特集 PR

堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

堀込泰行『GOOD VIBRATIONS』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧、矢島由佳子

女優・のんのカバーによる“エイリアンズ”が大きな話題を呼ぶ中、その作者である堀込泰行が気鋭の若手アーティストとのコラボレーションを集めたEP『GOOD VIBRATIONS』を完成させた。昨年発表したソロのファーストアルバム『One』は王道感のある作品だったが、本作ではD.A.N.、tofubeats、□□□、シャムキャッツ、WONKというバラエティー豊かな5組を迎え、明確な新境地を切り開いている。

そんなコラボレーターの中からD.A.N.の櫻木大悟を迎え、堀込泰行との対談を行った。それぞれの音楽性は大きく異なるものの、「シンプルな中に美しさを見出す」という意味では共通性があり、また櫻木は以前から歌詞の影響源としてキリンジの存在の大きさを語っている。そこで今回は、7インチシングルにもなっているコラボ曲“EYE”の制作過程を紐解きつつ、特に「言葉」にスポットを当て、二人の歌詞に対する考えを訊いた。

日本語の歌詞に関してはホントに一番影響を受けました。いつもモデルになってます。(櫻木)

―今回異色とも言えるコラボ作をリリースすることになったのはどんな経緯があったのでしょうか?

堀込:単純に、自分の音楽を聴いてくれる人の裾野をもっと広げたいと思ったんです。あと、ちょうど『One』(2016年10月発売、ソロ1stアルバム)を出した後くらいに、最近若い人のいいバンドがたくさん出てきてるって聞きまして、そういう人たちと一緒にやるなら、自分とは全然違うタイプの人と一緒にやりたいなって。そのふたつが組み合わさって、今回こういう形になりました。

堀込泰行
堀込泰行

―『One』はサウンドの新しさよりも、シンプルにいいメロディーを追求した作品でしたが、そういう作品を一枚作ったからこそ、次はもっとチャレンジをしようと思ったのでしょうか?

堀込:いや、やる前はもうちょっと軽い気持ちで、何か違うことにチャレンジするぞっていうより、もっと単純な好奇心でした。なので、最初はもうちょっとシンプルなコラボレーションをイメージしてたんですけど、結果的にはそれぞれのアーティストとしっかり意見を言い合って、想像よりも濃密なコラボレーションができたので、それはよかったですね。実際、今回のEPを作り終わってから、自分の曲がこんな風に生まれ変わるんだって感銘を受けました。

堀込泰行『GOOD VIBRATIONS』CDジャケット
堀込泰行『GOOD VIBRATIONS』CDジャケット(Amazonで見る

―大悟くんにとって、キリンジであり泰行さんはどんな存在だと言えますか?

櫻木:単純に、ものすごいファンです(笑)。大学のころ、文化祭のステージに出るためのオーディションがあったんですけど、キリンジのコピーバンドで通ったんですよ。演奏は下手くそだったんで、曲がいいから通っただけだと思うんですけど(笑)。そのときコピーしてみて、「俺このコード弾けないや」みたいな、すごく難解な部分があるのもわかったし、あと日本語の歌詞に関してはホントに一番影響を受けました。「こういう歌詞を自分でも書きたいな」って、いつもモデルになってます。

櫻木大悟(D.A.N.)
櫻木大悟(D.A.N.)

―以前にCINRA.NETの別のインタビューでも、スピッツや宇多田ヒカルさんと並んで、歌詞の影響源としてキリンジの名前を挙げていましたね。(D.A.N.櫻木の自宅に潜入。現在に至るまでの悩みと、次の夢を訊く

櫻木:その中でもキリンジが一番大きいかなあ。「こういう言葉とこういう言葉を組み合わせるんだ」っていう、驚きがいっぱいあるところに衝撃を受けましたね。

―確かに、キリンジ時代は言葉の組み合わせの面白さが際立っていましたよね。

堀込:特に初期はそうでしたね。最初は言葉遊びみたいな感じで作詞をしてたんですけど、だんだんと意味性を重視するようになって、表現も分かりやすくなっていったと思います。

『One』のときは組み合わせの面白味には走らないように気をつけていて、これまでとは違うものを作んなきゃっていうのがあったんですよね。もうちょっとシンプルに自分の気持ちを表して、シンプルな表現で歌詞が成立するといいなと思ってやってました。

言葉の面白味っていう部分に関して、自分が呼び戻された感じもあったんです。(堀込)

―歌詞を書く上で、大悟くんは普段どんなことを意識していますか?

