特集 PR

SAKANAMONは、「ヘンなこと」をやってるから売れないのか?

SAKANAMONは、「ヘンなこと」をやってるから売れないのか?

WIZY
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:鈴木渉 編集:矢島由佳子、川浦慧

SAKANAMONは、なぜ売れないのかーーそんな、身も蓋もないテーマを掲げたドキュメンタリー映画『SAKANAMON THE MOVIE ~サカナモンは、なぜ売れないのか~』が、デビュー10周年を記念して制作される。監督は、これまでも彼らのミュージックビデオなどを手がけてきた清水康彦。映画のなかではメンバーが大胆にイメチェンしたり、滝に打たれたり、さらにはSAKANAMONを解散(!)し「売れる」ための新バンドを結成するなど、単なるバンドのドキュメント映像には留まらないようだ。

思えばSAKANAMONは、卓越したソングライティング能力や鉄壁のバンドアンサンブルを、まるでひた隠すかのごとく、常にこうした「ヘンなこと」をやり続けてきた。「普通にしていれば、もっと売れるのに……」という声は、ファンの間でも(半ばそれを楽しみつつ)合言葉になっているほど。それを重々承知の上で、なぜ彼らはヘンなことをやり続けているのだろうか。

バンドのリーダー藤森元生に、その辺りのことを清水監督と共に突っ込んでもらいつつ、映画制作への意気込みや、今回利用したクラウドファンディング「WIZY」についても訊いた。

バカにされるくらいかっこ悪い僕と、ステージで演奏しているめっちゃかっこいい僕、その振り幅で楽しませたい。(藤森)

—僕のなかでSAKANAMONは、「メロディーもアレンジも最高にかっこよくて、サウンドも常にハイクオリティーなのに、なぜ音楽以外のところでヘンなことばっかりやっているんだろう?」という印象なんです。

藤森:(笑)。もともと僕は、勉強も音楽もできなくて、1位になれることがなにもなかったんです。それで逃げまくった末に見つけたものが、音楽だったんですよね。音楽をやる前は絵画の方面へ逃げたこともあったんですけど、絵画教室では常に「ドベ」だったし、もう「音楽しかない」という状態で。

でも、バンドを組んで本格的に音楽活動を始めてみると、当然そこにはたくさんのライバルがいるわけじゃないですか。そこで自分たちが「唯一無二の存在」になるためには、音楽だけで勝負しててもダメだなと。それでいろいろ考えていたときに、自分は日常のなかの「ギャップ」を面白がっているということに気づいたんですよ。

藤森元生
藤森元生

—日常のなかのギャップというのは?

藤森:僕は高校生の頃、粘土ばかりいじっていて、クラスメートからは「根暗」と言われ、友達もいなければ女の子と話すこともできない存在だったんです。でも、そんな自分でも文化祭にバンドで出たら、「素敵!」って思われるようになるんじゃないか? という理想像を描いていて。

普段は日の目を見ないやつが注目されるっていう逆転劇が好きなんです。そういう気持ちが今も続いていて、バカにされるくらいかっこ悪い僕と、ステージで演奏しているめっちゃかっこいい僕、その振り幅で楽しませたいと思っているんですよね。

—SAKANAMONの楽曲は、歌詞とメロディーにもギャップがありますよね。そこには「照れ」みたいなものもあるのかなって思ったんです。「かっこいいことを、かっこいいままやるのはかっこ悪い」みたいな。

藤森:それは間違いなくありますね。江頭2:50さんが、「かっこいいはかっこ悪い、かっこ付けるはかっこ悪い、かっこ悪いがかっこいい」をポリシーに掲げていて。それは僕も同感だなと。

清水:一般的にすでに「かっこいい」とされていることをやるより、誰もまだ「かっこいい」なんて思ってないことをかっこよくやったほうが、「新しいかっこよさ」になるよね。

左から:藤森元生、清水康彦
左から:藤森元生、清水康彦

SAKANAMONの周りには、「SAKANAMON」というフォーマットで遊んでみたいクリエイターが集まってくるんでしょうね。(清水)

—改めて、これまでSAKANAMONがやってきた「ヘンなこと」を、いくつか振り返りたいと思います。まずは2015年にリリースした、タワーレコード限定シングル『PLAYER PRAYER』ですが……。

清水:え、なに? なんなのこれ、気持ち悪いね!

SAKANAMON『PLAYER PRAYER』
SAKANAMON『PLAYER PRAYER』(TOWER RECORDS ONLINEで見る

藤森:(笑)。裏がカレンダーになってるんですよ、「スルメイカレンダー」。これまではクールなアートワークが多かったから、「ちょっとインパクトを出してみよう」ということで、ディレクターの方がアイデアを持ってきてくれて。SAKANAMONの「SAKANA」って、「魚」じゃなくて酒の「肴」だから、それにかけてるというのもあります。

 

—聴けば聴くほど味の出る「スルメ」のような楽曲、という意味もあります?

