特集 PR

のんインタビュー 音楽をやらずにはいられなかった本音と喜び

のんインタビュー 音楽をやらずにはいられなかった本音と喜び

のん『スーパーヒーローになりたい』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:川浦慧、矢島由佳子

今思ってるのは、「のんはのんでありたい」ってことで。

—演技と音楽の違いについては、どのように感じていますか?

のん:やっぱり、役を介すのと、直に自分の中から放出して表現していくのは違いますよね。人の書いた台詞にも、自分らしさを詰めたいとは思ってるんですけど、やっぱり役をひとつ介してるのに対して、音楽はそれがまったくなく直接届けられるっていうのは、すごく自由な感じがします。自分を解き放って、突き進める感じがするというか。

—「NO MUSIC NO LIFE.」のポスターでも、「音楽は、私みたいな荒削りな生意気娘がシンプルにストレートに突っ走っていいのだ! と思わせてくれるものです」と書かれてましたね。

NO MUSIC NO LIFE. ポスター ©TOWER RECORDS NO MUSIC, NO LIFE.
NO MUSIC NO LIFE. ポスター ©TOWER RECORDS NO MUSIC, NO LIFE.

のん:今振り返るとちょっと恥ずかしいですね(笑)。でも、演技は色んな意図を汲み取ることが重要なのに対して、音楽はすごく自由だし、楽しいってことが最優先なのが素敵だなって。演技と音楽は発するエネルギーは決定的に違うと思います。どっちも面白いし好きですよ。

—もちろん、演技と音楽では表現の仕方が異なるわけですけど、のんさんの中でははっきり分けられているというよりも、もっとフラットな印象があります。

のん:嬉しいです。表現する過程とか感覚は別ものだと思うんですけど、何にしても自分らしさがないと意味がないと思ってやってるので、「フラットに見える」と言っていただけるのはすごく嬉しいです。今思ってるのは、「のんはのんでありたい」ってことで。「女優・のん」とか「創作あーちすと・のん」とかって肩書でやってるんですけど、本当の肩書きは「のん」です。のん自体を楽しんでいただけたら良いなと思います。

—音楽活動を始めるにあたって、自主レーベルを立ち上げたわけですが、これもやはり自由な環境で活動するため?

のん:そうですね。自分でどんどん決めていけるのが気に入ってます。もちろん、みんなでアイデアを出し合ったりするんですけど、決定権が自分にあるっていうのは厳しいものですけどとても楽しいんです。

「ギャグになればオッケー」みたいなところがあるので、オモシロ系でいきます(笑)。

—「KAIWA(RE)CORD」という名前は、「音楽を通じて会話をしたい」という意味なんでしょうか?

「KAIWA(RE)CORD」ロゴ
「KAIWA(RE)CORD」ロゴ

のん:こうやって普通に会話をするのはちょっと苦手というか、苦手なイメージが付きまとうので、「音楽でなら会話できますよ」っていう、強気なイメージでつけました。

—でも、「カイワレ」でもあるのがかわいくて、のんさんっぽいんですよね(笑)。

のん:やった! おちゃらけてしまうところがあるので、そこをわかっていただけないと(笑)。

—「創作あーちすと」っていう平仮名のネーミングもそうだし、その感覚は活動の節々から伝わってきますよ。

のん:「ギャグになればオッケー」みたいなところがあるので、オモシロ系でいきます(笑)。

—でも、表現の本質はコミュニケーションだと思うから、本質を突きつつ、でもおちゃらけてる、結構絶妙なネーミングだと思います。

のん:ありがとうございます。カイワレ大好きなんです。

—わりと珍しいですよね。どうしても、添え物のイメージだし(笑)。

のん:そうですか? カイワレは美味しいし、見た目もかわいいなって。

やっぱり楽しんだもの勝ち。実質勝ち負けではないけど得しますよね。

—そして、CAMPFIRE MUSICがレーベルをサポートしてるんですよね。

のん:最初はお金がないんで、出資してくださる方が必要っていう中で、CAMPFIREさんがたまたま面白がってくれて。で、やるなら一緒に楽しんでくれる人がいいなと思って、CAMPFIREさんにお願いしました。

のん

—役者としてある程度知名度のある方が音楽活動をする場合、大きなレコード会社と組むか、あるいはホントに趣味として、自主でやるかのどちらかのイメージなんですよね。でも、のんさんの場合は自主でやりつつ、ちゃんと開かれてる。さっきも挙げた「NO MUSIC NO LIFE.」のポスターには「物を作っていくという環境が、とても自由になっていると思います」とも書かれていて、それをご自身が体現してるなって思いました。

のん:適材適所みたいな感じですよね。私はあんまり大きな組織は得意じゃないなって、大人になって初めて気づいたのもあって。

—「環境が自由になってる」というのは、どんな部分で感じられますか?

のん:今お仕事は基本的に自分で決めてて、もちろんスタッフさんがいろんな情報をくれるんですけど、「これは自分にフィットするものなのか。自分がやって楽しんでもらえるものなのか」っていう精査が自分でできるので、話が進むのがすごく速いですし、無理やりなことをやらないでいいというか。スケジュール的には無理してやってることもあるんですけど。

—必要な無理もありますよね。

のん:そうですね。リラックスしてやっていけると必要な無理は楽しいです。まあ、めんどくさいこともあるけど、でも、そっちの方がのんの性に合ってるというか。

—それも含めて楽しんだもの勝ちというか。

のん:そうですね。楽しくやろうとするのって怒られそうな時があるけど、やっぱり楽しんだもの勝ちですよね。実質勝ち負けではないけど得しますよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

のん『スーパーヒーローになりたい』
のん
『スーパーヒーローになりたい』(CD+DVD)

2017年11月22日(水)発売
価格:2,160円(税込)
KRCD-00001

[CD]
1. スーパーヒーローになりたい
2. へーんなのっ
3. I LIKE YOU
4. タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)
[DVD]
「のん、ride 音 music」
WOWOWチームが追っかけている映像を編集したレコーディング風景、リハーサル風景等々に密着したドキュメント映像。

のん『スーパーヒーローになりたい』
のん
『スーパーヒーローになりたい』(CD)

2017年11月22日(水)発売
価格:1,296円(税込)
KRCD-00002

[CD]
1. スーパーヒーローになりたい
2. へーんなのっ
3. I LIKE YOU
4. タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)

プロフィール

のん
のん

女優、創作あーちすと。1993年兵庫県生まれ。アニメ映画『この世界の片隅に』で主役すずの声を担当。同作は第90回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・テン1位、第71回毎日映画コンクールの日本映画優秀賞、第40回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞など多数の賞を受賞。様々な広告キャンペーンに起用される他、写真集『のん、呉へ。 2泊3日の旅』、ムック『創作あーちすとNON』を発売。また、音楽レーベル『KAIWA(RE)CORD』を発足し代表に就任するなど活動の幅を広げている。のん公式ファンクラブ『NON KNOCK』開設。詳しくはのん公式HPをご覧ください!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