特集 PR

ゆるふわリムーブのラブソングは失恋を経てより強く。全員で語る

ゆるふわリムーブのラブソングは失恋を経てより強く。全員で語る

Eggs
インタビュー・テキスト
真貝聡
撮影:Kana Tarumi 編集:山元翔一

広島を拠点に活動する4人組バンド、ゆるふわリムーブが5月16日にミニアルバム『綻び』(読み:ほころび)をリリースする。前作『芽生』が『第10回CDショップ大賞2018「中国ブロック賞」』に輝き、ますます注目を集めている彼ら。前回のインタビューでは、「一番幸せなときでも、勝手に最悪の想像をしちゃうんです」と作詞作曲担当の網谷直樹は話しており、そのイメージがこれまでの作曲の原動力になっていたことを語ってくれた。

恋人との別れを経験した彼は、今作で改めてラブソングと向き合った。想像ではなく、実体験に基づいた失恋が歌われた『綻び』を紐解くにあたり、大事な人と別れた先に見つけた網谷の恋愛観を掘り下げた。

よく「捨てられた子犬みたいだね」って言われてました(笑)。(網谷)

―『綻び』をじっくり聴かせていただきました。そこで、僕なりに感じたことがあって。これまでも別れの曲は作られてましたけど、“ウソヲツク”の<今頃何をしてんだろう/あの笑顔は誰に向けてるんだろう>とか、“ブルースター”の<出会ったあの日に戻りたくて>とか、特に今作は失恋の辛さが生々しく伝わってきました。

網谷(Vo,Gt):それは……2年くらい付き合っていた彼女と別れたのが大きいのかなと思います。今までは、その彼女と付き合っているときに失恋の曲を、「こうなったら嫌だな」っていう最悪のシチュエーションを自分なりに膨らませて書いていたんです。逆に今作は、別れて自分がどう思っているのかを歌詞にしたので、これまでと違う印象を受けたのかなって。

―これまでは想像で失恋の気持ちを歌っていたけど、実際に別れを経験したと。

網谷:そうです。実は今までの曲はすべて、その彼女に対して書いていた曲だったんですよね……。別れた直後は心臓に穴が空いたんじゃないか、っていうぐらいの喪失感と虚無感があって。でも今は感謝しているというか、『綻び』の収録曲は「一緒にいてくれてありがとう」って気持ちで書けました。

ゆるふわリムーブ(左から:本田智志、網谷直樹、高宮蘭真、久保真也)
ゆるふわリムーブ(左から:本田智志、網谷直樹、高宮蘭真、久保真也)

―ゆるふわリムーブってたくさん失恋の曲がありますけど、相手のことを絶対に悪く言わないですよね。そこに網谷さんの優しさを感じます。

網谷:うわぁ、ありがとうございます。その人は4歳下だったんですけど、常に僕をリードしてくれて。よく「捨てられた子犬みたいだね」って言われてました(笑)。

―捨てられた子犬?

網谷:僕は昔から一人になるのが嫌いで、常に誰かと一緒にいたがる性格を「捨てられた子犬」というふうに言っていたのかもしれないです。一人になると恐怖にさいなまれて、嫌なことを思い出したり辛い気持ちになるので。そういう思いをしたくないからこそ、孤独になりたくない想いを歌にしてるんです。

―「孤独になりたくない」と思いながら、失恋の歌を歌っているわけですよね? 「こうなりたい」って願望を歌うのではなく、「こうなりたくない」ということをあえて歌うのは珍しいのかなと思います。

網谷:いつも逆のことばっかりを書いてしまうんです。よく彼女にも「付き合ってるのにどうして失恋の曲ばっかり作るの!?」って怒られてました(笑)。

―「もしかして、別れたいと思ってるの?」って普通は怒りますよ(笑)。

網谷:そうですよね。人との別れというのは、恋愛に限らず嫌いで。学生時代の頃も同級生と離れるのが辛かったんですよね。僕、普段は明るく見られがちなんですけど、実際に考えていることは未来の不安が大きくて……明るく振舞っているのは、「辛いときこそ明るい気持ちで!」っていう考えがあるからなんです。

網谷直樹
網谷直樹

網谷:それに僕は、自分を絵に描いたような弱い人間だと思っているんですけど、そういう自分の性格とか人間性が、歌詞のネガティブさに表れているんだと思っていて。よく思われたいというよりも嫌われたくなくて、無難に生きてます。

―気持ちはわかりますけど、みんなに嫌われずに生きていくのは無理じゃないですか。

網谷:僕のことが嫌いな人は、僕がどうこうしても解決できる問題じゃないからしょうがないかな、って思うんです。でも、完全拒否じゃないなら、できる限り繋がりたいというか……害がないように接したいです。

―いつも他人のことを気遣っているんですね。

久保(Gt):俺らにもそういうところあるんですよね。さっきも「これ美味しいから食べたほうがいいよ」って。

高宮(Dr):そうそう(笑)。

網谷:気を遣いすぎて、おせっかいしちゃうんです(笑)。

本田(Ba):うん、たまに過剰なときがある(笑)。

左から:網谷直樹、高宮蘭真、本田智志、久保真也
左から:網谷直樹、高宮蘭真、本田智志、久保真也

Page 1
次へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。

料金:無料

リリース情報

ゆるふわリムーブ『綻び』
ゆるふわリムーブ
『綻び』

2018年5月16日(水)発売
価格:1,728円(税込)
EGGS-030

1.碧き青春
2.明日を鳴らせ
3.ウソヲツク
4.ブルースター
5.ブレイブ
6.シオンの涙
7.愛の花束

プロフィール

ゆるふわリムーブ
ゆるふわリムーブ

Gt./Vo.網谷、Gt.久保、Ba.本田、Dr.高宮による、広島を拠点に勢力的に活動中のフォーピースバンド。2015年8月度の「MASH A&R」のMONTHLY ARTISTに選出、同年12月にはスペースシャワー主催オーディション『Day Dream Believer』にて全国3569組より最終選考4組に残る。2016年1月20日にはタワーレコード「FIRE STARTER」レーベルよりワンコインシングル『透明な藍のようにe.p.』をリリースし、発売より9日で完売。2017年6月、もみじ銀行へのCM提供曲が収録されたミニアルバム『芽生』がリリース。2018年3月、『芽生』で『第10回CDショップ大賞2018「地方賞中国ブロック賞」』を受賞。同年5月、ミニアルバム『綻び』をリリース。ロマンチックなメロディーと感傷的な歌詞を武器に、広島から全国へ挑戦し続ける。

関連チケット情報

2018年9月29日(土)〜9月30日(日)
RISING CAMP 2018 SEASON 2
会場:周南RISING HALL(山口県)
2018年10月6日(土)〜10月8日(月)
MINAMI WHEEL 2018
会場:ミナミ・ライブハウス各所(大阪府)
2018年10月13日(土)
リアクション ザ ブッタ
会場:岡山ペパーランド(岡山県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年