特集 PR

The fin.×FLAKE RECORDS なぜ今、アジア戦略が重要なのか?

The fin.×FLAKE RECORDS なぜ今、アジア戦略が重要なのか?

The fin.『There』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:渡邉一生 編集:山元翔一  取材協力:FLAKE RECORDS

The fin.がフルアルバムとしては3年3か月ぶりとなる新作『There』を、3月14日に発表する。活動の初期から国外に目を向け、世界各地でライブを展開したのち、2016年9月にはイギリスに移住。ロンドンでのレコーディングにJamiroquaiやRadioheadの作品に関わるブラッドリー・スペンスが参加していることなど、断片的な情報は伝わってきていたが、バンドを取り巻く詳細な状況は伝わっていなかったように思う。しかし、このインタビューを読んでもらえれば、The fin.がこれまでの日本のバンドとは全く違う境地にいることがわかるはずだ。

そんなバンドの歩みを語るうえでうってつけの人物がいる。BuzzFeedが選ぶ「あなたが死ぬ前までに訪れるべき魅力的な世界のレコード店 27選」(2013年)に選ばれた大阪・堀江のレコードショップFLAKE RECORDSの店長・和田貴博だ。レーベル「FLAKE SOUNDS」の運営や、海外バンドの招聘なども行い、国内外の音楽シーンの動きを見つめ続けている和田は、The fin.にとって古くからの理解者なのである。The fin.のボーカル・Yuto Uchinoと和田の対談から、この国の音楽が向かうべき道が透けて見えると言っても過言ではないだろう。

(The fin.の)最初の自主制作盤はうちだけで400枚近く売れてて、それは結構な記録なんですよ。(和田)

—和田さんとThe fin.の親交のきっかけは、どういったものでしたか?

Yuto:デモCDをFLAKEに持って行ったのが最初だと思います。

—『Glowing Red On The Shore EP』(ライブ会場とFLAKE RECORDS含む一部店舗で販売された初の自主制作音源。2014年より全国流通)よりも前?

Yuto:そうです。あのEPに入っている曲を何曲かCDに焼いて渡しました。

和田:「売ってくれ」って持って来たんやっけ?

Yuto:いや、リリースするつもりはなく、ただ聴いてもらいたくて持って行きました。DAWAさん(和田の愛称)に知ってもらうことは、最初の目標のひとつだったんですよね。自分のなかで「音楽をちゃんと知ってる人」として一番有名なDAWAさんに認めてもらえれば、自信もつくなって考えてて。

左から:和田貴博、Yuto Uchino(The fin.)
左から:和田貴博、Yuto Uchino(The fin.)

『Glowing Red On The Shore EP』収録曲

和田:でも、The fin.の音源はYutoがデモを持ってくる前にSoundCloudで聴いてたんですよ。WallflowerとかJuvenile Juvenileっていう周りの若いバンドが教えてくれたんやけど、「これはすげぇな」って思ってた。最初の自主制作盤はうちだけで400枚近く売れてて、それは結構な記録なんですよ。そのあと、いろんなレーベルから声かかるようになったんよな?

Yuto:そうですね。でも、その頃は尖りに尖ってて、「メジャーレーベルと契約なんてするわけない」と思っていて……当時俺らは、音楽業界のことなんて何もわかってなかったんですよね。だから海外のレーベルとやりとりをしていて、音楽が世の中に発信される流れを知ってるDAWAさんに、どう活動すべきかを相談してました。

Yuto Uchino

—和田さんが最初にThe fin.の音源を聴いたときは、どんな印象でしたか?

和田:最初から他のバンドとは目指してるところが違うし、英語もしゃべれるし、音楽的なクオリティーも段違い、という別格の存在という印象でした。The fin.のCDが自分の店で売れれば、バンドにとってプラスになるのはもちろんだけど、「こういう音楽が世の中に広がれば、もっといいシーンができるんちゃうかな?」って思っていたところもあって。だから正直に言うと、「The fin.はいいぞ!」って積極的に発信することによって、お店の価値も上がるんじゃないかという考えもありました。

Yuto:俺らもFLAKEに来るお客さんに知ってもらいたかったから、そこはWin-Winですね(笑)。実際にCDがFLAKEで売られているというのは、ダイレクトに届いてる感じがして嬉しかったし、ネット上で起こっていることとは違う喜びがありました。

『Glowing Red On The Shore EP』収録曲

—いわゆる「洋楽的」なバンドはこれまでもたくさんいましたけど、The fin.のように実際に並べて比較しても遜色のないバンドは、なかなかいないですよね。

和田:そうですね。でも僕ら自身もそこを明確に聴き分けられてるわけではなくて、自分の感覚を信じてるだけで。「なぜホンマの洋楽っぽく聴こえるのか?」を分析するのは嫌なんですよ。