櫻木:僕は歌も楽器だと思っていて、歌詞を作るのも、音色を作るのと同じイメージですね。あと、いいメロディーはいいリズムになるし、いいリズムはいいメロディーになると思っているので、そこに沿うように、まず音で言葉を選んで、意味はそこから調節していく感じです。堀込さんはどこから歌詞を書くんですか?

堀込:まずサウンド的に、バシッとハマるかどうかっていうところからですね。例えば“エイリアンズ”だったら、「エイリアンズ」って言葉がまずハマって、そこから「この曲はこんなムードの歌詞にしたい」って、他の部分にも言葉を当てはめていく。なので、パズルみたいに作るところと、作家みたいな気持ちで作るところと両方あるので、それは厄介ですね。

今回のEPの曲で言うと、シャムキャッツとやった“Beautiful Dreamer”は、最初に「Beautiful Dreamer」って言葉がポンッとハマって。そこから、「Beautiful Dreamer」って『うる星やつら』の映画のタイトルだから、かわいい女の子が出てくる感じにしようっていう、それで方向性が決まりました。

堀込泰行

―今年はのんさんが出演したテレビCMによって“エイリアンズ”に再び注目が集まって、今回のEPにも“エイリアンズ(Lovers Version)”が収録されていますが、SF的な世界観はD.A.N.にも通じるなって思ったんですよね。

櫻木:僕SF大好きなんですよ。SFお好きですか?

堀込:嫌いじゃないけど、「すごい好き」とは言えない。登場人物が多かったり、設定が細かすぎるの苦手なんで(笑)。

―“エイリアンズ”はもともとSFがモチーフだったわけではない?

堀込:ではないですけど、SF感を出そうと思って作ってはいます。ちょっとしたところにシンセを混ぜるとか、ただのAORにならないように気を使って作りましたね。歌詞に書かれている情景が、夜のバイパスとか、通りに街灯が規律正しく並んでる様子とか、人工的で、昼間の人気がある感じとはまた違う、SFチックなムードを醸し出してる。

そこに主人公たちがポツンといるっていうのを描くときに、全体のムードとして、ちょっと異次元っぽいというか、日常とは違う世界観を作りたいと思って。「エイリアンズ」っていう言葉自体は、宇宙人って意味もあるし、外から来た人、よそ者っていう意味もあります。

櫻木:<仮面のようなスポーツカー>とか超かっこいいですよね。歌詞を書く上でホントに参考にしてるんで……師匠です(笑)。

―<踊ろうよ さぁ ダーリン ラストダンスを 暗いニュースが日の出とともに町に降る前に>とか、D.A.N.の歌詞にありそう。

櫻木:……パクっていいですか?(笑)

櫻木大悟

堀込:櫻木さんと歌詞を共作させてもらって、言葉の面白味っていう部分に関して、自分が呼び戻された感じもあったんです。さっきも言ったように、アルバム『One』のときはシンプルな表現で書きたいと思ったんですけど、そんなにニュートラルな状態でもなかったというか、「リニューアルしたものを発表しよう」っていう気持ちが強くて、必要以上にストレートだったり、温度が高かったりしたんです。それはそれでそのときの自然ではあるんですけど、今回歌詞を共作させていただいて、ニュートラルに戻れた感じがします。

Page 1
次へ

リリース情報

堀込泰行『GOOD VIBRATIONS』
堀込泰行
『GOOD VIBRATIONS』(CD)

2017年11月22日(水)発売
価格:2,160円(税込)
COCP-40191

1. EYE + D.A.N
2. THE FLY + tofubeats
3. バース・コーラス + □□□(クチロロ)
4. Beautiful Dreamers + シャムキャッツ
5. Dependent Dreamers + WONK
6. エイリアンズ(Lovers Version)+ THE NEW SHOES

堀込泰行『GOOD VIBRATIONS』
堀込泰行
『GOOD VIBRATIONS』(アナログ盤)

2017年11月22日(水)発売
価格:3,240円(税込)
COJA-9329

1. EYE + D.A.N
2. THE FLY + tofubeats
3. バース・コーラス + □□□(クチロロ)
4. Beautiful Dreamers + シャムキャッツ
5. Dependent Dreamers + WONK
6. エイリアンズ(Lovers Version)+ THE NEW SHOES

YASUYUKI HORIGOME + D.A.N.『EYE』
YASUYUKI HORIGOME + D.A.N.
『EYE』(7インチアナログ)

2017年11月3日(金・祝)
価格:1,500円(税込)
COKA-54

[SIDE-A]
1. EYE
[SIDE-B]
1. EYE(Instrumental)

イベント情報

『GOOD VIBRATIONS』発売記念イベント

2017年12月2日(土)
会場:東京都 代官山蔦屋3号館2階 イベント・スペース

2017年12月8日(金)
会場:大阪府 梅田蔦屋書店 4th ラウンジ

2017年12月9日(土)
会場:岐阜県 草叢BOOKS新守山店

プロフィール

堀込泰行
堀込泰行(ほりごめ やすゆき)

