特集 PR

燃え殻インタビュー。もしSNSがなかったとしても、僕らは出会う

燃え殻インタビュー。もしSNSがなかったとしても、僕らは出会う

『SNS展』
インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

Twitter界の著名人であり、2017年に初小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』がヒットした燃え殻が、『SNS展 #もしもSNSがなかったら』(以下、『SNS展』)のキュレーターのひとりとしてクレジットされている。5月19日より、3331 Arts Chiyodaで開催される同展には、自身が手がけた作品も展示される予定だ。

もしもSNSがなかったら、世界はどうなっていただろう――そんなテーマで開催される本展を目前にした今回のインタビューで、「僕はそもそも、SNSありきの人間じゃない」と彼は口にした。そんな燃え殻が語るSNSの魅力とは? 展覧会をバックアップするLINEモバイルの福島広大と共に、いま一度、SNSのことをゆっくり考えてみよう。

去年の夏に小説を出して、「私とあなた」感が戻ってきたようなところがある。

—燃え殻さんのTwitterアカウントを見ていると、すごく静かといいますか、まったくケンカはしないですよね。

燃え殻:絶対にケンカしないです。たとえどんなに仕掛けられても(笑)。

左から:燃え殻、福島広大(LINEモバイル)
左から:燃え殻、福島広大(LINEモバイル)

—どんなときにSNSを開きますか? 呟くのは昼前とか深夜、あるいは明け方が多いようですね。

燃え殻:仕事がひと段落したり、寝る前だったり……、SNSを開いて、ゆるく、会ったことがある人もない人も含めた今日の日常というか、世の中のことを見ます。そして「自分はこんな具合だよ」とつぶやいて、行き倒れのようにパタリと寝る(笑)。

—(笑)。でも、それにしても穏やかだなと思います。

燃え殻:それでも、昔とは変わってきているんですよ。以前はもっと1対1のメディアというか、「インターネットの画面の前の誰かとあなた」みたいな感じだった。

Twitterにしても、深夜ラジオに近い雰囲気だったんですね。ちょっといいづらいんですけど、自分のアカウントを見てもらえる人が多くなっていくうちに、そうした「1対1」感が薄れていって……。

—今ではフォロワーが20万人を超えてますね。

燃え殻:去年の夏に小説を出したとき、不思議なんですけど、その「1対1」感を取り戻せたんです。SNSも含めて「私とあなた」感が戻ってきたような感覚がある。

燃え殻

ー原点回帰というか、ずっと一貫して、SNSは「1対1」感の強いものだと思っているんですね。

燃え殻:1対1の関係で、来年になったら忘れているような、自分のちょっとした吐露がアーカイブされていく、という感じ。だから、わざわざケンカをする場所じゃない気もしていて。

—だから燃え殻さんのアカウントは静かな印象を受けるんですね。

みんな、直接会いたくなっているんじゃないかな。もうちょっと、コミュニティとして会いたくなってきている。

—SNSがなかった頃を振返るといかがですか?

燃え殻:僕はいま44歳で、SNSが「ある」と「ない」の狭間の時期を生きてきた身からすると、「なかった」ときって、何かを発信するってすごく重いというか、一大事でしたよね。僕、『ROCKIN'ON JAPAN』に一生懸命ライブレポートを送ったり、『週刊プロレス』にプロレス観戦記を送ったりしていたんですよ。

ーすごいエネルギー量ですね。

燃え殻:誰にも頼まれていないのに締め切りがある、みたいな(笑)。それがSNSではもっと軽くなってきて、最初の頃は、時代の空気がとても合っている気がしていました。

ただ、発信するハードルが低くなった分、一気に炎上したり、事故ったりということも増えていますよね。当初は、いろんな人たちが意見をいえるような、自由な場所が立ち上がるんだ、と思っていた。でも結果、そのいろんな人たちに隔たりが出てきているじゃん、というのが正直な印象です。

—その隔たりを越えて、原点を見つめるための『SNS展』という感じがします。

燃え殻:そうですね。ある意味で、僕は「SNSありき」という感じじゃないんです。たとえば好きな人が遠く離れてしまったとしたら、SNSがなくても絶対に見つける、くらいの気持ちで僕は生きてきたんですよね。

燃え殻

キュレーター、アーティストには、のん、「ゆうこす」こと菅本裕子、小山健、能町みね子、最果タヒ、たなかみさき、塩谷舞などが参加する
キュレーター、アーティストには、のん、「ゆうこす」こと菅本裕子、小山健、能町みね子、最果タヒ、たなかみさき、塩谷舞などが参加する / サイトを見る

—燃え殻さんの小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』もそういう世界観でしたよね。「遠く離れてしまった人とも、きっとどこかで繋がっている」という感覚。その人と人がリンクしていくきっかけとしてSNSがある。

燃え殻:そうなんですよね。SNSによって、人との出会いが軽くポップになっていった一方で、SNSがなかった頃の、距離があるからこそ、またいつか会えるかもしれないと勝手にロマンチックになる感覚もある。僕は、その両方を持って生きていたような気がします。

それこそ『SNS展』って、ちょっとポップに寄りすぎてしまった結果として隔たりが生まれているいま、「みんなで一緒に集まってみようよ」みたいな、揺り戻しなのかもしれませんね。みんな、コミュニティとして直接会いたくなっているんじゃないかな。

燃え殻による初の小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』(2017年)
燃え殻による初の小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』(2017年)Amazonで見る

—LINEモバイルの福島さんは、どういう想いでこの『SNS展』をバックアップされているんでしょうか。

福島:SNSは、この時代の通信の大きな要素のひとつだと思うんですが、根本的には言葉のキャッチボールですよね。言葉を投げかけて、レスポンスがあって……そこで何か温かみであるとか、相手の存在を感じるということに、すごく意味がある。その部分をきちんとフィーチャーして、SNSのゆるい繋がりを「集まる場」として残してみたいと思ったんです。

—きっとそこで生まれる空気は、燃え殻さんにとっては懐かしいものですよね。

燃え殻:そう。そういう懐かしい空気がちゃんと満ちていったときに、初めてSNSが軽薄なものではなくて、きちんと当たり前のものになっていく。本当にカルチャーになっていく気がするんですよね。

燃え殻

Page 1
次へ

イベント情報

『SNS展 #もしもSNSがなかったら』
『SNS展 #もしもSNSがなかったら』

2018年5月19日(土)~5月27日(日)
会場:東京都 秋葉原 3331 Arts Chiyoda メインギャラリー

時間11:00~20:00
参加アーティスト・キュレーター:
のん
菅本裕子
小山健
能町みね子
燃え殻
濱田英明
たなかみさき
最果タヒ
塩谷舞
UMMMI.
藤原麻里菜
東佳苗

プロフィール

燃え殻(もえがら)

神奈川県在住。テレビ美術制作会社で企画・人事担当として勤務。会社員でありながら、コラムニスト、小説家としても活躍。『文春オンライン』にて人生相談コーナーを担当。雑誌『CREA』にエッセイを発表。2017年6月30日、小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)が発売された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像