特集 PR

高校生バンドNo titleのシンデレラストーリーが始まった

高校生バンドNo titleのシンデレラストーリーが始まった

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:久野剛士、野村由芽

ストリーミングサービスの登場は、音楽シーンにも大きな変化を与えた。オーディションもそのひとつと言っていい。2017年夏から約半年にわたって、「観客参加型」であることを最大の特徴とする『LINEオーディション2017』が実施された。

音楽ストリーミング時代の新スター発掘を目指して行なわれたこのオーディションで、見事総合グランプリに輝いたのは青森出身の高校生バンド、No title。彼らはオーディション参加曲でもある“rain stops, good-bye”を音楽プロデューサーJINのアレンジ&プロデュースのもと、新たにレコーディングし直し、晴れてLINE RECORDSよりデビューした。

観客が参加したこのオーディションの審査の過程で見えたものとは。そして、総合グランプリに選ばれたNo titleとは、どんなバンドなのか。LINE RECORDSの事業プロデューサー田中大輔も交え、No titleの三人に話を聞いた。

父親が中学校のときはバンドブームだったけど、いまはアコギをちょっとかじってる人が数人いるぐらい。

—まず、三人の基本情報をお聞かせください。全員、青森県の三沢市で暮らす高校1年生とのことですが、そもそもNo titleとは、どんな経緯で結成されたバンドですか?

あんべ(Gt):中学生になるまではバンドに興味がなかったし、音楽自体、あまり聴いてなかったんですよね。でも、中学に入ってから、SEKAI NO OWARI、RADWIMPS、ゲスの極み乙女。とか、好きなバンドにたくさん出会って、だんだん聴くだけではなく、自分でも演奏してみたいと思うようになりました。

それで、父親のギターを借りてちょっと練習し始めたんです。それが中学1年の夏ぐらいで、それからずっと練習していたので、中学校の最後の文化祭ではバンドをやりたいなって思って。それで、二人を誘ってバンドを組んだんですよね。

左からポチ(ゆうと)、ほのか、あんべ
左からポチ(ゆうと)、ほのか、あんべ

—なぜ、この二人だったのでしょう?

あんべ:小学校も同じなんですけど、実はすごい仲が良かったというわけではなくて。ただ、中学校に入ってから、ほのかが文化祭で歌っているところや、ポチが学校の合唱コンクールでピアノの伴奏をやっているのを見て、バンドに誘いたいと思ったんです。

—それで、ボーカル、ギター、キーボードの編成に至ったんですね。ベースとドラムは、敢えて探さなかったのですか?

ほのか(Vo,Gt):ベースとドラムは探したんですけど、できる人が身近に全然いなかったんですよね。

No titleの三人

—中学校では、バンドをやる人があまりいなかった?

あんべ:全然いなかったですね。僕の父親が中学校のときは、バンドブームでみんなギターをやっていたと言うんですけど、いまはアコギをちょっとかじってる人が学校に数人いるぐらい。ベースやドラムをやっている人は、全然いなかったです。

ほのか:だから、仕方なくいまの編成でやっているんですけど、変わった編成だからこそ、かえってまわりから注目を浴びたところもあったと思います。

インターネットやSNSがなかったら、今回のオーディションも受けてなかったかもしれないです。(あんべ)

—結成後は、どんな活動をしてきたのでしょう?

ほのか:中学校の文化祭の次にやったライブは、地元にある小川原湖の公園で毎年やっているイベントでした。ただ、そのあと、あんべくんは別の高校に進学したので、私とポチの二人で高校の文化祭で歌って。そのときの映像が、YouTubeに投稿されて話題になったんです。それをきっかけに、学外でのライブの誘いもいただけるようになって。

—その動画では、何を歌っていたんですか?

ほのか:それが、今回のデビュー曲にもなった“rain stops, good-bye”だったんですよね。

—あ、そうなんですね。

ほのか:この曲は、におPさんという方が、初音ミクのボーカルで発表した曲で。私が探してきたんですけど、やっぱり、ドラムもベースもいなくて、ピアノと私のギターだけで歌える曲となったら、結構限られてくるんですよね。ちょっと懐かしい感じのある曲なので、そこがいいんじゃないかなと思って。

ほのか
ほのか

—ボカロPのカバー動画がネットで評判になるというのは、ボカロというジャンルが確立した時代を反映していますよね。

あんべ:そうですね。最初はSNSを使ってライブの告知をしていたんですけど、文字で伝えても、なかなかわかってもらえないところもあって。やっぱり、自分たちのやっていることは音楽なので、「まずは聴いてもらわないと」と思って。それで、なるべくライブの動画を撮ってアップするようにしたんです。

高校生のバンドが身近にたくさんいるような環境ではなかったから、できるだけのことはやろうと思っていました。インターネットやSNSがなかったら、今回のオーディションも受けてなかったかもしれないです。バンドを始めた当初は、わざわざ東京に出てきて、オーディションを受けようみたいなことを、全然考えていなかったので。

あんべ
あんべ

Page 1
次へ

リリース情報

No title『rain stops, good-bye』
No title
『rain stops, good-bye』

2018年1月23日(火)配信リリース

プロフィール

No title(のー たいとる)

あんべ(Gt)、ほのか(Vo&Gt)、ポチ(ゆうと)(Piano)の三人からなる青森県三沢市出身の現役高校1年生バンド。2017年にLINE社が主催する『LINEオーディション2017』のバンド部門にエントリーし、ファイナリスト25組に選出。同年11月に行なわれたLINE LIVE『LINEオーディション2017 総合グランプリ発表SP!』にてバンド部門最優秀賞、そして総合グランプリを獲得。2018年1月23日にLINE RECORDSよりデビューが決定。プロデューサーにはGReeeeN等を手掛けたJINが就任した。

田中大輔(たなか だいすけ)

LINE RECORDS事業プロデューサー。1976年神奈川県生まれ。大学卒業後、CD・レコードショップのバイヤーを経て、2002年ユニバーサル ミュージック合同会社に入社。数々のアーティストのマーケティング・メディアプランナーを担当し、2015年LINE株式会社に入社。定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」に従事、2017年3月に「LINE RECORDS」を発足。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に