特集 PR

ゆるふわリムーブインタビュー 23歳の悩みと不安のリアルな心情

ゆるふわリムーブインタビュー 23歳の悩みと不安のリアルな心情

ゆるふわリムーブ『芽生』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:相原舜 編集:宮原朋之

ひとりのときが結構つらい。だから、ひとりで曲を作るときにあふれ出ちゃうのかもしれない。(網谷)

―今回『芽生』を聴かせてもらって、収録曲の歌詞に感じたのが、<待って>たり<隠れたり>していることがじつに多い。わりと隅っこのほうに行きたがっていて、大切な人に去られるのをすごく怖がっているから、結局自分の孤独を噛みしめちゃっている。それも網谷くんのなかにずっとある要素なんですね。

網谷:それはあると思います。でも、普段は楽しそうにするんですよ。人といるときは大丈夫なんですけど、一人のときが結構つらい。だから、一人で曲を作るときにあふれ出ちゃうのかもしれない。

高宮:たしかに言いよったよね。前に彼女に振られたって話をしたときも、「みんなとおるときは元気なんだけどね~。一人のときはヤバい」って。

網谷:「自分がこうなりたくない」という方向に進んでいくので、それを自分自身が歌うのは、とても苦しい。そして、実際最悪な事態が訪れると、想像してたくせに「え? ヤバい」とうろたえちゃうんでしょうね。

―だからこそ聞きたいんですが、言わなくていいこと、人に伝えなくてもいいことまでも、なぜ歌にして、人前で表現するんでしょうか? 自己表現の方法がブログでも小説でも映像でもなく、なぜ音楽なのか、なぜ歌なのか?

網谷:頭のなかはいつもポップだけど、じつはこんなことも考えてるんだよ、ということを吐き出すのが、ある意味気持ちがいいというのもあります。だけど、なぜ歌なのか? というと……普段ネガティブな自分が出せないからだと思うんです。

僕、言葉だけで伝えるのはすごい苦手だし、特に大事なことは態度に出すのも照れちゃうんですよ。感謝の言葉を言うにしても、ちゃんと真意をこめて言えない。だから、自分のなかの本当の気持ちは詞にのせて歌うしかないんです。

左から網谷直樹、高宮蘭真

―歌なら本当の気持ちが言える?

網谷:歌なら言えます。詞だけだと、恥ずかしいから無理ですね。

高宮:僕も、同じことは感じます。実際言うのが恥ずかしいことでも、音楽なら伝えられたり、素直に聴けたりする。こうして話をしているトーンでしゃべったら鋭く突き刺さることも、歌にのせて言えばスッと聞き入れやすい。

だから、網谷が普段しゃべってくれないことも、歌詞として歌われると、グッと染み入るんです。だから、こいつの歌が好きだし、この歌を俺たちの演奏で支えて、ほかの人にも聴いてもらいたいって思えるんでしょうね。こいつは、前しか見えないタイプでもあるから。

網谷:前を見ながらさがっている感じで。

曲はネガティブだけど、バンド活動は希望にあふれているんですよ。(高宮)

―『芽生』を聴くと、いまの言葉に納得できます。曲はネガティブでも、それを包括する『芽生』というタイトルがすごく前向きなのも、ゆるふわリムーブらしい。

網谷:僕らの活動に対しても、どんどん広島から全国へ出ていこうぜという気持ちがありますね。メンバーも替わって、このアルバムを引っさげていろんなところをこれから回っていく。

収録曲も、僕らがいままで出してきたシングルを網羅しつつ、新しい曲を3曲入れて、ゆるふわの新しいスタートとしての『芽生』を感じてもらえたらと思っています。

ゆるふわリムーブ『芽生』ジャケット
ゆるふわリムーブ『芽生』ジャケット(Amazonで見る

高宮:僕らの曲はネガティブだけど、バンド活動に対して僕たちは希望にあふれているんですよ。「やってやろうぜ!」という意識は、じつはすごく高くて。

大学3年から4年にあがるときって、「音楽を続けるか? 就職するか?」みたいな葛藤ってありますよね。僕も結構考えた時期があったんですけど、その頃、網谷からLINEが来たんです、長文の。

高宮蘭真

―どんな内容だったんですか?

高宮:マイナスなことがひとつも書かれてなくて、これからも一緒にバンドやっていこう、高みを目指そう、というようなことでした。それにすごく背中を押されたんです。

まだそのときは、ただ自主活動をしている広島のインディーズバンドでしたけど、「イケるわ」って思ったんですよね。根拠があったわけじゃないですけど。彼の曲はすごくいい、でも彼だけだったら全国の人に曲を届けることはできない……でも僕らが一緒ならできるだろう。その気持ちは、いまも続いています。

―いまロックバンドがたくさんいて、ライバルも多いなかで、この先ゆるふわリムーブはどんな音楽を作っていきたいですか?

網谷:たしかにジャンル的に、似たバンドもあると思います。だからこそ、確立したいんです。「ゆるふわリムーブといえば」と言われるものを。

―現状だとそれはなんだと思います?

網谷:うーん……「ネガティブポップ」。歌詞は想いの丈を詰めてますけど、曲調は真っ暗にならないようにしているので(笑)。

高宮:そんな彼のありのままが伝わればいいと、僕らは思っています。別にネガティブでもいい。彼のポジティブな発想もネガティブな発想も、いろんなことが伝わればそれでいい。それが、ゆるふわリムーブらしさだと思うし、そんな彼の歌が広まるように、さらにここから頑張りたいですね。

左から網谷直樹、高宮蘭真

Page 3
前へ

リリース情報

ゆるふわリムーブ『芽生』
ゆるふわリムーブ
『芽生』(CD)

2017年6月21日(水)発売
価格:1,728円(税込)
EGGS-021

1. 夜を越えて
2. フラッシュバック
3. 夢の記憶
4. かくれんぼ
5. 泡になる前に
6. モノローグ
7. スカーレット

イベント情報

CINRA×Eggs presents
『exPoP!!!!! volume98』

2017年6月29日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
MONO NO AWARE
MUSIC FROM THE MARS
WUJA BIN BIN
クウチュウ戦
ゆるふわリムーブ
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

ゆるふわリムーブ
ゆるふわリムーブ

Gt./vo.網谷、Gt.久保、Ba.本田、Dr.高宮による、広島を拠点に勢力的に活動中のフォーピースバンド。2015年8月度のMUSH A&R、MONTHLY ARTISTに選出され、同年12月にはスペースシャワー主催オーディションDay Dream Believerにて全国3569組より最終選考4組に残る。2016年1月20日にはタワーレコードFIRE STARTERレーベルよりワンコインシングル『透明な藍のようにe.p.』をリリースするも、発売より9日で完売。以降一年間の間にタワーレコードEggsレーベルより3枚のシングルをリリースしている。その楽曲の良さと、胸に刺さり、ときに包み込むようなVo.網谷の声を武器に、広島から全国へ挑戦し続ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施