特集 PR

菅野薫が語る映像の力とは?「本当に起きたこと」に賭ける方法論

菅野薫が語る映像の力とは?「本当に起きたこと」に賭ける方法論

『MEC Award 2018 入選作品展』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:八田政玄 編集:宮原朋之

Perfumeの三人がそれぞれ世界3都市で行ったパフォーマンスを生中継で融合させた、「NTT docomo FUTURE EXPERIMENT」プロジェクト。ビョークが日本科学未来館で見せた、リアルタイム360°VRストリーミング配信。ブライアン・イーノのPVとして生まれた、人工知能を使ってニュース画像から人類の記憶を連想する映像システム。これらすべてを手掛けるのが、菅野薫だ。

ライブで起こる出来事と映像を融合させて生まれる表現は『リオ2016閉会式 フラッグハンドオーバーセレモニー』でも注目され、2020年の「東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム」への参加も決定している。その彼が、映像表現の明日を担う才能を発掘、支援する『MEC Award 2018』のゲスト審査員を務めるという。その審査会場を訪ね、菅野自身の発想の源と、次の新しい映像表現について語ってもらった。

泣いても笑っても一回限りのことに賭ける。ライブパフォーマンスのような表現への関心が強くあります。

—菅野さんはもともと、データ解析技術の研究開発を担当していたそうですね。東日本大震災の際、被災地での移動を支援するためにホンダが公開したカーナビの通行実績情報マップがありました。菅野さんはこれをビジュアライズした『CONNECTING LIFELINES』などを手掛けていますね。

菅野:はい。僕はCMなどの制作ではなくて、マーケティングのためのデータの解析やビジュアライズなどを専門にキャリアをスタートしています。そもそも、学生時代の音楽活動から色々を覚えたこともあるし、刻一刻と変わり続ける情報をリアルタイムに表現していくのが自分の得意なアプローチ。育ち的に一回しか起こりえない、ライブパフォーマンスに近い表現への関心が強くあります。何度もテイクを重ねて、綿密に編集し、時間をかけてレンダリングするという意味での映像表現とは真逆とも言えますね。

菅野薫
菅野薫

東日本大震災直後から移動支援を目的として公開した「通行実績情報データ」をもとに、震災後20日間の道路がつながっていく様子をレーザーの光と音でビジュアライズ。Twitter上での「通行実績情報データ」への反響も、時系列を組み合わせて表現している

—「対象を撮影して、再生する」映像とは対極的ですね。

菅野:そうですね。そのやり方を更に進化させる転機となったプロジェクトは『Sound of Honda / Ayrton Senna 1989』でした。1989年の鈴鹿サーキットでの日本グランプリでF1世界最速ラップを樹立したアイルトン・セナ(1994年没)の走行データをもとにして、同じサーキットにたくさんのスピーカーとLEDを設置し、彼の走りをエンジン音と光で再現したものです。これは、データから一度限り生み出したライブイベントなのですが、それだけでは観てもらえる人数がすごく少ない。だからその瞬間をドキュメンタリーの映像作品として記録して公開することで、最終的に非常に多くの人々に見ていただくことができました。

—『カンヌライオンズ2014』で最高峰ともいわれるチタニウム部門のグランプリをはじめとした15個のライオン獲得、『第17回文化庁メディア芸術祭』のエンターテイメント部門大賞など、数々の受賞も話題になりました。

菅野:たいていの広告は撮影前に綿密にストーリーや演出が設計されたフィクションです。でも、このプロジェクトは、実際にあったこと。走行データからサウンドを再現して、走行の軌跡を光で表現する。それが一回限りのライブイベントになる。さらに、その様子を記録したドキュメンタリー映像が広告になる、という特殊なものでした。

コンテを組んで、それに従って撮影し、CGを加えて……、という歴史がある常識的な広告映像の制作マナーからは完全に逸脱していますからね(笑)。でも、それ以降の自分のやり方を象徴づけたプロジェクトだったと思います。

菅野薫
『Sound of Honda / Internavi “Ayrton Senna 1989”』をVimeoで見る

—その「菅野さんのやり方」について、もう少し詳しく教えてもらえますか?

