特集 PR

岸井ゆきの×Yogee New Waves角舘が、家族や別れについて思う事

岸井ゆきの×Yogee New Waves角舘が、家族や別れについて思う事

『おじいちゃん、死んじゃったって。』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也 編集:川浦慧、矢島由佳子

ソフトバンクやJRA、dマガジンなど世間の話題になる数多くのCMを手がけてきた映像作家、森ガキ侑大が初めて長編映画のメガホンを取った『おじいちゃん、死んじゃったって。』が公開される。熊本の田舎町を舞台に主人公の春野吉子を中心に描かれているのは、「おじいちゃん」との決定的な別れによって対峙せざるを得ない家族との関係性や死生観。

吉子を演じるのは、大河ドラマ『真田丸』で一躍大きな注目を集め、幅広いフィールドで確かな表現力に裏打ちされた演技を見せている、岸井ゆきの。彼女もまた本作が初の映画主演となる。

主題歌はYogee New Wavesの“SAYONARAMATA”。2017年5月にリリースされたアルバム『WAVES』に収録されているこの曲は、親密な関係性を築いた人との別れをカラッとした温度で切り取り、『おじいちゃん、死んじゃったって。』の世界とナチュラルに調和している。森ガキ監督は、映画の撮影中から主題歌はヨギーにオファーしようと決めていたという。

映画の公開を記念して、岸井ゆきのとYogee New Wavesのフロントマン、角舘健悟の対談が実現。「別れ」と「死生観」、「家族」をテーマに語り合ってもらった。

ヨギーの音楽がロケ地の熊本の風景や空気とすごくマッチしていたんですよね。(岸井)

—まずお二人の、今回の作品が完成した率直な思いを聞かせてください。

岸井:この作品を試写会で観たとき、自分が出演している映画云々ではなく、すごく面白い作品になったと思えたんです。脚本は何度も読んだし、もう内容を知り尽くしているんだけど、思わず笑ったり、グッときたり。こういう風に、自分の作品を観て自分の感情が乗ることって、実はあまりなくて。

岸井ゆきの
岸井ゆきの

角舘:率直に、すげぇいい映画だなと思いました。普段から映画が好きでよく観るんですけど、ナンセンスな作品や刺激が強めのカルト映画とかが多いんです。映画で毒素を吸収したくなるというか。森ガキ監督って、いい意味で変な人じゃないですか。

角舘健悟
角舘健悟

岸井:うん、変な人(笑)。

角舘:いい映画なんだけど、ちょこちょこ森ガキ監督の毒素が見え隠れするのがいいなって。

—岸井さんは以前からヨギーの作品を愛聴しライブも観に行っていたから、映画の主題歌をヨギーが担当することが決まってすごく喜んだとか。

岸井:そうなんです。映画のメインビジュアルを撮影しているときに監督が「俺、主題歌はこのイメージなんだよね」って“Climax Night”をかけたんです。そのあともそのまま『PARAISO』(2014年9月発売、1stアルバム)をかけながら撮影して。ヨギーの音楽がロケ地の熊本の風景や空気とすごくマッチしていたんですよね。

—結果的に“Climax Night”は劇中の、まさにクライマックスとなるシーンで使用されてますね。

角舘:夜の曲なので、夕方のシーンで使われるとどうなるかな? とちょっと心配だったんですけど、バッチリハマっていてよかった。

岸井:感動しましたね。私も「ぜひヨギーに主題歌をお願いしてほしいです!」と監督に言っていたので。そしたら、トントン拍子に決まって。

角舘:オファーをいただいたときにちょうど新しいアルバム(『WAVES』)を作っていたから、「ピッタリの曲がありますよ!」って“SAYONARAMATA”のデモを監督に聴いてもらって。別れの悲しさや憂いをハッピーなムードで包括しているからこの映画にピッタリなんじゃないかと思ったんですよね。

—親密な関係性を築いている人との別れを描いた曲で、<泣くな友よ 明日になれば 嬉しいこと起こるはず 戻る道はもうないと思えよ>というフレーズなんて、実に健悟くんらしいなと思います。

角舘:自己犠牲って言ったら美しすぎるけど、去っていく者の背中を押して、「がんばっておいで!」って言うのは本当に難しくて。でも、それができる親密な関係性ってあるし、そういう人との別れは誰しもに起こり得ることで。だから、この曲に感動してくれる人たちは「もう仲間だぜ」って感じです。

—別れの歌なんだけど、晴れやかな気持ちにもなれる。今年1月に脱退した前ベースの(矢澤)直紀くんに向けて書いた曲でもありますか?

角舘:もちろん、あります。彼ほどの身近な人との別れはそうそうないですからね。この曲のデモを作ったときに、大学時代の友人に最初に聴かせたんです。そしたらそいつが急に泣き始めちゃって。俺から圧倒的な別れを告げられていると勘違いしたみたいだったんです(笑)。それで、これは万人がちゃんと別れの歌だって理解できるんだなと思って安心したんですよ。でも、泣くなよ! って思いましたけどね(笑)。

角舘健悟

Page 1
次へ

作品情報

『おじいちゃん、死んじゃったって。』
『おじいちゃん、死んじゃったって。』

2017年11月4日(土)からテアトル新宿ほか全国公開
監督:森ガキ侑大
脚本:山崎佐保子
主題歌:Yogee New Waves“SAYONARAMATA”
出演:
岸井ゆきの
岩松了
美保純
岡山天音
小野花梨
赤間麻里子
池本啓太
五歩一豊
大方斐紗子
松澤匠
水野美紀
光石研
上映時間:110分
配給:マグネタイズ

プロフィール

岸井ゆきの(きしい ゆきの)

1992年生まれ、神奈川県出身。2009年・デビュー後、映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍。主な映画出演作に、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(14/監督・犬童一心)、『友だちのパパが好き』(15/監督・山内ケンジ)、『ピンクとグレー』(16/監督・行定勲)、『森山中教習所』(16/監督・豊島圭介)など。主演舞台「気づかいルーシー」(17/再演)、「劇団☆新感線 髑髏城の七人 Season風」(17)など舞台での活躍も目覚ましい。今後は、NHK「風雲児たち~蘭学革命篇~」(18・元旦放送)、TBS「99,9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」(18・1月~放送)が控えている。

Yogee New Waves(よぎー にゅう うぇいぶす)

2013年6月に活動開始。2014年4月にデビューep『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。その後『FUJI ROCK FESTIVAL'14』《Rookie A GoGo》に出演。9月には1st album『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各媒体で多く取り上げられる。2015年2月に初のアナログ7inchとして新曲『Fantasic Show』を発表し、12月には2nd e.p『SUNSET TOWN e.p.』をリリース。2016年は『RISING SUN FES』『GREENROOM FES』『森道市場』『STARS ON』『OUR FAVORITE THINGS』など野外フェスに出演する。2017年1月にBa.矢澤が脱退し、Gt.竹村、Ba.上野が正式メンバーとして加入し再び4人編成となり始動。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