特集 PR

坂口恭平×折坂悠太 相思相愛の歌い人。歌の共通点は子供ウケ?

坂口恭平×折坂悠太 相思相愛の歌い人。歌の共通点は子供ウケ?

折坂悠太『ざわめき』、坂口恭平『アポロン』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:荻原楽太郎 編集:木村直大、山元翔一

ガットギターと独特な歌唱法による弾き語りが話題を呼び、小山田壮平や後藤正文らが賛辞を寄せるシンガーソングライターの折坂悠太。作家、建築家、画家と様々な顔を持つ異才であり、音楽家としても活動する坂口恭平。坂口が折坂のファンになったことをきっかけに二人は接近し、坂口のライブに折坂がゲスト出演するなど、徐々に親交を深めてきた。

そんな二人が2018年1月に発表するそれぞれの新作、折坂の『ざわめき』と、坂口の『アポロン』は、共に初のバンド録音。しかし両者とも、いわゆるシンガーソングライターがプロダクションを豪華にするためにバンド編成にチャレンジするのとは異なり、自らが内側に抱えるものをより純粋な形で発露するために今回の形態を選んだのだと言っていいだろう。スタイルは異なれども、確かに響き合う二人の対話を楽しんでいただきたい。

俺の音楽のベースは童謡で、自分が今歌ってる歌のコード進行は、その頃から変わってないからね(笑)。(坂口)

—お二人の出会いは、坂口さんが折坂くんのファンになったのがきっかけだそうですね。

折坂:僕を含めたシンガーソングライター三人(折坂の他に、やく、松井文)でやってる「のろしレコード」というレーベルを九龍ジョーさん(主にポップカルチャーを中心に執筆するライター、編集者)が面白がってくれて、Twitterにそれぞれのライブ動画を上げてくれたりしていたんです。それで坂口さんも知っていただいたんですよね?

坂口:そうだね。YouTubeで“きゅびずむ”の動画を見たのかな。フォークシンガーだって聞いてたんだけど、実際に見てみたら、俺はそういう感じがあんまりしなかった。ギターの弾き方とか、どっちかっていうとブラジルっぽくて、ジルベルト・ジルとジョルジ・ベンが一緒に一日で録ったやつ(『Gil e Jorge』、1975年発表のアルバム)をふと思い出したり。

折坂:僕もジルベルト・ジルは好きで、坂口さんがTwitterとかで紹介していらっしゃる音楽を見ると、「やっぱり、これも聴いていらしたんだ」って思うことがよくあります。

—実際に、ガットギターと独特の歌唱法という折坂くんのスタイルはどのように築かれたものなのでしょうか?

折坂:弾き語りは簡素なスタイルだと思うんですけど、「バックバンドが抜けた」みたいな音にはしたくなくて。ギターだっていろんな音が出せるし、ギターと自分で完結したものをやりたいと思ったんですよね。ブラジル音楽は、そういうスタイルをやる上で参考になると思って、興味を持ったんです。

折坂悠太
折坂悠太

坂口:俺は折坂くんを見て、「俺が弾きたい感じだな」って思ったの。自分もこういうのやりたいんだけど、俺は技術がなくて(笑)。

—坂口さんはBeckお好きなんですよね? 折坂くんにも初期Beckの感じがあるというか、「Beckが日本から出てきたらこんな感じだったかも」とか思って。

坂口:俺は『One Foot in the Grave』(1994年)ばっかり聴いてた。

折坂:あ、僕もそればっかり(笑)。

—やっぱり、通じる部分があるんですね。

坂口:俺、昔はBeckとかを真似してずっとギターループばっかりしてたんですよ。あと、リッチー・ヘヴンス(1941年生まれ、ニューヨーク出身のフォークシンガー)にハマった時期があって、オープンチューニングで弾きながら即興で日本語の歌を歌うことをやってた。20歳くらいのときに、それで一度下北沢SHELTER(ライブハウス)のオーディション受けたんだけど、「君、ここじゃないよ」って言われて……勘違いしてたんだろうね(笑)。

坂口恭平
坂口恭平

—坂口さんにとって音楽は、文筆や建築とは別のアウトプットなのでしょうか? それとも、すべてがフラットだと言えますか?

