特集 PR

スーパーカーの20年史を、アートワークを作った木村豊が振り返る

スーパーカーの20年史を、アートワークを作った木村豊が振り返る

スーパーカー『SUPERCAR 20th Anniversary Best「PERMAFROST」』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:矢島由佳子

スーパーカーのデビュー20周年を記念して、ベストアルバム『PERMAFROST』が4月25日に発売された。当時まだ青森に住んでいた4人が鳴らした瑞々しいデビューアルバム『スリーアウトチェンジ』、1990年代後半の海外におけるダンスミュージックの盛り上がりをバンドスタイルで消化した『Futurama』など、今もたくさんの人に愛され続ける作品を数多く残したバンドの歩みを、貴重な資料が詰まったブックレットとともに楽しむことができる。

そんなベスト盤の印象的な「鉱石ジャケット」を手掛けたのが、Central67の木村豊。スピッツ、椎名林檎、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ぼくのりりっくのぼうよみなど、幅広いアーティストの作品を手掛けるなかにあって、デビュー当初から大部分のアートワークに携わってきたスーパーカーは特に自由な「実験の場」だったという。楽曲同様に、決して古びることのないジャケット制作の裏話を、当時の貴重なエピソードを交えて語ってもらった。

スーパーカーみたいなバンドは珍しかったと思うんです。

—まずは、スーパーカーとの出会いについて話していただけますか?

木村:最初の出会いは、まだメンバー全員が青森にいた頃で。スーパーカーのスタッフが僕と同級生だったんですけど、「青森でアー写を撮ってほしい」って言われたんですよ、僕デザイナーなのに(笑)。それで、青森に日帰りで行ったのが初めてですね。

木村豊。木村の事務所にて
木村豊。木村の事務所にて

—そのときに撮った写真が、2ndシングル『Lucky』(1997年12月)のアートワークになっているんですよね。当時のメンバーはどんな印象でしたか?

木村:一人ひとりの実家を回ってピックアップしていったんですけど、メンバーたちが、本当に友達の家に遊びに行くような感覚で。家の外から名前を叫んで呼び出す、みたいな(笑)。

—放課後に友達を誘って遊びに行くような(笑)。実際の撮影はどんな感じで行われたのでしょうか?

木村:僕はまったく土地勘がなかったので、メンバーに「どこか面白いところない?」って聞きながら移動して。途中で公園に辿り着くと、なにかイベントらしきことをやっていて、そこで撮ったんです。それがアー写になって、ジャケットにも使われたっていう。

2ndシングル『Lucky』ジャケット
2ndシングル『Lucky』ジャケット

“Lucky”を聴く(Spotifyを開く

—スーパーカーのデビューは1997年ですが、木村さんから見て、当時はどんな時代で、スーパーカーの登場はなにが新しかったと言えるでしょうか?

木村:その頃って、ミュージシャンの当たり年で。相当いろんな人が出てきたので、デビュー当時はスーパーカーだけが突出していた感じではなかったと思うんですよね。

—くるりがいて、NUMBER GIRLがいて、その一方では椎名林檎さんがいて……。

木村:宇多田ヒカルさんもいましたしね。でも、スーパーカーみたいなバンドは珍しかったと思うんです。渋谷系以降で、洋楽志向で、でも日本語で。そういうバンドは少なかった。

木村の事務所には、壁一面にアナログレコードが並べられている
木村の事務所には、壁一面にアナログレコードが並べられている

—アートワークのデザイン的にも、「渋谷系以降」を意識されていた頃だったそうですね。

木村:わりとなにをやってもいい時期だったんですよね。スーパーカーでいうと、UKロックとか見えやすい影響源もあったけど、ジャケットではそこの真似をしなくてもよかった。渋谷系だと、ジャケットも含めて影響受けたものをそのまま出す、ということが多かったんですけど、この時代はもう関係ない。NUMBER GIRLとかも、影響を受けた音楽とジャケットはなにも関係ないじゃないですか?

