特集 PR

w-inds.橘慶太×Need6 鎖国化した日本の音楽シーンを変えたい

w-inds.橘慶太×Need6 鎖国化した日本の音楽シーンを変えたい

w-inds.
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:豊島望 編集:山元翔一

今夏にw-inds.とCINRA.NETのコラボレーション企画『w-inds.「We Don't Need To Talk Anymore」リミックスコンテスト』が実施された。コンテストの対象となった曲は、橘慶太がw-inds.で初めてセルフプロデュースを手がけた楽曲。彼はコンテストにあたって、新たな才能との出会いの機会になることを強く望んでいることを明かした――すべては日本の音楽シーンに革新的な変化を起こすために。

同企画のグランプリを獲得したのは、ベースミュージックを得意とする関西在住のトラックメイカー、Need6。二人の対話は慶太がNeed6のリミックス音源に惹かれたポイントにはじまり、やがて今後のJ-POPシーンに起こるべき地殻変動について話題がスライドしていった。

ちゃんと自分で音を美しく作り上げられるトラックメイカーじゃなきゃ、今後生き残っていけないと思う。(慶太)

―先ほど挨拶を交わしたときに、慶太くんとNeed6さんが同じ誕生日ということが判明したんですよね。

慶太:そう、同じ12月16日なんです。

Need6:今回のリミックスコンテストのニュースがTwitterに流れてきて、「リミックスコンテストをやるJ-POPグループがいるんだな」と思ったんですね。それでw-inds.さんについていろいろ調べているなかで、慶太さんと誕生日が一緒ということを知ったんですけど、これもひとつの縁かなと思って。

慶太:誕生日が一緒だったからグランプリに選びました(笑)。

―めっちゃ嘘ついてますけど(笑)。

Need6:僕は生年月日を公表してなかったですからね(笑)。

橘慶太(w-inds.)
橘慶太(w-inds.)

Need6
Need6

―まずは慶太くんから今回のコンテストの総評をいただいていいですか。

慶太:人によって、こんなに感性が違うんだなと改めて思いました。自宅スタジオで100曲以上のリミックス音源を聴かせていただいて、自分の感覚がベストじゃないし、人それぞれのベストがあるということを思い知らされたのがすごくよかった。僕ももっと柔軟な感覚を持たなきゃいけないと思えましたし、自分にあるステレオタイプな考えがひとつ取り払われたというか、いい刺激をもらえましたね。

―本当にいろんなタイプのリミックス音源があったと思いますが、そのなかでNeed6さんのリミックスをグランプリに選んだポイントは?

慶太:まず、音がめちゃくちゃよかったんです。ミックスがすごく好きでした。「音がちゃんとしている」と言うと偉そうですけど、しっかり音の静動を使い分けていて、変な音の濁りもなく、ダントツでミックスが美しいと思いました。

「リミックスコンテストでミックスが選考ポイントってどうなの?」っていう意見もあるかもしれないですけど、今の時代はトラックメイカーが自分でミックスできて当たり前なので。ちゃんと自分で音を美しく作り上げられるトラックメイカーじゃなきゃ、今後生き残っていけないと思うんです。だからNeed6さんの洗練されたミックスにすごく惹かれました。

「CINRA.NET賞」の受賞者artpaixと「最優秀賞」の受賞者Need6
「CINRA.NET賞」の受賞者artpaixと「最優秀賞」の受賞者Need6(リミックス曲をSoundCloudで聴く

慶太さんがJ-POPのあり方を変えたいと思っていることを知って、その思いに共感しました。(Need6)

―慶太くんの言葉を受けてどうですか?

