特集 PR

NakamuraEmiと語り合う、30代の大人がサボってはいけないこと

NakamuraEmiと語り合う、30代の大人がサボってはいけないこと

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』
インタビュー・テキスト
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:西槇太一
2018/03/20

保育士、自動車メーカーなどの社会人経験を経て、33歳でメジャーデビュー。先日36歳の誕生日を迎えたシンガーソングライター・NakamuraEmiが、3月21日、メジャー3rdアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』をリリースする。

「大人に責任があると思う」「私たちの世代が伝えていかなければならない」とインタビュー中に何度も発したNakamuraEmiの歌には、一人の大人として、今の日本社会を見て疑問に思うこと、考えたいこと、話し合うべきことが並んでいる。「かかってこいよ」など刺激の強い言葉も綴られているが、NakamuraEmiは、決して誰かを否定、批判することはない。どれだけ歳と経験を重ねても、誰よりも「自分」の未熟さを素直に認め続けているのだ。

かっこいい大人、憧れられる大人になるためには、どうあるべきか?——NakamuraEmiの姿勢には、普段ほったらかしにしている自分のダサさに「ハッ」と気付かされる。

「職人気質」よりも「効率」のほうを提示していった責任は、大人たちにあると思う。

—新作は、『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』(=日本の女を歌う)というタイトルでありながら、男女問わず、「人と人の関わり、つながり」について様々な面から向き合っているアルバムだと思いました。今、そういうことを歌おうと思った理由から聞かせていただけますか?

NakamuraEmi:機械がどんどん進歩して便利になっていく一方で、昔みたいなコミュニケーションがすごく減っていますよね。それでももちろん生きてはいけるけど、コミュニケーションのなかにある温もりみたいなものってやっぱり大事だなと、今の環境のなかで感じさせてもらうことが多くて。

自分の足を動かして、相手の目を見て話して、「相手を傷つけたな」と思ったり、「泣かしちゃったけど、これは言わなきゃいけないことだったな」と思ったり……そうやって一つひとつ自分で感じることが、絶対に大事だと思うんですよ。

NakamuraEmi
NakamuraEmi

—今は、“かかってこいよ”で歌われている通り、SNSなどで<殺気に満ちた勝手な言葉 会ったことなくても投げられる時代>ですよね。

NakamuraEmi:私も家にいるのが一番好きなんですけど(笑)、こういった言葉を人に発信するなら、まずは自分が勇気を持って人に会いにいくことのできる人間でいなきゃと思っているんです。

—先ほどおっしゃった、Emiさんの「自分の今の環境」というのは、どういうものですか?

NakamuraEmi:今一緒にやってるスタッフは私と同じ世代で、手間をかける楽しさをわかっている人たちなんですよね。何度もやり直したり、手間をかけたりすることでわかるものって、絶対にあって。ポスターにサインをするのも、もしかしたら自己満なのかもしれないけど、ポスターを作った人たちや、届ける相手の顔も見えてくるし、そういうのって大事だと思うんです。

全国に配るポスター450枚に直筆サインをし、販売用のアナログレコード800枚にシリアルナンバーを手書きしている

—今の時代、ほとんどの会社や組織が、こういった「手間」とは真逆の「効率化」を追求することをよしとしている気がします。

NakamuraEmi:職人気質なところよりも効率のほうを、機械の進歩によって提示していったからなんでしょうね。それを提示していった責任は、大人たちにあると思う。

でも、それを提示したことで、たとえば仕事がしやすくなったり、よくなったこともありますよね。だからこそ、人間の温もりとか、コミュニケーションを取ることとか、そういう大事なところを人間が伝えていくしかない。30代って、大先輩とかともちょっとずつ対等にお話できるようになってくるし、20代のときは自分のことで必死だし……だから、私たちの世代が伝えていかなきゃいけないって思うんです。

Page 1
次へ

リリース情報

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』初回限定盤
NakamuraEmi
『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』初回限定盤(CD)

2018年3月21日(水・祝)発売
価格:2,916円(税込)
COCP-40289

1. Don't(Album mix)
2. N
3. かかってこいよ
4. 新聞
5. 波を待つのさ
6. 星なんて言わず
7. 教室
8. モチベーション
※紙ジャケット仕様

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』アナログ盤
NakamuraEmi
『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』アナログ盤(LP)

