特集 PR

ナチュラルに交わる、JABBA DA FOOTBALL CLUB×Tempalay

ナチュラルに交わる、JABBA DA FOOTBALL CLUB×Tempalay

JABBA DA FOOTBALL CLUB『FUCKING GOOD MILK SHAKE』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也 編集:川浦慧

陽性の魅力に富んだパーティーラップを武器に、シーンの枠組みを越えて注目を集めている四人組ヒップホップクルー・JABBA DA FOOTBALL CLUBが、3月14日にニューE.P.『FUCKING GOOD MILK SHAKE』をリリースする。 “MONKEYS”を除く楽曲は、外部のトラックメイカーがビートを提供しているという点においても、彼らにとって大きな挑戦作と言える。

中でも特筆すべきはTempalayのキラーチューン“革命前夜”をサンプリングしている“月にタッチ”だ。原曲の印象深いメインフレーズのループを採用したフックを軸に、メロウな浮遊感をおおいに活かしたトラック。そのうえで展開されるマイクリレーは実に心地よく、JABBA DA FOOTBALL CLUBとTempalayがジャンルを跨ぐ同時代の感覚や気分においてナチュラルに共鳴していることがわかる。

この曲の誕生を記念して実現したこのJABBA DA FOOTBALL CLUBのメンバー全員とTemapalyのフロントマン・小原綾斗の対談記事においても、ヒップホップクルーとバンドマンが分かち合う同時代性というものを感じてもらえると思う。

もともとRIP SLYMEがめっちゃ好きで。ジャバにも似た雰囲気を感じてるのかもしれない。(小原)

—JABBA DA FOOTBALL CLUB(以下、ジャバ)とTempalayの付き合いはいつから始まったんですか?

NOLOV:最初は『ビートマ』(『BEACH TOMATO NOODLE』)だよね?

小原:一昨年にTempalayとドミコの共同企画で『BEACH TOMATO NOODLE』という野外フェス的なイベントを開催したんです。TENDOUJIも出てくれて。ジャバとは、そこが初対面でしたね。

NOLOV:そのときの僕らはビートマ周りで友だちが全然いなかったので、呼んでもらえたことにビックリしたし、嬉しかったですね。そこでTempalayのライブを観て、めちゃくちゃカッコよくて、みんなで「ヤバくね?」って驚きました。ライブの余韻に浸りたくて、帰りの車の中でも聴いたもんね。

NOLOV、ROVIN、BAOBAB MC、ASHTRAY(JABBA DA FOOTBALL CLUB)、小原綾斗(Tempalay)
NOLOV、ROVIN、BAOBAB MC、ASHTRAY(JABBA DA FOOTBALL CLUB)、小原綾斗(Tempalay)

ASHTRAY:そのあとは『Shimokitazawa SOUND CRUISING』でも会ったりしたよね。

小原:そのとき、仲のいいTENDOUJIとジャバのライブのタイムテーブルが被っていたんだけど、俺はジャバを観に行ったんですよ。まだそんなに仲よくなかったのに(笑)。

BAOBAB:おおっ!

—それは、『ビートマ』で観たジャバのライブの印象がよかったから?

小原:そうっすね。普通にジャバの曲も好きやったんで。いや、曲というか、この四人の雰囲気が好きで。

—クルー感みたいな?

小原:そう、クルー感。それはべつに、仲よくないときから好きやった。僕、もともとRIP SLYMEがめっちゃ好きで。ジャバにも似た雰囲気を感じてるのかもしれないですね。本人たちは誰かに似てるって言われたらイヤかもしれないけど。

ROVIN:イヤな気持ちはしないよ。

小原:なら、よかった。ジャバにも、RIP SLYME(以下、リップ)とかTERIYAKI BOYZ®に通じるものを感じるんですよね。

—リップやTERIYAKI BOYZ®は日本語ラップが好きというよりは、ポピュラーミュージックのひとつとして聴いていた感じですか?

小原:そうっすね。小学生のときだったので、ヒップホップというジャンルを意識して聴いていたわけではなかったんです。僕の地元(高知県)はめちゃめちゃ田舎で、ビデオショップの一角にあるCDレンタルをよく利用していたんですよ。そこで借りるCDはオリコンランキングに並んでる曲ばかりで。リップの『BLUE BE-BOP』(2002年)とか借りたのを覚えてますね。

—当時聴いていたリップと似た感覚をジャバが思い出させてくれたと。

小原:そうなんですかね?

NOLOV:そうなんだと思うよ、俺は!(笑)

小原:でも、ジャバもリップのこと好きでしょ?