Need6:まず、僕がやっているベースミュージックと、w-inds.がやっている現行のアメリカのポップスを意識した音楽では、ミックスのやり方が根本的に違うと思うんです。慶太さんの意識としては、ミックスはいかに音源一つひとつの出音を太く聴かせられるかをポイントにされていると思うんですけど、僕の場合は音を潰したうえで、空間全体で迫力のある音像を作ることを意識していて。

Need6:ベースミュージックでは、迫力のある音圧のなかでいかに綺麗に音を配置して、隙間のないきれいな音像を作れるかが大事なんです。でも、ポップスはそもそも隙間を大事にするところがあるじゃないですか。そういう違いがあるなかで、慶太さんがミックスをポイントに選んでくれたのは意外でした。

慶太:なるほど。音の潰し方にしてもいろんなやり方があると思うんですけど、潰し方もダントツにクリアで、とにかく音が格段によかったですよ。これはすごい武器だと思いますね。

Need6:ありがとうございます。試行錯誤して手に入れた音なのでうれしいです。

左から:Need6、橘慶太

―Need6さんがw-inds.に対して抱いていた印象を教えていただけますか?

Need6:普段の僕は海外のクラブミュージックばかり聴いてるので、申し訳ないんですけど、J-POPには疎くて……僕が知っているw-inds.さんは、それこそデビュー当時のフレッシュな印象のままで。

慶太:かわいい時代の頃ね。自分で言っちゃった(笑)。

Need6:(笑)。なので、「w-inds.さんがリミックスコンテストをやるってどういう曲なんだろう?」と思って。それで、“We Don't Need To Talk Anymore”を聴いたときに――上から目線のような言い方で申し訳ないんですけど、ビックリしたんです。

海外のチャートを強く意識したトラックを昇華したポップスで、曲調だけではなく、ミックスや音作りの面でもかなり海外のレベルに近いものだと感じました。それでリミックスコンテストをやることになった経緯を調べて、慶太さんがJ-POPのあり方を変えたいと思っていることを知ったんです(参考記事:橘慶太が明かす、アイドルではいられなかったw-inds.の熱い本音)。その思いに共感して今回参加させてもらいました。

Page 1
次へ

プロジェクト情報

w-inds.「We Don't Need To Talk Anymore」リミックスコンテスト

橘慶太のセルフプロデュース楽曲として、国内外から大きな評価を得た“We Don't Need To Talk Anymore”をあなたの自由な発想でリミックスしていただき、橘慶太に戦いを挑んでください。「最優秀賞」受賞者には橘慶太とのコライト作品の制作、橘慶太とCINRA.NETで対談インタビューの権利が授与されます。

特典:
[最優秀賞|w-inds. Choice]
・橘慶太とのコライト作品を制作
・橘慶太とCINRA.NETで対談インタビュー
※w-inds.メンバー審査により決定

[CINRA.NET賞|CINRA Choice]
・CINRA.NETにて、橘慶太と対談インタビュー
※CINRA.NETスタッフによる審査で決定

リリース情報

w-inds.『w-inds. LIVE TOUR 2017
w-inds.
『w-inds. LIVE TOUR 2017 "INVISIBLE”』初回限定盤(2DVD+ブックレット)

2017年11月29日(水)発売
価格:6,400円(税込)
PCBP-53225

[DISC1]
1. Come Back to Bed
2. Backstage
3. Complicated
4. No matter where you are
5. TABOO
6. CAMOUFLAGE
7. wind wind blow
8. We Don't Need To Talk Anymore
9. Separate Way
10. In your warmth
11. A Trip In My Hard Days
12. ORIGINAL LOVE
13. Boom Word Up
14. Players
15. Drop Drop
16. Time Has Gone
17. Let's get it on (Reflection Remix by DMD)
18. Superstar (Reflection Remix by DMD)
19. SAY YES (Reflection Remix by DMD)
20. New World (Reflection Remix by DMD)
EN1. FANTASY
EN2. In Love With The Music
EN3. Feel The Fate
[DISC2]
1. Time Has Gone -Choreo Video (Live Version)-
2. Behind The Scene -Tour Pamphlet Shooting-

w-inds.『w-inds. LIVE TOUR 2017
w-inds.
『w-inds. LIVE TOUR 2017 "INVISIBLE”』通常盤(2DVD)

