特集 PR

柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展

柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展

『ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

ヒツクリコ、ガツクリコ――。このおかしな響きの言葉は、大正から昭和にかけて活躍した詩人・萩原朔太郎が、前橋の街を酔った足取りで歩く詩人の姿を表現したオノマトペです。普通なら「トボトボ」などと表される光景の、既存の言葉からはこぼれてしまう情感を、彼は独自の言語によって拾い上げようとしました。思えば私たちの日常には、こうした新しく言葉にされるのを待つような、言葉未満の言葉=感情が溢れているのでしょう。

そんな言語と感情をめぐる挑戦を、近代詩から現代アートまでの幅広い領域を通じて紹介する展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所』が、アーツ前橋と前橋文学館で開催されています。今回、本展を訪れたのは、現代の微細な感性を切り取る歌詞でも人気を集めるミュージシャンの柴田聡子さん。アルバム『愛の休日』も好評な彼女の言葉に対する思いとは? 展示を通して、その詩作の世界に迫ります。

じつは朔太郎は、「マイフェイバリット詩人」なんです。

素晴らしい秋晴れに恵まれたこの日。柴田さんがまず訪れたのは、前橋文学館です。最初の展示室に飾られているのは、前橋ともゆかりの深い萩原朔太郎らによる、言葉と視覚の表現を横断しようとした作品の数々。

柴田聡子
柴田聡子

「言葉をめぐる展覧会」と聞くと、じっと文字を読み込む光景を想像してしまいますが、展示室には目を楽しませてくれる作品が多く、身構えていた気持ちが一気に軽くなります。たとえば朔太郎の『踊の印象』は、「足」の字の繰り返しが紙の上にビートを生み出す、彼の作品では唯一とも言われるビジュアルポエトリーです。

柴田聡子

萩原朔太郎未発表詩篇『踊の印象』の直筆原稿
萩原朔太郎未発表詩篇『踊の印象』の直筆原稿

ところで美術大学の映像科出身ということで、現代美術や映像作品には馴染みが深そうな柴田さんですが、詩の世界はどうなのでしょう?

柴田:じつは朔太郎は、「マイフェイバリット詩人」なんです。高校時代にはじめて読んで、いまも愛読しています。詩以外にも、エッセイやアフォリズム(格言)も面白いんですよ。でも、こんなビジュアルの挑戦もしていたのは知らなかった! 「ヒツクリコ、ガツクリコ」もそうですが、朔太郎の詩は音楽的ですよね。

前橋文学館の展示風景 / 所狭しと作品が並ぶ充実した展示室
前橋文学館の展示風景 / 所狭しと作品が並ぶ充実した展示室

言葉の意味というと、その中身のことだと思われるけど、視覚も全部を使って、伝えたいことを伝えている。

表現者たちは、言葉の意味を、「かたち」としての文字の実験を通じても伝えようとしてきました。萩原恭次郎の詩集『死刑宣告』も、そのひとつ。1920年代、前衛芸術運動のなかでアナキズムの立場から生み出された彼の詩には、大小さまざまな文字や記号が踊っています。

柴田:うわっ! すごい熱気ですね。普通、言葉の意味というと、その中身のことだと思われるけど、この作品は視覚も全部を使って、伝えたいことを伝えている。言葉の意味と音とかたち、そして身体が一緒にある感じがします。いま、こういう表現はあまり見かけないけど、なぜだろう。当時の表現として、すごく自然だったのかもと思いますけどね。

展示されていた萩原恭次郎の詩集『死刑宣告』に興味津々の様子
展示されていた萩原恭次郎の詩集『死刑宣告』に興味津々の様子(Amazonで見る

萩原恭次郎『死刑宣告』(再販)1926年(初版 1925年)長隆舎書店
萩原恭次郎『死刑宣告』(再販)1926年(初版 1925年)長隆舎書店

ただ言葉を紡ぐだけでは、表現しきれないもの。会場には、朔太郎たちも取り組んだこの感覚をさまざまな手段を使って追う、現代の作品も並びます。たとえば、ブログで絵文字を使った「モニタ詩」や拡張現実の技術を用いた「AR詩」を発表するni_kaさんは、今回、それらの作品を複数の映像に重ねたインスタレーションとして展示しています。

ni_ka『AR詩』と『モニタ詩』を複数の映像に重ねたインスタレーション
ni_ka『AR詩』と『モニタ詩』を複数の映像に重ねたインスタレーション

柴田聡子

一方で足立智美さんの『立体印刷詩』は、見る角度で読み方が変わる、3Dプリンターで印刷された文字のオブジェ。そして浦上秀樹さんの『こころMoji』は、漢字のなかにひらがなでもうひとつの意味を潜ませた作品です。

