特集 PR

藍坊主が今ようやく明かす、バンド解散危機と再生のストーリー

藍坊主が今ようやく明かす、バンド解散危機と再生のストーリー

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:伊藤惇 編集:木村直大、山元翔一
2018/01/24

青春時代から距離が遠くなればなるほど、青春がどういうものだったのかって、わかってくるんですよね。

—「難しいことをやってやろう」みたいな意識から解き放たれたい、という感覚があったということですか?

hozzy:難しいことをやるよりは、音楽面でも歌詞の面でも、「素直にやる」っていう、ただその一点を意識するようになりました。その意識が、つまらないシンプルさや雑さに行き着いてしまってはダメなんですけど。

—バンドとしてキャリアを積んでいるからこそ、「素直さ」をどう表現するのか、そのバランスはすごく難しくなってきそうですよね。

hozzy:そう。あくまで、いまの自分たちの「素直さ」が、ちゃんとした「力強さ」としてもアウトプットできなければいけない……そういうことは、すごく考えていました。

hozzy

—バンドのオフィシャルサイトに掲載されているhozzyさんのコラムを読ませていただいたんですけど、今作に収録されている“群青”や“ブラッドオレンジ”について、「こういう曲がやりたくて俺は藍坊主を10代の頃始めた」と書かれていたじゃないですか。

hozzy:そうなんですよね……本当に、僕は“群青”みたいな曲が作りたかったんだなって思う。お客さんに届く楽曲でありつつ、自分たちのなかにある「藍坊主っぽさ」がちゃんとある。

—hozzyさんのおっしゃる「藍坊主」っぽさって、どんなものですか?

hozzy:う~ん……言葉にするのは難しいなぁ。本当に、僕らだけにわかるであろう感覚なんですけど、たとえば“群青”って、サビですごく突き抜けるじゃないですか。これを僕らは、「メロディーが斜め」って言っているんですけど(笑)。この「斜め」なメロディーがあって、激しくて、青臭い感じ……これが「藍坊主っぽさ」ですね。なんか、言葉にするとすっごいシンプルですけど(笑)。

—でも、わかります。あと、「青臭さ」というのは、やはり藍坊主が一貫して表現し続けているものですよね。“群青”は「青」という、藍坊主にとってのテーマカラーといえる色が歌詞に描かれている点でも、すごく象徴的だなと。

hozzy:そうですね。やっぱり「青春」を描くのが好きですね。それに、実際の青春時代から距離が遠くなればなるほど、青春がどういうものだったのかって、わかってくるんですよね。距離が近いと、わからないことって多いから。

—青春の当事者は、目の前の出来事にぶつかっていくのに精いっぱいで、自分が体験しているものを「青春」だとは思わないですからね。

hozzy:たとえば、一緒に曲を作っているベースの藤森(真一)とは高校の頃から一緒なんですけど、そいつとは当時から毎日、一緒に遊んでいて。ふたりで自転車に乗っていたあの頃の感じって、いまだから「あぁ、わかるなぁ」って思えたりするんです。

hozzy

そもそも、「藍坊主は歌詞がいいね」って言っていただくことも多かったんですけど、実は、歌詞にそこまでこだわったことがなかったんです。

—10代の頃の青春を俯瞰してみることができるからこそ描ける、「いまの青春」もきっとありますよね。たとえば4曲目の“同窓会の手紙”の歌詞は、視点としては子供時代を回想しているんだけど、結果として、「大人になった自分」というものを生々しくあぶり出しているじゃないですか。

hozzy:はい。

—すごくリアルに子供時代を描写しているからこそ、<ぼくは同窓会の手紙をまた捨てた>という一節が効いてくるっていう。

hozzy:実際の僕には、同窓会の手紙が来たことすらないんですけどね(笑)。

hozzy

—え、これって実話じゃないんですか? ここに出てくる子供たちの描写とか、めっちゃリアルですけど……。

hozzy:実は違うんです(笑)。今回、歌詞の書き方として、「別の主人公を立てる」っていうやり方が、すごくしっくりきたんですよ。

自分が現実的に思っていることでも、歌詞を書くとなったとき、「自分」視点では歌えないことってあるんです。でも、他の誰かの視点なら歌えるんだっていうことに気づいて。

—なるほど。それは裏を返せば、hozzyさんがいま本当に思っていることを歌うために、あえて自分以外の視点を歌詞に取り入れた、ということでもありますよね。

hozzy:そうですね。

—その心境の変化って、どのようにして生まれたのでしょうか?

