム二枚をリリース。これまで、全てセルフレコーディング、セルフミックスで制作を行ってきた。バンドの音楽性はガレージ、ローファイ、サイケ等多面的に形容される事が多いが、その個性的なサウンドは確実にドミコそのもの。2016年11月9日初めてのフルアルバム『soo(そー) coo(くーる)? 』をリリース。2017年Space Shower TVが年間通して新人アーティストをPUSHする「NEW FORCE 2017」10組に、またApple Music「今週のNEW ARTIST」にも選ばれる。7月、FUJI ROCK FESTIVAL’17に初出演を果たした。

関連チケット情報

2017年10月29日(日)〜12月9日(土)
ドミコ
会場:ライブハウスKYARA(埼玉県)
2017年11月25日(土)
愛はズボーン presents 「アメ村天国2017」
会場:心斎橋アメリカ村周辺のライブハウス6会場(大阪府)
2017年12月3日(日)
ドミコ
会場:LIVE HOUSE enn 3rd(宮城県)
2017年12月8日(金)
ドミコ
会場:graf(福岡県)
2017年12月10日(日)
ドミコ
会場:CLUB ROCK’N’ROLL(愛知県)
2017年12月15日(金)
ドミコ
会場:BESSIE HALL(北海道)
2017年12月22日(金)
ドミコ
会場:LIVE HOUSE Pangea(大阪府)
2017年12月24日(日)
ドミコ
会場:LIVE HOUSE FEVER(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Suchmos“WIPER”

『日本レコード大賞』最優秀アルバム賞を受賞するなど、まさに「今年の顔」だったSuchmos。のべ2万5千人動員の全国ツアーを揺らしたアッパーチューン“WIPER”のMVには、7月に開催された日比谷野音ライブの映像を使用。カラフルでアーティスティックなアニメーションを加えて、とどまるところを知らない彼らの勢いと躍動感を伝えている。監督は山田健人。(佐伯)

  1. マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展 1

    マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展

  2. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 2

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」

  3. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 3

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  4. 『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」 4

    『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」

  5. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 5

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  6. 広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』 6

    広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』

  7. 現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら 7

    現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら

  8. 長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル 8

    長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル

  9. KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに 9

    KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに

  10. 『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』 10

    『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』