柴田:ni_kaさんは綺麗に収めようとしていないのがリアル。浦上さんの作品も漢字として成立するかギリギリだけど、それが「絶対に伝えたい」という宣言みたいで面白いですね。「わかる人にしかわからない」先進性も好きだけど、出品作家の人たちはダイレクトに伝えるため、言葉の外見も工夫している。とても大事なことだなと感じます。

『立体印刷詩』をいろいろな角度から眺める
『立体印刷詩』をいろいろな角度から眺める

足立智美『5つの立体印刷詩』(2017年)
足立智美『5つの立体印刷詩』(2017年)

浦上秀樹『感謝~すべてのであいといのちのすばらしさ~』(2017年) / 漢字のなかにひらがなで書かれたもうひとつの意味が潜む『こころMoji』
浦上秀樹『感謝~すべてのであいといのちのすばらしさ~』(2017年) / 漢字のなかにひらがなで書かれたもうひとつの意味が潜む『こころMoji』

Page 1
次へ

イベント情報

『ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所』

2017年10月20日(金)~2018年1月16日(火)
会場:群馬県 アーツ前橋、前橋文学館
時間:アーツ前橋11:00~19:00、前橋文学館9:00~17:00(共に入場は閉館の30分前まで)
参加作家:
足立智美
荒井良二
浦上秀樹
大澤雅休
大澤竹胎
オノ・ヨーコ
oblaat
河口龍夫
河原温
フランチェスコ・カンジュッロ
北園克衛
草野心平
ジョン・ケージ
塩見允枝子
クルト・シュヴィッタース
白石慶子
鈴木ヒラク
トゥッリオ・ダルビゾラ
トリスタン・ツァラ
東宮七男
TOLTA
新国誠一
ni_ka
萩原恭次郎
萩原朔太郎
福田尚代
文月悠光
ベン・ヴォーティエ
ジョージ・マチューナス
Maniackers Design
フィリッポ・T.マリネッティ
ミヤギフトシ
ムットーニ
山川冬樹
山村暮鳥
横堀艸風
休館日:水曜、12月28日~1月4日
料金:一般700円 学生・65歳以上350円
※高校生以下、障害者手帳をお持ちの方と介護の方1名は無料
※10月20日、10月28日、1月9日は観覧無料日

山川冬樹パフォーマンス

2017年12月2日(土)
14:00~15:30 パフォーマンス
16:00~17:30 山川冬樹×今井朋(本展担当学芸員)対談
会場:群馬県 アーツ前橋 地下ギャラリー
料金:無料(要観覧券)
※申込み不要

『かくとはなす』

2017年12月9日(土)
14:00~14:30 ドローイングパフォーマンス
14:45~16:15 今福龍太(文化人類学者)×鈴木ヒラク対談
会場:群馬県 アーツ前橋 地下ギャラリー(パフォーマンス)、アーツ前橋スタジオ(対談)
定員:50名(対談のみ、事前予約制)
料金:無料(要観覧券)
※本展参加作家の鈴木ヒラクのライブパフォーマンスと今福龍太との対談イベント、申し込みアーツ前橋へ電話(027-230-1144)

書籍情報

『ヒツクリコガツクリコ ことばの生まれる場所』
『ヒツクリコガツクリコ ことばの生まれる場所』

2017年11月1日(水)発売
監修:アーツ前橋、前橋文学館
価格:2,376円(税込)
発行:左右社

プロフィール

柴田聡子(しばた さとこ)

大学時代の恩師の一言をきっかけに活動を始める。作品の発表は数多く、現在までに三沢洋紀プロデュース多重録音による1stアルバム『しばたさとこ島』、自身で録音した2ndアルバム『いじわる全集』、山本精一プロデュースによる3rdアルバム『柴田聡子』、岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと紡いだ4thアルバム『愛の休日』を発売。また、フェスティバル / トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品『たのもしいむすめ』を発表、2016年、初の詩集『さばーく』を発売。第5回エルスール財団新人賞<現代詩部門>を受賞。『文學会』『すばる』に詩を寄稿するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い