特集 PR

一ノ瀬雄太×シンボパン店主対談。イマドキの仕事・消費・交友

一ノ瀬雄太×シンボパン店主対談。イマドキの仕事・消費・交友

LUMINE ZERO MARKET
インタビュー・テキスト
田中宏
撮影:鈴木渉 編集:久野剛士

多くのモノがインターネットで買えてしまういま、「店に足を運ぶ」行為には、単純な買い物以上の価値がある。10月21日、22日にNEWoMan新宿5F・LUMINE 0で開催される『LUMINE ZERO MARKET』は、多彩なクリエイターやショップが集い、「選ぶ」ことや「出会う」ことを楽しめる予感に満ちたイベントだ。

このイベントでキュレーターを務めるのは、一ノ瀬雄太とシンボユカの二人。デザイナーであり、ロックバンド「快速東京」のギタリストとしての顔も持つ一ノ瀬。立川のパン屋「シンボパン」の店主であり、様々なイベントのケータリングでも活躍するシンボ。どうして二人は多くの出店者を集められるネットワークを持っているのか。そしてマーケットイベントにどのような価値を見出しているのか。彼らが感じているという時代の変化とともに語ってもらった。

遊びと仕事の境目がよくわからないんですよね。(一ノ瀬)

―今回の『LUMINE ZERO MARKET』でキュレーターを務められる一ノ瀬さんとシンボさんは、普段、それぞれ別のお仕事をされていますね。イベントの仕事とどう両立されたのでしょうか?

シンボ:私はただのパン屋なので基本的には仕事の時間外で動きます。でも今回のお話があったのが夏休みに入るときだったのでちょうど時間がうまく使えて出店してほしい方を誘いに行ったりしていました。こういう仕事が入れば、対応できるように頭が切り替わるので、そのへんはうまくやっていますね。一ノ瀬さんのほうが仕事量が多いから大変じゃないですか?

一ノ瀬:僕の場合、デザインもバンドも、仕事といえば仕事だけど、全部楽しいし、遊びと仕事の境目がよくわからないんですよね。大変なことはありますけど、好きなことをやってお金をもらっているので、「仕事、やだなー」という感覚とは違うんです。シンボさんはどうですか?

左から:一ノ瀬雄太(快速東京)、シンボユカ
左から:一ノ瀬雄太(快速東京)、シンボユカ

シンボ:結果的に楽しいと思うんですけど、苦しいときもいっぱいありますよ。ただ、一ノ瀬さんと違って自分にとってパンを作ることと、このイベントをやることは、また違うかもしれない。どっちも本気なのは変わらないけど、「このイベントを仕事でやっています」と言ったら、怒られることも多いと思うんですよ。

『LUMINE ZERO MARKET』イベントポスター
『LUMINE ZERO MARKET』イベントポスター(イベント情報を見る

―今回のイベントに関して、ご本人たちにとっては、好きな人を呼んで、楽しいことをしているだけという感覚なのでしょうか?

一ノ瀬:大変なところは、みなさんが協力してくれているので。

シンボ:そうなんです。協力があるからですよね。

一ノ瀬:参加者みんなで作るお祭りにしたくて。イメージとしては文化祭なんですよね。

一ノ瀬雄太(快速東京)

買い物はやっぱり実物を見ないとよさは伝わらない。(シンボ)

―今回、イベントのキュレーターを務めるにあたって、その他に意識されたことはありますか?

シンボ:いまはマーケットイベントがたくさんあるから、その中で「普通だったらやれないけど、ここだったらやれそうだよね」みたいな可能性が広がるイベントになればいいなと思っていて。私がキュレーションした『宝のもちぐされ市』もルミネ立川でやったんですけど、「ルミネでなんでも揃っちゃう」と言う人と、ルミネにまったく足を運ばない人がいて、私は「どっちの人も来ればいいじゃん」という感じでやったんです。

私のお店がある立川には、大きい商業施設もいっぱいあって、「お客さんを取られちゃう」と文句を言う個人店も多いんです。でも、私はうまく乗っかって、大型の商業施設と私たちがやっているような個人店がお互いにいいものを出し合って、歩くのが楽しい街になればいいなと感じていて。これもその延長だと思っています。

シンボユカ

一ノ瀬:作家が手作りした一点物の作品を取り扱う機運が高まっていると思っています。ネットでなんでも買えるからこそ、作家から直接一点モノを買うことが、より楽しくなって来ていると思いますね。そして、それは飲食も同じ。自分が気に入ったパン屋さんで買うとか。

友人が国産のピーナッツバターブランドをやっていて、日本のピーナッツは世界で一番高級と言われているそうなんですけど。数千円で朝食が楽しくなる。そういうことに、いまものすごい関心が集まっていると思うんですよ。

―確かに、高い缶詰なども流行っていますね。

一ノ瀬:ハワイで1週間豪遊するよりも「ちょっと幸せな週末」を楽しんでいるって感じ。それもインターネットで注文するだけでなくて、自分で足を運んで、気に入ったものを買って帰る。そういうカルチャーが盛り上がってますよね。それをルミネでやることが、今回の僕なりに意識していることですね。

シンボ:会ってもらうことも大事ですよね。誰かお目当ての作家がいる人も多いと思うんですけど、足を運んでみたら、いままで知らなかったモノや人と出会える。そういう場所になったらいいなって。

いまはモノを見ないで買うことが多くなっているけれど、やっぱり実際に見ないとよさは伝わらない。さらに作り手の顔が見えることで、もっとよさが伝わるから、こういうイベントは大事だと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『LUMINE ZERO MARKET』

2017年10月21日(土)、10月22日(日)
会場:東京都 新宿 LUMINE 0(NEWoMan新宿・5F)
入場無料

プロフィール

一ノ瀬雄太(いちのせ ゆうた)

ロックなグラフィックデザイナーとしてクリエイティブチーム「CEKAI」に所属。またロックバンド快速東京のギターでもある。雑誌『走るひと』、雑誌『STUDY』のアートディレクションを始め、さまざまな媒体のデザインに携わりながら、『シティボーイ縁日』などといったイベントのオーガナイズも手がける。快速東京は現在ニューアルバムを製作中。

シンボユカ

2010年12月、立川にてパンと喫茶の店、シンボパンを始める。毎日食べたくなってしまう素朴でおいしいものがとてもすき。お店のコンセプトは「あなたの街のふれあいの店」。また、店内では音楽や展示などのイベントを開催したり、さまざまなアーティストのケータリングにも参加し活動の幅を広げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を