hozzy:これまで「藍坊主は歌詞がいいね」って言っていただくことも多かったんですけど、実は、歌詞にそこまでこだわったことがなかったんです。今回、初めて言葉にこだわって音楽を作ったくらいで。いままでは、とにかく音楽的に変な刺激を求めていたんですよね。崖から落ちてしまうような刺激、というか。

hozzy

—崖から落ちる?

hozzy:そうです(笑)。まわりから「これ、プログレだよ」って言われるぐらい複雑な構成の組曲みたいなものを作ってみたり、キーがどこにあるのかわからないくらい、めちゃくちゃな動きをするメロディーをあえて作ってみたり……音楽的にギリギリを攻める、みたいなことに重きを置いていた時期が長かったんです。レーベルからは結構、怒られていたんですけど(笑)。

—(笑)。でも、そんなhozzyさんが今回、言葉に向かった。

hozzy:そうなんですよね。いまは「音楽に言葉を乗せる」っていう、そのシンプルなことに面白さを感じていて。やっぱり、言葉がちゃんと立っていると、ライブでのお客さんの反応も変わるんですよ。「伝わっているな」っていうことが、明確にわかるようになる。

hozzy:これは僕個人の感覚なんですけど、音楽そのものの喜びを求めるときって、基本的には「予想外」を求めるんですよね。自分の知らないなにかを求めるし、そのために、音楽をすごく構えて聴いてしまう。でも、言葉に意識を向けて作った曲をやると、お客さんが目を瞑って聴いてくれていたりするんですよ。

—無防備な状態で、曲の意味やメッセージを受け止めようとしてくれる、というか。

hozzy:そう。そういう光景を見たときに、「これが『歌詞』なんだな」って思って……そういう発見が、最近は気持ちいいんです。

Page 2
前へ 次へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。

料金:無料

リリース情報

藍坊主『木造の瞬間』
藍坊主
『木造の瞬間』初回限定盤(CD+BOOK)

2018年1月24日(水)発売
価格:3,024円(税込)
TRJC-1077

1.群青
2. ダンス
3. 嘘みたいな奇跡を
4. 同窓会の手紙
5. トマト
6. かさぶた
7. ブラッドオレンジ
※32Pストーリーブックレット付き

藍坊主
『木造の瞬間』通常盤(CD)

2018年1月24日(水)発売
価格:1,944円(税込)
TRJC-1078

1.群青
2. ダンス
3. 嘘みたいな奇跡を
4. 同窓会の手紙
5. トマト
6. かさぶた
7. ブラッドオレンジ

イベント情報

『aobozu TOUR 2018 ~木を隠すなら森の中~』

2018年2月12日(月・祝)
会場:愛知県 名古屋 APOLLO BASE

2018年2月24日(土)
会場:埼玉県 熊谷 HEAVEN'S ROCK

2018年3月11日(日)
会場:東京都 新宿 BLAZE

2018年3月21日(水・祝)
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

料金:各公演 前売3,900円 当日4,400円(共にドリンク別)

プロフィール

藍坊主(あおぼうず)
藍坊主(あおぼうず)

神奈川県小田原市出身の藤森真一(Ba)、hozzy(Vo)、田中ユウイチ(G)、渡辺拓郎(Dr)からなる4人組ロックバンド。2004年5月にアルバム『ヒロシゲブルー』でメジャーデビュー。2011年4月にTVアニメ『TIGER & BUNNY』エンディングテーマ“星のすみか”を発表し、翌月にはバンド自身初となる日本武道館公演を成功させた。2015年、自主レーべルLuno Recordsを設立。藤森真一(Ba)はこれまでに関ジャニ∞“宇宙に行ったライオン”や水樹奈々“エデン”等、楽曲提供も手掛ける。hozzy(Vo)はジャケットデザインの描き下ろしや楽曲のトラックダウンを自身で行う等、アーティストとして様々な魅力を発揮しており、よりパーソナルでコアな表現活動のためのプロジェクト、Normの活動をスタート!

関連チケット情報

2020年3月28日(土)
aobozu OTOMOTO ~藤森 NOT DEAD~
会場:shibuya eggman(東京都)
2020年3月29日(日)
aobozu OTOMOTO ~渡辺 NOT DEAD~
会場:shibuya eggman(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い