特集 PR

中村佑介が語るロートレックの才能。イラストレーターの資質とは

中村佑介が語るロートレックの才能。イラストレーターの資質とは

『パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:鈴木渉 編集:宮原朋之

今年、活動15周年を迎えたイラストレーターの中村佑介さん。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや、小説『謎解きはディナーのあとで』などの書籍カバー、アニメーションのキャラクターデザインなど、一目見れば忘れられない作品は、多くのファンを惹きつけています。

そんな彼と今回訪ねる世界も、街ゆく人々を惹きつけた彩り豊かな世界。19世紀末のパリを変えたビジュアルカルチャーをめぐる『パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展』です。歌姫やダンサーらを大胆な構図でとらえたポスターで一世を風靡したロートレックを中心に、個性派作家たちの名作が集結しています。

案内役を務めてくれるのは、開催館となる三菱一号館美術館の学芸員・野口玲一さん。今日のグラフィックアートの源流のひとつと言える世界へ、中村さんとタイムトラベルに出発です。

僕とアジカンのメンバーとの関係のように、お互いをよくわかっているもの同士だから生まれるものもありますよね。

―まず野口さんに伺いますが、本展覧会はどんな内容なのでしょう?

野口:19世紀末を中心に隆盛したグラフィック作品、特にフランスの版画やポスターを厳選した展覧会です。当時のパリの街角では、多色刷りのリトグラフを活かした新しいポスターが大衆に人気となります。

たとえばこの一枚、ウジェーヌ・グラッセの『版画とポスター』は、芸術色が強い従来の版画と、新興のポスター、新旧ふたつの表現をいわば2人の女性に見立て、ちょっと仲の悪そうな様子も含めて描いたものです。

ウジェーヌ・グラッセ『版画とポスター(『版画とポスター』誌のためのポスター)』(1897年)ファン・ゴッホ美術館蔵
ウジェーヌ・グラッセ『版画とポスター(『版画とポスター』誌のためのポスター)』(1897年)ファン・ゴッホ美術館蔵

左から、野口玲一(三菱一号館美術館 学芸員)、中村佑介
左から、野口玲一(三菱一号館美術館 学芸員)、中村佑介

中村:なるほど、ポスターと版画。この2人の様子では版画よりポスターの方が勢いありそうだけど、産業としてはポスターは黎明期というか、クリエイターとクライアント企業との関係はいまとは違うのでしょうか?

野口:本展の軸となるアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックも、親交のあるキャバレーの支配人に依頼されて描いた作品があるなど、個人的な関係から生まれたものも少なくありませんね。

中村:そういうお互いをよくわかっているもの同士だから生まれるものもありますよね。僕もアジカンのメンバーとの関係があるから描けた作品は多いです。ルールや常識からちょっとはみ出せる表現というか。

ロートレックって、周囲に愛されてた人なんじゃないかなって思います。

野口:当時ロートレックは、よく知られる舞台関係のポスター以外にも、自転車メーカーや、紙吹雪の広告なども手がけています。CDこそありませんが、この時代も楽譜の表紙を個性的なグラフィックアートが飾っていたりしていて、本展でも紹介されています。

中村佑介

アンリ・リヴィエール『「星への歩み」楽譜集』(1899年)ファン・ゴッホ美術館蔵
アンリ・リヴィエール『「星への歩み」楽譜集』(1899年)ファン・ゴッホ美術館蔵

中村:人気歌手や俳優のポートレートもありますね。こういうのは、いまだと主に写真家の仕事になりますね。芸能人のイメージ作りに一役買うという。みなさんホント、いろんな仕事してるな~。

野口:ロートレックの仕事でも、長い黒手袋がトレードマークの歌手・女優のイヴェット・ギルベールや、いかにも気難しそうな男性歌手、アリスティド・ブリュアンのポスターが有名ですね。ブリュアンの大判ポスターは、見る人々に彼のイメージを強烈に印象付けたものとしても知られています。

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック『「ピエロにはコロンビーヌ」のイヴェット・ギルベール』(1894年)三菱一号館美術館蔵
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック『「ピエロにはコロンビーヌ」のイヴェット・ギルベール』(1894年)三菱一号館美術館蔵

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック『アリスティド・ブリュアン、彼のキャバレーにて』(1893年)三菱一号館美術館蔵
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック『アリスティド・ブリュアン、彼のキャバレーにて』(1893年)三菱一号館美術館蔵

中村佑介

中村:想像ですが、ロートレックって、モデルとなった人たちも含めて周囲に愛されてた人なんじゃないかなって思います。どの絵も美男美女というより、結構デフォルメがきつかったり、ポスター以外では娼婦たちの日常を描いたりもしている。それが許されるのは、やっぱり人柄もあるのかなって。

野口:そこは、彼の特殊な生い立ちと無関係ではなかったかもしれませんね。裕福な名家に生まれ育ちましたが、10代前半に落馬が原因で大怪我をして以来、両足の発達が止まってしまったという複雑な過去を持っているんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展』

2017年10月18日(水)~2018年1月8日(月・祝)
会場:東京都 丸の内 三菱一号館美術館
時間:10:00~18:00(祝日を除く金曜、12月13日、1月4日、1月5日は21:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜、12月29日~1月1日(10月30日、11月27日、12月25日、1月8日は開館)
料金:一般1,700円 大学・高校生1,000円 小・中学生500円

プロフィール

中村佑介(なかむら ゆうすけ)

1978年生まれ。兵庫県宝塚市出身。大阪芸術大学デザイン学科卒業。ASIAN KUNG-FU GENERATION、さだまさしのCDジャケットをはじめ、『謎解きはディナーのあとで』、『夜は短し歩けよ乙女』、音楽の教科書など数多くの書籍カバーを手掛けるイラストレーター。近年ではアニメ『四畳半神話大系』や『果汁グミ』TVCMのキャラクターデザインも手掛ける。作品集『Blue』と『NOW』は、画集では異例の13万部を記録中。ぬりえ本『COLOR ME』や教則本『みんなのイラスト教室』も話題に。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで