特集 PR

ゆるふわリムーブインタビュー 23歳の悩みと不安のリアルな心情

ゆるふわリムーブインタビュー 23歳の悩みと不安のリアルな心情

ゆるふわリムーブ『芽生』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:相原舜 編集:宮原朋之

2016年1月、ワンコインシングルとしてリリースした『透明な藍のようにe.p.』は発売9日間で完売。そのあとも、“泡になる前に”“モノローグ”“夢の記憶”の連続リリースがヒットし、「広島にゆるふわリムーブあり!」と知らしめた4ピースバンドが、いよいよミニアルバム『芽生』で本格的に全国に打って出る。

そんな彼らの音楽は、ソングライターでありギターボーカルの網谷直樹(自称:恋愛依存症!)が放つ、自ら脱出不可能なほどのネガティブな歌詞とヒリリとしたボーカルに、切なくも爽やかなサウンドが融合し、その二面性に不思議と共感してしまう。なぜ、彼らはそんなドツボな恋愛を歌ってしまうのか? 広島の音楽シーンの現状や、これからの彼らの意気込みとともに、ゆるふわリムーブを解剖してみた。

ゆるふわリムーブって、広島らしくないのかもしれないです。(高宮)

―最近、広島のゆるふわリムーブというバンドが、グイグイ来てるという評判を耳にします。それこそPerfume以降、広島はずいぶんおとなしい感じがしていたんです。

網谷(Vo,Gt):あぁ、そうかも知れないです。地元も「どうにか広島をもっとアツくしたい」って感じになっていて。日本全体のバンドシーンにガッと出てくる存在がいないなぁ、という話は僕らの周りでよく出ています。

左から網谷直樹、高宮蘭真
左から網谷直樹、高宮蘭真

―いまそう言うと、ズバリ、ゆるふわリムーブがそうなっていくぞ! というプレッシャーを自分たちに与えちゃってますけどね(笑)。

一同:(笑)

―どんな土地でも、シーンの歴史が培ってきたカラーがあると思うんですが、いまの広島の音楽シーンというのは、どういう雰囲気なんでしょうか? 大阪ならヘヴィメタルやハードロック系が昔から強いとか、京都は新しいトレンドを個性的に表現するバンドが多いとか、名古屋はスカコアなどのパンキッシュな音楽が強いとか。

網谷:結構バラバラですね。いまも広島で活動を続けているバンドは、本当にバラバラだと思います。

高宮(Dr):あまり「歌モノ」って言われるジャンルが少ないような気はしていて。どちらかっていうと、言葉は悪くなっちゃうけど、うるさい感じのものは多いかもしれない。ジャンル的には……メロコアとかロックンロールみたいなの、とか。

左から網谷直樹、高宮蘭真

―いま広島を拠点に活動しているリアルな感覚としてはそうなんですね。

高宮:だから、僕らの音楽とはちょっと違う。ゆるふわリムーブって、広島らしくないのかもしれないです。

―それが広島では頭ひとつ抜け出て、注目を集めた理由かも知れないですね。

高宮:長く続かないからバンドの個性が残らない、というのはありますね。高校生でバンドをはじめても、結局県外の大学に行っちゃう人が多いから、長くバンドが続かないんですよ。だから、広島のバンドシーンはなかなか盛りあがりづらいんだろうと思います。

網谷:僕がゆるふわリムーブを組んだのは、2013年10月の大学1年生の頃で、そもそものスタートが大学時代だったから、23歳のいまでも続けていられるのかなと思いますね。

名前のおかげで聴いてくれる人が増えてくれたので、変えるに変えれん状態で、ここまで来ちゃいました(笑)。(網谷)

―ゆるふわリムーブについて、まず聞きたいのはバンド名の由来ですよね。実際に曲を聴くと、まったくゆるふわしていない(笑)。

網谷:最初にバンド名がいるなと思ったときに、たまたまTwitterで「バンド名診断」のアプリを見つけて、メンバー一人ずつの名前を入れてやってみようとなったんです。そしたら、「やさしいベジータ」とか「やさしい乳首」みたいなのが出てきて、「それ、絶対使えんな!」って(笑)。それで僕の名前入れたら「ゆるふわリムーブ」が出てきて、ゆるふわをリムーブ(取り除く)って面白いって思って。

名前を付けたときのメンバーで残っているのも僕一人になったし、途中でバンド名を変えようかとも思ったんですけど、この変わった名前のおかげで聴いてくれる人がどんどん増えてくれたので、変えるに変えれん状態で、ここまで来ちゃいました(笑)。

左から網谷直樹、高宮蘭真

―高宮くんは、いつからメンバーに?

高宮:僕は2014年、大学の2年の9月ぐらいです。僕らはみんな広島の大学生だったんですが、みんな違う大学に通っていて。僕も別のバンドをやっていて、対バンしたのが最初の出会いですね。

―高宮くんは、ゆるふわリムーブの音楽を最初に聴いたときは、どう思ったんですか?

高宮:単純に、網谷の作る曲がすごくカッコいいなと思いました。キャッチーで覚えやすくて……そこがあんまり広島にない感じだなと。

Page 1
次へ

リリース情報

ゆるふわリムーブ『芽生』
ゆるふわリムーブ
『芽生』(CD)

2017年6月21日(水)発売
価格:1,728円(税込)
EGGS-021

1. 夜を越えて
2. フラッシュバック
3. 夢の記憶
4. かくれんぼ
5. 泡になる前に
6. モノローグ
7. スカーレット

イベント情報

CINRA×Eggs presents
『exPoP!!!!! volume98』

2017年6月29日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
MONO NO AWARE
MUSIC FROM THE MARS
WUJA BIN BIN
クウチュウ戦
ゆるふわリムーブ
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

ゆるふわリムーブ
ゆるふわリムーブ

Gt./vo.網谷、Gt.久保、Ba.本田、Dr.高宮による、広島を拠点に勢力的に活動中のフォーピースバンド。2015年8月度のMUSH A&R、MONTHLY ARTISTに選出され、同年12月にはスペースシャワー主催オーディションDay Dream Believerにて全国3569組より最終選考4組に残る。2016年1月20日にはタワーレコードFIRE STARTERレーベルよりワンコインシングル『透明な藍のようにe.p.』をリリースするも、発売より9日で完売。以降一年間の間にタワーレコードEggsレーベルより3枚のシングルをリリースしている。その楽曲の良さと、胸に刺さり、ときに包み込むようなVo.網谷の声を武器に、広島から全国へ挑戦し続ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Suchmos“WIPER”

『日本レコード大賞』最優秀アルバム賞を受賞するなど、まさに「今年の顔」だったSuchmos。のべ2万5千人動員の全国ツアーを揺らしたアッパーチューン“WIPER”のMVには、7月に開催された日比谷野音ライブの映像を使用。カラフルでアーティスティックなアニメーションを加えて、とどまるところを知らない彼らの勢いと躍動感を伝えている。監督は山田健人。(佐伯)

  1. マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展 1

    マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展

  2. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 2

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」

  3. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 3

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  4. 『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」 4

    『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」

  5. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 5

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  6. 広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』 6

    広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』

  7. 現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら 7

    現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら

  8. 長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル 8

    長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル

  9. KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに 9

    KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに

  10. 『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』 10

    『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』