97年キリンジのVo/Gtとしてデビュー。2013年4月12日「キリンジ」を脱退。以後、ソロアーティスト/シンガーソングライターとして活動を開始。2014年11月19日ソロデビュー・シングル『ブランニューソング』をリリース、2015年までにライブツアー、客演参加、楽曲提供などを行い、現在に至る。代表曲は『エイリアンズ』『スウィートソウル』『燃え殻』など。希代のメロディメーカーとして業界内外からの信頼も厚くポップなロックンロールから深みのあるバラードまでその甘い歌声は聴くもの魅了し続けている。またキリンジ時代より提供楽曲も多く「ハナレグミ」「安藤裕子」「畠山美由紀」「杉瀬陽子」などに楽曲提供している。これまで「馬の骨」名義のソロアルバム2枚、キリンジとしてはオリジナルアルバム10枚を発表。2016年4月20日に堀込泰行としての初の洋楽カバーアルバム『Choice by 堀込泰行』(Billboard Records)をリリース。2016年10月19日に堀込泰行名義の1st Album「One」をリリース。2017年11月22日にアーティストとのコラボレーション作品、EP『GOOD VIBRATIONS』をリリース。レコードの日である11月3日にはD.A.N.とのコラボ曲『EYE』の7inchを800枚限定で先行リリース。

D.A.N.
D.A.N.(だん)

2014年8月に、桜木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。2015年7月にデビューe.p『EP』を7月8日にリリース。2016年4月20日に1sアルバム『D.A.N.』をリリースし、CDショップ大賞2017の入賞作品に選ばれる。7月には2年連続でFUJI ROCK FESTIVAL'16の出演を果たす。また、FUJI ROCK FES'17のオフィシャルアフタームービーのBGMで『Zidane『が起用される。2017年2月にJames Blakeの来日公演でOAとして出演。4月にはミニアルバム『TEMPEST』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mime“Driftin”MV

5人組バンドMimeによる“Driftin”MVが公開。シャムキャッツやJJJのMVも手掛けた芳賀陽平がディレクションを務めており、逆光やボケをあえて取り入れる演奏シーンが新鮮。突き動かされるようなサウンドと伸びやかな声の相性が抜群で、閉じ込めた気持ちと解放感のせめぎ合いを感じる歌詞もエロい。(井戸沼)

  1. 星野源『おげんさんといっしょ』に三浦大知が出演 新ファミリーの一員に 1

    星野源『おげんさんといっしょ』に三浦大知が出演 新ファミリーの一員に

  2. KICK THE CAN CREW“住所 feat. 岡村靖幸”PV公開 監督は関和亮 2

    KICK THE CAN CREW“住所 feat. 岡村靖幸”PV公開 監督は関和亮

  3. 『オーシャンズ8』のアジア系キャスト・オークワフィナ。NY生まれの表現者 3

    『オーシャンズ8』のアジア系キャスト・オークワフィナ。NY生まれの表現者

  4. 菅田将暉×趣里 本谷有希子原作の映画『生きてるだけで、愛。』場面写真 4

    菅田将暉×趣里 本谷有希子原作の映画『生きてるだけで、愛。』場面写真

  5. 『サマソニ』大阪の新ステージに崎山蒼志、踊Foot Worksら18組追加 5

    『サマソニ』大阪の新ステージに崎山蒼志、踊Foot Worksら18組追加

  6. レキシの新AL『ムキシ』9月発売 三浦大知、上原ひろみ、手嶌葵が参加 6

    レキシの新AL『ムキシ』9月発売 三浦大知、上原ひろみ、手嶌葵が参加

  7. けやき出演の舞台『マギレコ』、いろは柿崎芽実&まどか丹生明里の写真公開 7

    けやき出演の舞台『マギレコ』、いろは柿崎芽実&まどか丹生明里の写真公開

  8. 中田ヤスタカ×Perfumeが雑誌で初対談 『サンレコ』表紙&16P掲載 8

    中田ヤスタカ×Perfumeが雑誌で初対談 『サンレコ』表紙&16P掲載

  9. フジロック初のYouTubeライブ配信の手ごたえは? 3日間で計1200万回超再生 9

    フジロック初のYouTubeライブ配信の手ごたえは? 3日間で計1200万回超再生

  10. 『少年ジャンプ』50周年公式YouTubeで『スラダン』など歴代アニメ無料公開 10

    『少年ジャンプ』50周年公式YouTubeで『スラダン』など歴代アニメ無料公開