特集 PR

野田秀樹はなぜ英語劇に取り組むのか。言語が違う演劇の魅力とは

野田秀樹はなぜ英語劇に取り組むのか。言語が違う演劇の魅力とは

インタビュー・テキスト
内田正樹
撮影:井上嘉和 編集:宮原朋之

野田秀樹が作・演出・出演を手掛ける『“One Green Bottle”~表に出ろいっ!English version~』が11月1日より東京芸術劇場シアターイーストで上演される。本作は野田が2010年に上演した『表に出ろいっ!』を基にして作られた英語版最新作だ。臨月を迎えた飼い犬に付き添うための留守番を逃れようと牽制し合う母、父、娘。観客は爆笑の果てにやがてパニックに陥る家族の衝撃的な結末を目にすることになる。

野田にとって9年ぶり4作目の英語劇となる今作では、気鋭のイギリス人脚本家と俳優を迎え、野田本人は初演と同じく母を演じる。そして本編と同時進行する、大竹しのぶと阿部サダヲによる日本語吹替えのボイスオーバーが話題だ。このインタビューでは、初演と今作の違いから導き出される、彼の英語劇に取り組む考えについて語ってもらった。

世界中どこへ行っても、役者や演劇の「良いものを作ろう」という姿勢に違いなんてない。

―野田さんにとって、日本語の戯曲を英語劇で上演する面白さは、どんなところにあるのでしょうか?

野田:台詞が日本語から英語になった時点で、戯曲は全く違うものになるんです。日本語なら自分も役者としてある程度は操る自信があるけど、英語だと不自由さを抱えたままで台詞に向き合うから、むしろ日本語のときよりも丁寧に言葉を扱う自分がいます。その不自由な段階から徐々に自由が利くようになっていく過程が楽しいし、この面白さを一度知ったら、もうやめられないですね。

野田秀樹
野田秀樹

『THE BEE English Version』(2012年)東京公演の様子 撮影:谷古宇正彦
『THE BEE English Version』(2012年)東京公演の様子 撮影:谷古宇正彦

―野田さんは夢の遊眠社解散後、1992年から93年にかけてロンドンへ演劇留学をして、帰国後、現在のNODA・MAPを設立しました。以降、取り組み続けている英語劇を通じて、イギリスの演劇文化に対する意識に変化はあったのでしょうか?

野田:理解が深まる一方で、イギリスの演劇の奥行きがあらためて分かった部分もあります。イギリスへ渡った最初の頃は、向こうの日本人関係者やプロデューサーの連中から、「すごく大変だよ」とよく脅されたんですよ。

しかし、もちろん細かな違いはあるけれど、実際にはイギリスだろうが日本だろうがそう変わらないんだよね。世界中どこへ行っても、役者や演劇の「良いものを作ろう」という姿勢に違いなんてない。これはイギリスだけではなくて、私がアジアで仕事したタイの役者でも韓国の役者でも同じように感じます。

初演の『表に出ろいっ!』の終盤では、体力が限界で本当に立ち上がれなくなっていた(笑)。

―今回の原典である初演の『表に出ろいっ!』は、日本人らしい価値観が多分に描かれている戯曲でした。

野田:日本人ってパニックを起こさない限りは、とても良い人種だと思います。過ごしやすい国だし、人当たりもかなり良い方でしょ? ただ、パニックになると判断を誤ったり残酷な面が現れたりするんですよね。

そういう特徴に気付けたのは、海外の人間と深く仕事をしたからかもしれない。深く仕事をすればピンチも迎えることもあるんだけど、イギリスの劇場の人間はそういうときに強さを発揮する。ばたばたしないし、おろおろしないんですよ。

『表に出ろいっ!』(2010年) 撮影:篠山紀信
『表に出ろいっ!』(2010年) 撮影:篠山紀信

―反面、そういうときの日本人の弱さに野田さんは興味をそそられるようですね。

野田:そうですね(笑)。鎖に繋がれてパニックになるとか、水や食べ物が無くなったときのパニックに対するアプローチが、日本人である僕と外国人俳優では、それぞれ違うのが面白いところです。

僕が日本人的に慌てふためこうとするのに対して、彼らはおそらく「どこかに出口はないのか?」と目を配ると思う。そこが背丈も肌の色も違う者同士が同じ舞台に上がることの楽しさですね。

いろんな役者がいるとはいえ、日本の役者同士だと考え方もどこか同質な部分がありますよね。やっぱり、異なる価値観と出会うには海外に出るのが最も手っ取り早いんじゃないかな。

―野田さんは以前、『表に出ろいっ!』の初演を振り返って「(運動量の多さから)くたくたになるんだけど、舞台上の3人にしか分からないグルーヴの共有がある」と語っていましたね。