2018年3月21日(水・祝)発売
価格:4,320円(税込)
COJA-9330

1. Don't(Album mix)
2. N
3. かかってこいよ
4. 新聞
5. 波を待つのさ
6. 星なんて言わず
7. 教室
8. モチベーション
※直筆シリアルナンバー入り、数量限定生産

イベント情報

『NOU5 発売記念インストアイベント』

2018年3月21日(水・祝)19:00~
会場:東京都 タワーレコード渋谷B1CUTUPSTUDIO

2018年3月24日(土)15:00~
会場:東京都 タワーレコード新宿店

2018年4月5日(木)20:00~
会場:福岡県 タワーレコード福岡パルコ店

2018年4月7日(土)14:00~
会場:広島県 タワーレコード広島店

2018年4月14日(土)14:00~
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店

2018年4月15日(日)14:00~
会場:愛知県 タワーレコード名古屋パルコ西館イベントスペース

2018年4月19日(木)19:00~
会場:宮城県 タワーレコード仙台パルコ店

2018年4月21日(土)14:00~
会場:北海道 タワーレコード札幌ピヴォ店

『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5 ~Release Tour 2018~』

2018年5月2日(水)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2018年5月3日(木・祝)
会場:栃木県 HEAVEN'S ROCK 宇都宮

2018年5月9日(水)
会場:石川県 金沢21世紀美術館 シアター21

2018年5月10日(木)
会場:新潟県 新潟 ジョイア・ミーア

2018年5月13日(日)
会場:高知県 高知 X-pt.

2018年5月15日(火)
会場:京都府 京都 磔磔

2018年5月16日(水)
会場:兵庫県 神戸 チキンジョージ

2018年5月18日(金)
会場:熊本県 熊本 B.9 V2

2018年5月19日(土)
会場:長崎県 長崎 DRUM Be-7

2018年5月22日(火)
会場:岐阜県 岐阜 club-G

2018年5月23日(水)
会場:三重県 松阪 M'AXA

2018年5月26日(土)
会場:広島県 広島 Live Juke

2018年5月27日(日)
会場:岡山県 岡山 Desperado

2018年5月30日(水)
会場:福島県 郡山 CLUB #9

2018年5月31日(木)
会場:宮城県 仙台 MACANA

2018年6月2日(土)
会場:北海道 函館あうん堂ホール

2018年6月3日(日)
会場:北海道 札幌 cube garden

2018年6月22日(金)
会場:福岡県 福岡 DRUM Be-1

2018年6月23日(土)
会場:香川県 高松 DIME

2018年6月27日(水)
会場:東京都 六本木 EX THEATER

2018年6月30日(土)
会場:大阪府 BIG CAT

2018年7月1日(日)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

プロフィール

NakamuraEmi
NakamuraEmi(なかむら えみ)

神奈川県厚木市出身。1982年生まれ。山と海と都会の真ん中で育ち幼少の頃よりJ-POPに触れる。カフェやライブハウスなどで歌う中で出会ったHIPHOPやJAZZに憧れ、歌とフロウの間を行き来する現在の独特なスタイルを確立する。その小柄な体からは想像できないほどパワフルに吐き出されるリリックとメロディーは、老若男女問わず心の奥底に突き刺さる。2016年1月20日、日本コロムビアよりメジャーデビューアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST』をリリース。収録楽曲の“YAMABIKO”が全国のCSやFM/AMラジオ52局でパワープレイを獲得。メジャーデビューから1年、2017年3月8日に2nd Album『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』を、そして5月24日にTVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』のオープニングテーマ“Don't”が収録された主題歌シングルをリリース。7月7日には『Motion Blue Yokohama「七夕はここで。~2017~」』を開催。夏フェスにも多数出演し、10月にはSalyuさんとのツーマンイベントを行った。2018年3月21日、3rd Album『NIPPONNO ONNAWO URAU Vol.5』をリリース、5月から全国22か所を巡る全国ツアーを行うことが発表になった。

関連チケット情報

2021年5月22日(土)
GREENROOM FESTIVAL’21
会場:赤レンガ地区野外特設会場(神奈川県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側