坂口:音楽が原点ではあるかもしれないですね。小学校にガットギターと、『みんなのうた』みたいな歌にコード進行の書いてある楽譜があって。俺、“気球に乗ってどこまでも”って曲が好きで、それを女の子に弾いたら意外とウケがよかったから、それで盛り上げるみたいなことばっかりやってた(笑)。だから、俺の音楽のベースは『みんなのうた』に載ってるような童謡で、実際に自分が今歌ってる歌のコード進行は、その頃から変わってなくて(笑)。

—折坂くんの楽曲にも童謡っぽい雰囲気がありますよね。

折坂:僕も一番最初にギターで弾いたのは「春のうららの~」(“花”)でした(笑)。さっきループっておっしゃってましたけど、僕、坂口さんが2017年1月のWWWでのワンマンライブ(『アポロン』でもバックを務めた寺尾紗穂、厚海義朗、菅沼雄太を従えて開催した『現実キャンプ』)で一番最後にやられてたTHE BLUE HEARTSの“TRAIN-TRAIN”にすごく感激して。あれもループだったじゃないですか? 僕は結構展開させるタイプだから、作り方は結構違うんだろうなって思いますね。

Page 1
次へ

リリース情報

折坂悠太『ざわめき』
折坂悠太
『ざわめき』(CD)

2018年1月17日(水)発売
価格:1,620円(税込)
ORSK-003

1. 芍薬
2. 茜
3. 口無し
4. 呼び名
5. ざわめき

坂口恭平 『アポロン』
坂口恭平
『アポロン』(CD)

2018年1月24日(水)発売
価格:2,808円(税込)
PECF-1146

1. カレー屋
2. ゴルフ
3. 春のせい
4. 休みの日
5. あの声
6. かみさま
7. 春の亡霊
8. 声
9. 月のうた

ライブ情報

折坂悠太
『「ざわめき」発売記念ライブ』

2018年2月16日(金)
東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
折坂悠太(合奏)+ざわめき重奏
あだち麗三郎クワルテッット
井手健介

2018年3月18日(日)
会場:茨城県 千年一日珈琲焙煎所

『弾き語り投げ銭ツアー2018』

2018年2月26日(月)
会場:香川県 高松 umie

2018年2月27日(火)
会場:高知県 Slowhand Mojo

2018年2月28日(水)
会場:愛媛県 WaItz&de'

2018年3月1日(木)
会場:徳島県 14g

2018年3月4日(日)
会場:福岡県 北九州・UMIE+

2018年3月5日(月)
会場:福岡県 TAG STÅ

2018年3月6日(火)
会場:佐賀県 CIEMA

2018年3月7日(水)
会場:熊本県 Sazae

2018年4月6日(金)
会場:広島県 LOG

2018年4月7日(土)
会場:島根県 松江・Green's Baby

2018年4月8日(日)
会場:鳥取県 Y PUB & HOSTEL TOTTORI

2018年4月10日(火)
会場:岡山県 ラウンジ・カド

2018年4月11日(水)
会場:兵庫県 神戸・BRUGGE

2018年4月13日(金)
会場:大阪府 martha

2018年4月14日(土)
会場:岐阜県 南原食堂

2018年4月15日(日)
会場:静岡県 浜松・手打ち蕎麦 naru

坂口恭平
『1st Studio Album リリースツアー「アポロン」』

2018年2月14日(水)
会場:東京都 渋谷 WWW
ゲストアクト:東郷清丸

2018年3月30日(金)
会場:大阪府 CONPASS
ゲストアクト:後日発表

2018年3月31日(土)
会場:愛知県 名古屋 金山ブラジルコーヒー
ゲストアクト:シラオカ

※全公演、坂口恭平と村人たち(Pf.寺尾紗穂、Ba.厚海義朗、Dr.菅沼雄太)で出演

プロフィール

折坂悠太
折坂悠太(おりさか ゆうた)

平成元年、鳥取生まれのシンガーソングライター。幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。2013年よりギター弾き語りでライヴ活動を開始。2014年、自主製作ミニアルバム『あけぼの』を発表。2015年、レーベル「のろしレコード」の立ち上げに参加。2016年には自主1stアルバム『たむけ』をリリース。その後は合奏(バンド)編成でのライヴも行う。2017年8月18日には、合奏編成にて初のワンマンライヴとなる『合奏わんまん』を代官山晴れたら空に豆まいてにて行い、チケットは完売。同日より合奏編成で録音した会場限定盤『なつのべlive recording H29.07.02』を販売開始する。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、ポップスとして消化した稀有なシンガー。

坂口恭平
坂口恭平(さかぐち きょうへい)

1978年、熊本県生まれ。作家、建築家、音楽家、画家。2001年、早稲田大学理工学部建築学科卒業。2008年、『TOKYO 0円ハウス0円生活』で文筆家デビュー。2011年、東日本大震災がきっかけとなり「新政府内閣総理大臣」に就任。2014年、『幻年時代』で第35回熊日出版文化賞、『徘徊タクシー』で第27回三島由紀夫賞候補に。2016年、『家族の哲学』で第57回熊日文学賞を受賞。2018年、初のスタジオアルバムで音楽界へ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら