特集 PR

小袋成彬が語る、宇多田ヒカルとの制作と、全体主義に対する懐疑

小袋成彬が語る、宇多田ヒカルとの制作と、全体主義に対する懐疑

小袋成彬『分離派の夏』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:西田香織 編集:矢島由佳子
2018/04/04

彼女(宇多田ヒカル)がいないとできないことばかりだったから。

—曲ごとの話も聞いていければと思います。まず“Lonely One feat. 宇多田ヒカル”は孤独感についての歌だと思うんです。単なる寂しさではなく、集団のなかで自分だけが違う視野や感覚を持っているんじゃないかという感情を綴った歌だと捉えています。そういう感覚を、小袋さんはお持ちでしたか?

小袋:そうですね。でも、これは誰にでもあるんじゃないですかね。僕、社会性は高いんです。社会人として真っ当だという自負はある。でも、本来の自分はそうではないかもしれない。孤独に生きて孤独に死んでいくタイプだったのかもしれない。社会性があるがゆえに孤独を感じやすい、というのはあるかもしれないですね。

小袋成彬

—と言うと?

小袋:上手く馴染めるけど「なにか違う」という感覚を持ち続けている、というか。野球をやっていたので、余計にそう思うところがあるのかもしれない。みんなが甲子園を目指したいと思っていたらそのチームは強いけれど、絶対、ただ野球を楽しみたいタイプの人もいる。それをまとめるのは大変だなって思っていたんですよね。そういうのもモチーフにはなっていたんだと思います。

小袋成彬“Lonely One feat. 宇多田ヒカル”を聴く(Spotifyを開く

—この曲には宇多田ヒカルさんがフィーチャリングで参加していますが、どういうやり取りがあったのでしょう?

小袋:9割方できあがった段階で、他の人の声を入れなきゃいけないと思ったんですよね。最初は彼女が参加するという発想がそもそもなかったんですけど、入れるんだったら彼女だろうなと思って。2番の16小節で、僕以外の人が一番盛り上がる、ダイナミクスがある歌い方をしているイメージがあった。なので、こういう歌い方をしてほしいとお願いしました。作り方はそんな感じです。

—ここの歌い方、メロディーとリズムの関係はとても革新的だと思うんですけど、これは小袋さんのリクエストだったんですね。

小袋:そうです。もともとは僕のアイデアですね。でも出てきたものは結局彼女のものです。他はほとんどが僕ですけど、そのバースの歌詞は全部宇多田さんなので。<上目遣いでカメラに笑顔向ける少年>というのが僕のことなのか、彼女のなかの誰かなのか、それもわからない。

小袋成彬

—宇多田ヒカルさんとのやり取りとか現場の雰囲気って、どんな感じで進むんですか?

小袋:直接会うことはほとんどないです。データのやり取りがほとんどですね。ただ、“E. Primavesi”を録ったときは、向こう(ロンドン)でセッションしました。クリス・デイヴ(世界的に活躍するドラマー。宇多田ヒカル“大空で抱きしめて”“Forevermore”“あなた”に参加)と、彼女が録っている現場の空いた時間を借りてやったんですよ。そういうときにしか直接は話せなくて。

基本的には自分で完結するんですけれど、いろんな課題が出てくるんですよ。ここの言葉をこう響かせたいとか、ここの構成がこれ以外思いつかないとか。そういうときに相談して手ほどきを受けた感じです。

—セルフプロデュースに近い?

小袋:いや、セルフプロデュースではまったくないです。彼女がいないとできないことばかりだったから。クリス・デイヴと一緒にレコーディングするなんて、僕個人ではどうにもならないし。音作りに関しては僕が勝手にやってることですけど、歌詞とか、座組みとか、その辺りは彼女がいないとできなかったと思います。

クリス・デイヴが出演しているミュージックビデオ

そもそも歌いたいことを探している時点で大間違いだということに気付いた。

—“Selfish”の歌詞に<時代に華を添えたくて 筆をとっていたわけじゃない>という一節があります。ここはアルバム全体のなかでもとても印象的なフレーズになっていますが、そう考えた理由、そう歌った理由はどういうところにあるのでしょうか?