藤森:あ、いいですね。それもいただきます(笑)。

清水:実際、お客さんの反応はどうだったの?

藤森:上々でしたよ。ただお店の売り場からは、「置く場所がない」って言われました(笑)。曲自体はかなり真面目なことを歌っているんですよ。スルメのことなんて一切歌ってないんですけど、とにかく「こいつら面白いな」って思ってもらいたかったんです。

—で、スルメの次はホタテのジャケットなんですよね。4枚目のアルバムが『HOT ATE』というタイトルで、つまり「ホタテ」と「ホットなアテ」のダブルミーニングになっている。

SAKANAMON『HOT ATE』のジャケット
SAKANAMON『HOT ATE』のジャケット(Amazonで見る

藤森:アルバムが2枚組になることは決まっていたので、「2枚組、2枚組……二枚貝?」みたいな(笑)。それでホタテの形をしたパッケージにしよう、ということになったんです。

清水:これ、すごくいいじゃん! きっとSAKANAMONの周りには、「SAKANAMON」というフォーマットを使っていろいろ遊んでみたいと思っているクリエイターがたくさん集まってくるんでしょうね。「SAKANAMONに、次はこんなことをさせたらどうだろうか?」みたいな。僕自身もそんな感じでいろいろ仕事をさせてもらってるし。

左から:藤森元生、清水康彦

左から:『PLAYER PRAYER』『HOT ATE』
左から:『PLAYER PRAYER』『HOT ATE』

Page 1
次へ

プロジェクト情報

『バンド結成10周年!SAKANAMONドキュメンタリー映画制作プロジェクト』

プロジェクト受付期間:2018年5月27日(日)23:59まで

サービス情報

WIZY
WIZY

アーティストがつくりたいもの、ファンがアーティストとしたいこと、みんなの夢が、ひとつでも多く実現できますように。WIZYはそんなみなさんの願いを叶えるプラットフォームです。

リリース情報

SAKANAMON『・・・』
SAKANAMON
『・・・』(CD)

2018年1月17日(水)発売
価格:2,800円(税込)
TLTO-008

1. ロックバンド
2. STOPPER STEPPER
3. 乙女のKANJOU
4. DAVID
5. SYULOVER
6. 凡庸リアライズ
7. テヲフル(・・・MIX)
8. 反照
9. ケーキ売りの女の⼦
10. DAPPI

イベント情報

SAKANAMON
『延々々』

2018年4月5日(木)
会場:香川県 高松 TOONICE

2018年4月6日(金)
会場:広島県 Cave-Be

2018年4月7日(土)
会場:福岡県 INSA

2018年4月13日(金)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn2nd

2018年4月15日(日)
会場:北海道 札幌 DUCE

2018年4月20日(金)
会場:愛知県 名古屋 クラブクアトロ

2018年4月21日(土)
会場:大阪府 梅田 BananaHall

2018年4月26日(木)
会場:新潟県 GOLDEN PIGS BLACK

2018年4月27日(金)
会場:石川県 金沢 vanvan V4

2018年5月19日(土)
会場:東京都 Zepp Tokyo

プロフィール

SAKANAMON
SAKANAMON(さかなもん)

「聴く人の生活の“肴”になるような音楽を作りたい」という願いを込めて“SAKANAMON”と命名。2009年より現在の編成で都内を中心に活動開始した、藤森元生(Vo,Gt)、森野光晴(Ba)、木村浩大(Dr)の3ピースギターロックバンド。2012年12月5日、フルアルバム『na』でメジャーデビュー。2017年5月10日にshibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新ロックレーベル「TALTO」よりニューミニアルバム『cue』(読み:キュー)をリリース。日本語の解体と再構築を自由自在に繰り返し紡ぎ出す独特のシュールな歌詞世界に、中毒性の高いポップなメロディーはまさに“肴者世界”。“サカなもん”という摩訶不不思議なマスコットキャラクターを従え独特のライブパフォーマンスを展開中。

清水康彦
清水康彦(しみず やすひこ)

1981年生まれ。福井県出身。2001年映像ディレクターとして活動開始。ミュージックビデオを多数演出。2015年ロボット所属。映像ディレクター・プランナー・脚本家など、活動は多岐にわたる。<広告>楽天、三菱電機、エアウィーヴ、サイバーエージェント、Anecan、IKEA、シチズン、コカ・コーラ、サッポロ、モッズヘアなど。<MV>金子ノブアキ、平井堅、安室奈美恵、嵐、美川憲一、川本真琴、KinKi Kids、GLAY、KREVA、桑田佳祐、コーネリアス、斉藤和義、佐々木希、Superfly、ポルノグラフティ、マキシマムザホルモンなど。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像