Yuto:日本人はそういうことを気にしがちだけど、日本人が思う「洋楽っぽい」という感覚は海外の人とは違うし、日本人が「これは売れるぞ」って思う感覚にもズレがあったりするんですよね。そうやって日本人的な視点にはある種のバイアスがかかってるから、俺らは洋楽に対する見方も、邦楽に対する見方も、最初からあまり意識し過ぎないようにしてました。

Page 1
次へ

リリース情報

The fin.『There』(CD+ZINE)初回限定盤
The fin.
『There』(CD+ZINE)初回限定盤

2018年3月14日(水)発売
価格:3,300円(税込)
RDCA-1055

1. Chains
2. Pale Blue
3. Outskirts
4. Shedding
5. Afterglow
6. Missing
7. Height
8. Heat (It Covers Everything)
9. Vacant Sea
10. Through the Deep
11. Snow (again)
12. Late at Night
13. Alone in the Evening (1994)

The fin.
『There』通常盤

2018年3月14日(水)発売
価格:2,500円(税込)
RDCA-1056

1. Chains
2. Pale Blue
3. Outskirts
4. Shedding
5. Afterglow
6. Missing
7. Height
8. Heat (It Covers Everything)
9. Vacant Sea
10. Through the Deep
11. Snow (again)
12. Late at Night
13. Alone in the Evening (1994)

イベント情報

『The fin. Tour 2018』
『The fin. Tour 2018』

2018年3月8日(木)
会場:中国 成都 Little Bar Space

2018年3月9日(金)
会場:中国 北京 YugongYishan

2018年3月10日(土)
会場:中国 上海 Mao Livehouse

2018年3月11日(日)
会場:中国 杭州 Mao Livehouse

2018年3月13日(火)
会場:中国 南京 Ola Space

2018年3月14日(水)
会場:中国 武漢 VOX

2018年3月15日(木)
会場:中国 広州 T-Union

2018年3月16日(金)
会場:中国 深圳 B10 Live

2018年3月18日(日)
会場:香港 Eaton Workshop

2018年3月21日(水・祝)
会場:埼玉県 熊谷 Heaven's Rock VJ-1

2018年3月24日(土)
会場:タイ コーンケン TOEY Freshtival 2

2018年3月25日(日)
会場:タイ バンコク Voice Space

2018年3月31日(土)
会場:台湾 台北 Legacy

2018年4月2日(月)
会場:フィリピン マニラ 19 East

2018年4月4日(水)
会場:福岡県 The Voodoo Lounge

2018年4月6日(金)
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2018年4月7日(土)
会場:愛知県 名古屋 Jammin'

2018年4月13日(金)
会場:東京都 渋谷 WWW X

2018年4月14日(土)
会場:北海道 札幌 Spiritual Lounge

プロフィール

The fin.
The fin.(ざ ふぃん)

Yuto Uchino、Ryosuke Odagaki、Kaoru Nakazawaからなる兵庫・神戸出身バンド2010年頃に活動開始。シンセ・ポップやシューゲイザーからチルウェイヴやドリームポップを経由したサウンドスケープが特色で、初期から海外を視野に入れた活動を展開。2014年に『Days With Uncertainty』を発表。翌年には初の海外ツアーを開催。2016年3月に『Through The Deep』をリリース。2018年3月14日、2ndアルバム『There』を発表する。

和田貴博(わだ たかひろ)

1973年生まれ、大阪府出身。大阪・南堀江のレコードショップFLAKE RECORDS代表。愛称は「DAWA(ダワ)」。シフトレコードなどのショップスタッフを経て2006年に独立、開業。新譜の洋楽レコードをメインに、交流のある邦楽アーティストの新譜も取り扱う。店内にある商品のポップ原稿を全て自らで手がけ、自主レーベル「FLAKE SOUNDS」を主催し、さらに自主イベント『TONE FLAKES』のオーガナイズに、イベントDJまで仕事は多岐に渡る。FLAKE RECORDSは関西の音楽発信の場としても注目され、海外でも「あなたが死ぬ前までに訪れるべき魅力的な世界のレコード店 27選」にも選出されている。

関連チケット情報

2021年9月22日(水)〜9月29日(水)
【動画配信】MUSER FEST.2021 -MUSIC AID-(アーカイブ配信)
会場:PIA LIVE STREAM(その他)
2021年10月27日(水)
DURAN/The fin.
会場:渋谷CLUB QUATTRO(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性