小袋:ここが特に伝えたかったことというわけでもないんですけど、<時代に華を添えたくて~>というのは、プロデュースワークをやっていたときのことにも重なっているのだと思います。特に目立ちたいわけでもないし、なんのために作ってるかもわからないままやっていたんですよね。自分には歌いたいことがないとも思ってたんです。

でも、そもそも歌いたいことを探している時点で大間違いだということに気付いた。身体から出てくるものじゃないと、音楽として意味がない。歌わざるを得ないこと、歌でしか昇華できないことを掴む作業というものは、時代がどうとかってまったく関係ないじゃないですか。そういう思いです。

小袋成彬“Selfish”を聴く(Spotifyを開く

—“Daydreaming in Guam”も、とても情景が伝わってくる曲です。この曲からは「喪の仕事」というキーワードに直結するイメージも感じましたが、これはどういうふうに作っていったのでしょうか?

小袋:これは、ある特定の個人を思い出して。どうしても強烈で忘れられなくて。朝方までに一気に書き上げた曲ですね。これも詳しくは言いたくないですけど、すごく大切な人です。

—その夜の小袋さんは、曲を作らざるを得ないという感覚だった。

小袋:そうですね。没頭してました。

小袋成彬

—そうやって自分のなかから出てきたものを書き留めるということが、すなわち歌うということであるという作り方だったんですね。

小袋:出てくるまではなにもしていないんです。浮いてきた、というところで種は生まれている。そこからは音楽の研究の成果ですね。知的な操作として、今までの知識とか、僕が聴いているもの、好きなもの、好きな進行、飛び道具的な音の使い方をしていく。「こうしたほうが、あのとき出てきたものをより深く表現できる」という知的な操作をするんです。その作業はプロデュースワークに近いですね。

 

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

小袋成彬
『Selfish』
『Summer Reminds Me』
『042616 @London』

2018年4月4日(水)から配信リリース

小袋成彬
『Lonely One feat.宇多田ヒカル』

2018年1月17日(水)から配信リリース

小袋成彬『分離派の夏』
小袋成彬
『分離派の夏』(CD)

2018年4月25日(水)発売
価格:3,000円(税込)
ESCL-5045

1. 042616 @London
2. Game
3. E. Primavesi
4. Daydreaming in Guam
5. Selfish
6. 101117 @El Camino de Santiago
7. Summer Reminds Me
8. GOODBOY
9. Lonely One feat. 宇多田ヒカル
10. 再会
11. 茗荷谷にて
12. 夏の夢
13. 門出
14. 愛の漸進

イベント情報

『小袋成彬 ワンマンライブ』

2018年5月1日(火)
会場:東京都 渋谷 WWW
料金:3,800円(ドリンク別)

プロフィール

小袋成彬
小袋成彬(おぶくろ なりあき)

1991年4月30日生まれ。R&Bユニット「N.O.R.K.」のボーカルとして活躍。音楽レーベルTokyo Recordings設立し、水曜日のカンパネラへの歌詞提供のほか、adieuなど様々なアーティストのプロデュースを手掛ける。2016年、宇多田ヒカルのアルバム『Fantôme』収録曲“ともだち with 小袋成彬”にゲストボーカルとして参加。最新ワークスは映画『ナラタージュ』主題歌を歌うadieuのデビューシングル(アレンジおよびプロデュース)。伸びやかな声と挑戦的なサウンドデザイン、文藝の薫り高き歌詞が特徴。2018年4月25日、デビューアルバム『分離派の夏』を携え、いよいよソロアーティストとしてデビュー。

関連チケット情報

2018年7月21日(土)〜7月22日(日)
NUMBER SHOT 2018
会場:海の中道海浜公園 野外劇場(福岡県)
2018年8月3日(金)〜8月5日(日)
オハラ☆ブレイク ’18夏
会場:猪苗代湖畔 天神浜(福島県)
2018年8月10日(金)〜8月11日(土)
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO
会場:石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ(北海道)
2018年8月23日(木)
D.A.N./小袋成彬
会場:LIQUIDROOM(東京都)
2018年9月8日(土)
BAYCAMP 2018
会場:川崎市東扇島東公園特設会場(神奈川県)
2018年10月5日(金)
小袋成彬
会場:心斎橋JANUS(大阪府)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開