菅野:多くの広告における映像作品は、壮大なフィクションを通じて「本当のこと」を伝えることをやってきました。いまやCG技術のレベルの高さは、もう実際には何も撮影しなくてよいのではないか?と思えるほどで、それは視聴者側にもちゃんと認識されているので、映像は嘘をつく、全部虚構であるってことが前提で物語に移入しています。

でも僕のやり方は真逆で、「ある場所である瞬間に、本当に起きたことを残す」ことで、「それを可能にした本当のこと」を導きだす、という視点で作っています。

—菅野さんが携わった、『リオ2016閉会式 フラッグハンドオーバーセレモニー』での東京大会プレゼンテーションや、テクノロジーを駆使したPerfumeやビョークのライブ配信も、まさにそういうものでしょうか。

菅野:それらのプロジェクトは、セナのプロジェクトより更に一歩進めたと言うことができると思います。TVでは、昔に比べてリアルタイムで見る生放送は減りました。でも『紅白歌合戦』や『オリンピック』がいまでも生中継されているのは、いま起こっていることの瞬間瞬間をみんなで共有したいからですよね。そして、これらの仕事では、そういう生々しく届けられる現実のなかに「そんなことできんの?」と、びっくりさせるリアルタイムに処理された映像的な虚構が混ざってくる。

2016年、日本科学未来館のジオ・コスモスを舞台に行われた、世界初の360°VRリアルタイムストリーミング

—たしかに、単なる生中継ではなく、いつも何らかの変換や融合の要素が加わる印象があります。

菅野:現実のなかにバーチャルな体験が越境してくる、ということですね。『リオ2016閉会式 フラッグハンドオーバーセレモニー』の中継映像におけるAR(拡張現実)はまさにそうです。カメラの視点が上空にブワーっと昇ってまた落ちてくる演出、あれは当然、実際にカメラがああいう動きをするわけではなく、バーチャル上での演出が織り交ざっているんです。

現実とフィクションを組み合わせるという意味では、映像の中で東京のマリオが土管に突っ込んでいくと、現実のリオのスタジアムの土管から登場する。それまでの僕の考え方をベースにさらに挑戦を広げていった感じです。

『リオ2016閉会式 フラッグハンドオーバーセレモニー』で披露された2020年の東京大会プレゼンテーション

Page 1
次へ

イベント情報

『MEC Award 2018 入選作品展』
『MEC Award 2018 入選作品展』

2018年3月17日(土)~4月8日(日)
会場:埼玉県 川口 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム
時間:9:30~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
料金:大人510円 小中高生250円

「MEC Award 2018入選作品展」のオープニングにご招待

3月17日(土)当日17:30~に映像ミュージアム受付にて係員に「CINRAを見た」と伝えていただけると、「MEC Award 2018入選作品展」のオープニングに参加いただけます。

プロフィール

菅野薫(すがの かおる)

電通CDC / Dentsu Lab Tokyoエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター / クリエーティブ・テクノロジスト。テクノロジーと表現を専門に幅広い業務に従事。本田技研工業インターナビ「Sound of Honda/AyrtonSenna1989」、Apple App Storeの2013年ベストアプリ「RoadMovies」、東京2020 招致最終プレゼン「太田雄貴Fencing Visualized」、国立競技場56年の歴史の最後の15分間企画演出、GINZA SIXのオープニングCM「メインストリート編」、BjörkやBrian EnoやPerfumeとの音楽プロジェクト等々活動は多岐に渡る。JAAA クリエイター・オブ・ザ・イヤー(2014 年、2016年) / カンヌライオンズチタニウム部門グランプリ / D&AD Black Pencil / 文化庁メディア芸術祭大賞 / Prix Ars Electronica栄誉賞など、国内外の広告、デザイン、アートなど様々な領域で受賞多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送