野田:終盤は物語の演出として、役者は立ち上がらないんだけど、体力が限界で本当に立ち上がれなくなってました(笑)。特に初演時に共演した中村勘三郎とは同い年で、舞台で1時間以上を共に駆け回ったもの同士だからこそ分かち合えるグルーヴもあったね(笑)。

『表に出ろいっ!』(2010年)で共演する中村勘三郎と野田秀樹 撮影:篠山紀信
『表に出ろいっ!』(2010年)で共演する中村勘三郎と野田秀樹 撮影:篠山紀信

僕が死んだら、それを誰かが受け継いでくれればいい。それが「文化」というものだから。

―その中村勘三郎さんへのオマージュとして書き下ろした、今年1月の『足跡姫 時代錯誤冬幽霊』にはじまって、八月納涼歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』、そして11月は勘三郎さんと共演した『表に出ろいっ!』の英語劇と、野田さんにとって今年は「勘三郎イヤー」と言える1年となりそうですね。

野田:歌舞伎は2年前から計画していたので、実は去年やろうと思っていたのが、結局着地してみたら今年になったんです。これもなにかの因縁かもしれないですね。

NODA・MAP第21回公演『足跡姫~時代錯誤冬幽霊~』 撮影:篠山紀信
NODA・MAP第21回公演『足跡姫~時代錯誤冬幽霊~』 撮影:篠山紀信

―勘三郎さんが惜しくも旅立ってから12月で5年が経ちます。いまの野田さんのなかで勘三郎さんとはどういう存在でしょうか?

野田:彼と密に仕事をしたのは実質10年ほどですが、それは濃密な時間でした。たまたま同い年で、『表に出ろいっ!』や『野田版 研辰の討たれ』、『野田版 鼠小僧』で共にして、舞台の楽しさもリスクも分かち合った仲です。どちらかと言えば向こうが俺に無理難題を持ちかけてくることのほうが多かったけど(笑)、お互いに話しやすい存在だったみたいだね。

野田秀樹

野田:彼は亡くなってしまったけど、彼と過ごした10年から得たものは、自分の心の底で船の錨のように沈んでいて、もう自分はそこからそう遠くへは行かないだろうと思っています。仮に僕が長生きしたとしても、あと30年かそこらでしょ? 勘三郎との10年は、その程度の時間で朽ちて無くなるような錨じゃない。

いま生きているからには、自分にもなにか役割があるのだと思っています。だから彼がずっとやろうとしていた新しい歌舞伎についても、自分がやれることは今後もやっていきたいですね。そして僕が死んだら、それを誰かが受け継いでくれればいい。それが「文化」というものだから。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『“One Green Bottle”~「表に出ろいっ!」English version~』

作・演出:野田秀樹
英語翻案:ウィル・シャープ
出演:
キャサリン・ハンター
グリン・プリチャード
野田秀樹
演奏:田中傳左衛門
日本語吹替え:大竹しのぶ、阿部サダヲ、野田秀樹

プレビュー公演
2017年10月29日(日)、10月31日(火)全2公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
料金:一般5,000円 65歳以上4,000円 25歳以下2,500円
※英語上演・イヤホンガイド(日本語吹替え)付

東京公演
2017年11月1日(水)~11月19日(日)全22公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
料金:一般6,000円 65歳以上5,000円 25歳以下3,000円 高校生割引1,000円
※英語上演・イヤホンガイド(日本語吹替え)付

ソウル公演
2017年11月23日(木・祝)~11月26日(日)
会場:韓国 ソウル 明洞芸術劇場

プロフィール

野田秀樹(のだ ひでき)

1955年長崎県生まれ。劇作家・演出家・役者。2009年より、東京芸術劇場芸術監督に就任。多摩美術大学教授。東京大学在学中に劇団夢の遊眠社を結成。解散後、ロンドンに留学。帰国後、NODA・MAPを設立し、『キル』『オイル』『THE BEE』『エッグ』『足跡姫~時代錯誤冬幽霊~』などを発表し高い評価を得る。海外での創作活動や、歌舞伎を手掛ける。2015年より『東京キャラバン』の総監修を務め、「人と人が交わるところに文化が生まれる」をコンセプトとした文化サーカスを日本各地で展開。コンセプトに賛同する多種多様な表現者らと、文化「混流」による独自のパフォーマンスを創作、発表し多くの観客を魅了した。2017年、八月納涼歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』を上演。表現のジャンル、国境を超え、精力的に創作活動を行う。

関連チケット情報

2017年10月29日(日)〜11月19日(日)
「表に出ろいっ!」English version One Green Bottle
会場:東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度 1

    NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度

  2. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 2

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  3. 『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る 3

    『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る

  4. Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け 4

    Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け

  5. 杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像 5

    杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像

  6. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 6

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  7. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 7

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  8. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 8

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  9. 吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇 9

    吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇

  10. エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開 10

    エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開