2017年11月29日(水)発売
価格:5,300円(税込)
PCBP-53226

[DISC1]
1. Come Back to Bed
2. Backstage
3. Complicated
4. No matter where you are
5. TABOO
6. CAMOUFLAGE
7. wind wind blow
8. We Don't Need To Talk Anymore
9. Separate Way
10. In your warmth
11. A Trip In My Hard Days
12. ORIGINAL LOVE
13. Boom Word Up
14. Players
15. Drop Drop
16. Time Has Gone
17. Let's get it on (Reflection Remix by DMD)
18. Superstar (Reflection Remix by DMD)
19. SAY YES (Reflection Remix by DMD)
20. New World (Reflection Remix by DMD)
EN1. FANTASY
EN2. In Love With The Music
EN3. Feel The Fate
[DISC2]
1. Documentary of RYOHEI
2. Documentary of KEITA
3. Documentary of RYUICHI
※メンバーそれぞれの視点でのツアーのメイキング映像3本を収録

w-inds.『w-inds. LIVE TOUR 2017
w-inds.
『w-inds. LIVE TOUR 2017 "INVISIBLE”』通常盤(Blu-ray)

2017年11月29日(水)発売
価格:6,400円(税込)
PCXP-50541

1. Come Back to Bed
2. Backstage
3. Complicated
4. No matter where you are
5. TABOO
6. CAMOUFLAGE
7. wind wind blow
8. We Don't Need To Talk Anymore
9. Separate Way
10. In your warmth
11. A Trip In My Hard Days
12. ORIGINAL LOVE
13. Boom Word Up
14. Players
15. Drop Drop
16. Time Has Gone
17. Let's get it on (Reflection Remix by DMD)
18. Superstar (Reflection Remix by DMD)
19. SAY YES (Reflection Remix by DMD)
20. New World (Reflection Remix by DMD)
EN1. FANTASY
EN2. In Love With The Music
EN3. Feel The Fate
・Documentary of RYOHEI
・Documentary of KEITA
・Documentary of RYUICHI
※メンバーそれぞれの視点でのツアーのメイキング映像3本を収録

プロフィール

w-inds.
w-inds.(ういんず)

橘慶太、千葉涼平、緒方龍一からなる3人組ダンスボーカルユニット。2000年11月から毎週日曜日、代々木公園や渋谷の路上でストリートパフォーマンスを開始。2001年3月14日にシングル『Forever Memories』でデビュー。同年リリースされた1stアルバム『w-inds.~1st message~』はオリコンチャート1位を記録。これまでに日本レコード大賞 金賞7回、最優秀作品賞1回を受賞し、NHK紅白歌合戦には6回出場と、実力・人気を不動のものとした。その活躍は、台湾・香港・韓国・中国・ベトナムなど東南アジア全域に拡がり、海外でも数々の賞を受賞。台湾ではアルバム4作連続総合チャート1位を記録。日本人として初の快挙を達成。21世紀という新しい時代に日本を中心に、世界中へ新しい風を巻き起こし続けている、男性ダンスボーカルユニット―――それがw-inds.である。

Need6(にーどしっくす)

2014年よりクラブミュージックプロジェクト「Need6」として、インターネット上をフィールドに活動を開始。Dubstepを主体としたエレクトロ・ベースミュージックを得意とし、壮大な世界観とパワフルかつ繊細なサウンドメイキングを織り交ぜた楽曲を制作する。2015年にリリースした“Next Thursday”は登録者10万人の大手YouTubeチャンネルにピックアップされ注目を集める。その後国内外問わず多くのレーベルと契約、コンペでの優勝を重ね、Fractalなど多くの著名アーティストからサポートを受ける。そして、世界最大規模のEDMレーベル「Monstercat」で活躍するAu5にその才能を見出され、「Au5 – Freefallリミックスコンテスト」でWinnersに選出される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

THE CARTERS“APES**T”

THE CARTERS“APES**T”MV。「世界で最も稼ぐカップル」JAY-Zとビヨンセがルーヴル美術館を貸し切りにして撮影。『モナ・リザ』『サモトラケのニケ』といったマスターピースの前でラップし、踊る2人の姿を映したカットは、どれも芸術作品のように美しい。歴史的な名画の数々を撮影用の小道具に変えてしまう夫婦、恐るべし。(久野)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現