—アメリカのハードコアバンドは女子高生を使わないですよね(笑)(1999年7月、メジャー1stアルバム『SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT』のジャケットで女子高生のイラストが描かれている)。

木村:だから、すごくフラットにやってましたね。「スーパーカー」というイメージに合わせて作るというよりも、「その都度、曲に合わせて作る」みたいな。特に初期はそうでした。

木村豊

基本的にはミキちゃんと淳治くんがバンドのスポークスマンでしたね。

—1stアルバム『スリーアウトチェンジ』(1998年4月)のアートワークは、どのようなアイデアから作られているのでしょうか?

木村:メンバーが「トリコロール(青、白、赤の3色)で作りたい」って言ったんですよね。その頃、トリコロールがブームだったらしくて(笑)。なので、プラケースそのものに色を付けました。ジャケット自体も、なか(歌詞カード)に入ってたものがそのままジャケになってるので、表一っぽくないんですよね。

1stアルバム『スリーアウトチェンジ』ジャケット
1stアルバム『スリーアウトチェンジ』ジャケット

『スリーアウトチェンジ』収録“cream soda”を聴く(Spotifyを開く

—さきほどの青森の話もそうですけど、当時のスーパーカーには「青春」のイメージもあったので、それを表したジャケットでもあったのかなと。

木村:それは(いしわたり)淳治くんのイメージとしてあったかもしれないですかね。最初の頃は、淳治くんと(フルカワ)ミキちゃんがジャケットの打ち合わせで発言することが多かったんです。基本的にはミキちゃんと淳治くんがバンドのスポークスマン的な感じでしたね。

Page 1
次へ

リリース情報

スーパーカー『SUPERCAR 20th Anniversary Best「PERMAFROST」』初回生産限定盤
スーパーカー
『SUPERCAR 20th Anniversary Best「PERMAFROST」』初回生産限定盤(2CD+Blu-ray)

2018年4月25日(水)発売
価格:6,480円(税込)
KSCL-30036/8

[CD1]
1. WONDER WORD
2. Sunday People
3. Flicker
4. Free Your Soul
5. DRIVE
6. AOHARU YOUTH
7. WHITE SURF style 5.
8. Lucky
9. YUMEGIWA LAST BOY
10. cream soda
[CD2]
1. RECREATION
2. Love Forever
3. STORYWRITER
4. PLANET
5. BGM
6. My Girl
7. FAIRWAY
8. Strobolights
9. BE
10. LAST SCENE
[Blu-ray]
1. cream soda
2. Lucky
3. PLANET
4. DRIVE
5. Sunday People
6. My Girl
7. Love Forever
8. Desperado
9. BE
10. FAIRWAY
11. WHITE SURF style 5.
12. Strobolights
13. YUMEGIWA LAST BOY
14. AOHARU YOUTH
15. RECREATION
16. BGM
17. LAST SCENE
18. WONDER WORD

スーパーカー
『SUPERCAR 20th Anniversary Best「PERMAFROST」』初回限定仕様盤(2CD)

2018年4月25日(水)発売
価格:3,456円(税込)
KSCL-30039/40

[CD1]
1. WONDER WORD
2. Sunday People
3. Flicker
4. Free Your Soul
5. DRIVE
6. AOHARU YOUTH
7. WHITE SURF style 5.
8. Lucky
9. YUMEGIWA LAST BOY
10. cream soda
[CD2]
1. RECREATION
2. Love Forever
3. STORYWRITER
4. PLANET
5. BGM
6. My Girl
7. FAIRWAY
8. Strobolights
9. BE
10. LAST SCENE

ゆるふわギャング『Contains Samples from SUPERCAR』
ゆるふわギャング
『Contains Samples from SUPERCAR』(アナログ7インチ)

2018年4月25日(水)発売
価格:1,620円(税込)
KSKL-8533

[SIDE-A]
1. YUMEGIWA LAST BOY(ゆるふわギャング version)
[SIDE-B]
1. Strobolights(ゆるふわギャング version)

プロフィール

木村豊(きむら ゆたか)

1995年にデザイン事務所「Central67」を設立。CDジャケットを中心にミュージックビデオの監督や本の装幀、ツアーグッズ等のデザインを手がける。2002年に作品集『脳内TRANSPOSE Central67 Works』を発表。赤い公園、UNICORN、スピッツなど様々なアーティストのデザイン関係に携わっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開