特集 PR

三浦崇宏×古賀崇洋 広告クリエイターはアートをどう変化させる?

三浦崇宏×古賀崇洋 広告クリエイターはアートをどう変化させる?

『呑むアート展』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:八田政玄 編集:川浦慧、宮原朋之

アートと広告ビジネスは、今こそ新しい関係性を結ぶことができるのではないか? そんな可能性を感じさせるイベント『呑むアート展』が、1月13日と14日、六本木ヒルズ森タワーのCafe THE SUNで開催され、会場は大いに賑わいを見せた。その開催規模に比して、2日間で600人が来場し、ビジネスの面でも大きな成果が出たという。

出品作家の古賀崇洋は、装着可能なマスク型の器やトゲの生えた器など、焼き物に新風を吹き込む作品で世界でも評価を受ける陶芸作家。現代ではスマホ画面上で写真を見るだけで作品を「わかった気」になれる。そうした風潮に疑問を呈するように、展示会場では古賀の器を実際に使い、酒を飲むことができた。身体感覚を通してアートを体験する試みだ。

今回、この展示のプロデュースを手がけたのは、広告ビジネスのアップデートを目指す「The Breakthrough Company GO」。同社の代表でPR / クリエイティブディレクターの三浦崇宏は、「現代は、アーティストがやらなければならないことが多くなり過ぎている」と語る。古賀と三浦が、今回のイベントを仕掛けた狙いとは? そして三浦が言う、問題解決ビジネスである広告のクリエイティブと、問題発見のアートの間に築かれる新たな関係とは? 会場で話を訊いた。

アーティストがやらないといけないことが多過ぎて、一人で抱えるのは限界だと感じるんです。(三浦)

—博報堂出身の三浦さんは、2017年1月に新会社「GO」を設立されました。まずはこの会社を立ち上げた背景にある問題意識を聞かせてください。

三浦:僕の仕事は、クリエイティブディレクターといいますが、簡単にいうと広告の責任者です。従来の広告ビジネスの枠組みだと宣伝予算って、だいたい事業予算の2割程度なんですね。つまり広告クリエイターは企業活動の約2割の専門家でしかない。そこに悔しさを感じていました。

クライアントの事業の価値を、生活者にとって魅力的なものに翻訳して、社会に届ける広告クリエイターの能力って、もっと広く役立てられるはず。そんな仮説をもとに、クライアントのビジネスや、社会との関わり方をクリエイティブディレクションするという思想で仲間と立ち上げたのが、GOという会社です。

GO代表・三浦崇宏
GO代表・三浦崇宏

—広告クリエイターのスキルを、より上流部分まで拡張して活かそうと。

三浦:最近では、NTTドコモさんが新事業「dカーシェア」を始めるにあたり、携帯キャリアがカーシェア事業を手掛ける意義から一緒に考えて、事業のプロデュースを担当させていただきました。

 

dカーシェア
dカーシェア(サイトで見る)

社会におけるその事業の意味を定義し、アクションや表現に変えていく。そうしたスキルは現代アートの世界、作家さんのプロデュースにも活かせるのではないか。そんな思いから、古賀さんと今回の展示を始めたんです。

『呑むアート展』メインビジュアル
『呑むアート展』メインビジュアル

『呑むアート展』で展示された作品一覧
『呑むアート展』で展示された作品一覧

古賀:僕にとっても、ありがたいお話でした。僕はやはり、もの作りに集中したいし、作家として社会に問題提起をしたいという思いが強くて。とはいえ制作に特化すると、外の社会が見えにくくなる。そうした制作と情報発信の両立に、難しさを感じていました。

古賀崇洋
古賀崇洋

—活動のなかで、ジレンマを感じていたわけですね。

古賀:いま、これだけ情報が溢れているなかで、実際に作品を手に取らなくても、スマホやパソコンの画面上で見て満足する鑑賞のあり方が広がっていると思うんです。でも、実体験で本物に触れてほしいというのは一番の問題意識としてあって。

それをきちんと伝えるためにも、制作以外の部分はプロのチームにお願いしたことで、もの作りだけに集中することができました。

三浦:いまはSNSとスマホの普及で、いろんな表現や話題化の手法が多様になったぶん、アーティストやクリエイターがやらないといけないことが多過ぎて、一人で抱えるのは限界だと感じるんです。

たとえば村上隆さんは、作品を世の中に見せて、広げていくためにカイカイキキという組織を持っている。そして、発信の仕方からメディアでの取り上げられ方までさまざまに設計して、現象としてのアートを生み出していますよね。今回の企画も僕らGOのメンバーをはじめとして、プロデューサーや、アートディレクター、空間デザイナー、そして何より森ビルの方々といった、気合の入ったメンバーがチームを組んで初めて実現したんです。


本プロジェクトのプロデューサー、ツドイの今井雄紀のブログには盛況だった展覧会の様子が綴られている

—その全体を一人で担うのは、大変なことですね。

三浦:それを全部アーティストに背負わせると、結果として口が上手い人、あるいはすでに成功した人しか成功できないという状況が生まれる。そんななかでは、若い野心のある人は出てきにくいでしょう。

一方、僕は自分の広告の仕事を、作品を作ることではなく、現象を起こすことだと考えています。そうした考え方は、古賀さんをはじめとしたアーティストの活動のサポートのうえでも、役立てることができると思います。

三浦崇宏

Page 1
次へ

サービス情報

The Breakthrough Company GO

株式会社GOは、全く新しい思想・システムのPR/広告/マーケティングの会社です。企業・自治体・個人のチャレンジを、事業開発からプロモーションまで全般的にサポート、成功まで導きます。

サイト情報

古賀崇洋 公式ECサイト

イベント情報

『呑むアート展』
『呑むアート展』

2018年1月13日(土)、14日(日)
会場:六本木ヒルズ 森タワー Cafe THE SUN
ドリンクプロデュース:
お酒のプレミアムセレクトショップ「未来酒店」

プロフィール

三浦崇宏(みうら たかひろ)

1983年生まれ。PR /クリエイティブディレクター。2007年博報堂入社。同社およびTBWA\HAKUHODOにて、ストラテジックプラニング、PR、クリエイティブを歴任。カンヌライオンズ、『日本PR大賞』、『グッドデザイン賞』ほか受賞多数。2017年、福本龍馬さんと共同代表としてThe Breakthrough Company GO設立。

古賀崇洋(こが たかひろ)

陶磁器作家。1987年生まれ。福岡県出身。陶芸作家。ストリートから伝統文化を革新し続ける。2013〜2016年、Contemporary Japanese Design & Arts | Fuori Salone (MILANO SALONE / Italy)。2014年、H.P.FRANCE gallery 初個展『陶磁器 古賀崇洋』(南青山 / 東京)。2015年、NEW DESIGN of TEA(GOOD DESIGN STORE Gallery / 香港)。2017年、Ceramic Dedication(OTOGI / 福岡)。2018年、MAISON & OBJET(メゾン・エ・オブジェ)(PARIS / France)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送