NOLOV:超好きだよ。

ROVIN:僕らはFUNKY GRAMMAR UNIT(以下、FG。1990年代にRHYMESTERを中心に、RIP SLYME、EAST END、KICK THE CAN CREWなどで結成されたクルー)が超好きで。KREVAの新しい動画がYouTubeに上がったりすると、視聴数が1000もいってない段階からみんなチェックしてて、「見た?」って話す、みたいな。

ROVIN
ROVIN

—それこそジャバの新作『FUCKING GOOD MILK SHAKE』の1曲目“MONKEYS”のミュージックビデオ(以下、MV)は、FG感のあるパーティートラックで。MVでもKICK THE CAN CREWのオマージュと思われるシーンがいくつか出てきたり。

BAOBAB:“MONKEYS”のトラックは、ファンクとかミドルスクールなトラックにラップを乗せたくて、そこにNOLOVがDe La Soulを意識した感じにしたいと言って作っていって。

BAOBAB MC
BAOBAB MC

—ああ、それもわかります。FGの血に流れてるニュースクール、Native Tongue(ネイティブ・タン:オールドスクールやヒップホップを印象付ける、「マッチョ」「ゴールドネックレス」「銃」などの要素を排除した、新しい路線を切り開いたヒップホップクルー)のニュアンスというか。

NOLOV:そうそう、FGよりさらに前へ先祖返りする感じで。曲調としてはDe La Soulの“Me Myself And I”を意識していて。

—世代的にどういう流れでFGとかDe La SoulをはじめとするNative Tongue周辺のヒップホップが好きになったんですか?

NOLOV:KICK THE CAN CREWやRHYMESTERを小学生のときに知って、あとからFGの存在を知るんですよね。それで、FGが超いいってなって。その流れでNative Tongue周辺も聴き始めたんです。

NOLOV
NOLOV

ROVIN:俺は、最初はリップの“楽園ベイベー”だったな。中1のとき、忘れもしないです。ヒップホップとか関係なく聴いていて、単純にカッコいいなって。

—FGのどんなところにシンパシーを覚えたんですか?

NOLOV:やっぱりバンドって音楽的にすごく面白いんですよね。そこには、僕らにないアイデアがあったりして。今、バンドセットのライブをやるラッパーが増えてますけど、それってバンドサウンドならではのグルーヴが出るからだと思うんです。だから、Tempalayみたいなカッコいいバンドと対バンしたときに俺たちができることって、この四人がいかに堂々と楽しく立ち振る舞って盛り上げられるかしかなくて。

そういうときにFGの人たちのライブ映像を観たりすると、前はわからなかったけど、今だから理解できるポイントもあったりして。KREVAがバンドセットで積極的にライブしてた理由も今ならすごくわかる。そのうえで俺たちは、今はマイク4本とDJでバンドとも真正面からで戦いたいと思うし。

Page 1
次へ

リリース情報

JABBA DA FOOTBALL CLUB
『FUCKING GOOD MILK SHAKE』
JABBA DA FOOTBALL CLUB
『FUCKING GOOD MILK SHAKE』(CD)

2018年3月14日(水)発売
価格:1,080円(税込)
OMKCD-0014

1.MONKEYS
2.THINK RICH, LOOK GOOD feat. Kick a Show
3.MESSI COOL
4.LUCKY PUPIL RADIO
5.MIDNIGHT GOOD GOOD MOOD feat. KEMMY
6.月にタッチ

Tempalay 『from JAPAN 2』(LP+7インチアナログ)

2018年3月28日(水)発売
価格:4,320円(税込)
PLP-6937/8

1.TIME MACHINE
2.新世代
3.かいじゅうたちの島
4.革命前夜
5.夏の誘惑
6.my name is GREENMAN
7.ZOMBIE-SONG feat. REATMO
8.made in Brazil
9.インスタントハワイ
10.深海より
11.San Francisco
12.革命
13.それじゃまた

プロフィール

JABBA DA FOOTBALL CLUB
JABBA DA FOOTBALL CLUB(じゃば だ ふっとぼーるくらぶ)

2014年結成。オマケクラブ所属。NOLOVとBAOBAB MCが悪ふざけではじめたラップユニット。ASHTRAYとROVINが加入後、正式に活動を開始する。2015年、1st Album「QUEST」を枚数限定で発売。都市部の若い世代を中心に話題となり完売。サマーソニックや米キャンプなど大型フェスからクラブイベントまで、ジャンル・昼夜問わず、ロックしている。2017年3月に、2nd Album「OFF THE WALL」発売。リード曲”STAY GOLD, LIFE GOES ON”で、知名度を広げる。これから目が離せないクルー。

Tempalay(てんぱれい)

東京を中心に活動する、小原 綾斗(オハラ・リョート/ Gt&Vo)、竹内 祐也(タケウチ・ユウヤ / Ba)、藤本 夏樹(フジモト・ナツキ / Dr)による3ピースロックバンド。ライブはサポートメンバーにAAAMYYY (エイミー / Cho&Syn)を加えた4人編成で行う。結成から僅か1 年にしてFUJI ROCK FESTIVAL '15「ROOKIE A GO-GO」に出演。西海岸やカナダの海外インディーシーンの影響を感じさせる極彩の脱力系サウンドに中毒者が続出。話題と注目が集まる中で2度目の出演となったFUJI ROCK FESTIVAL'17では、小原がワクワクしすぎて右指を骨折。そんな緊急事態に仲間のギタリスト達が集結し、1曲ずつギターをバトン代わりに演奏したステージが多くの人の胸を打ち、ちょっとした伝説となる・・・!2018年3月28日には、2ndアルバム『from JAPAN 2』のアナログ盤をリリース!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現